2017年04月26日

えっ、ナンバーに小数点

image車に興味も知識もない私は、「4.6」なんてナンバーがあると思ってしまった。

友人のベンツ!の助手席で移動中、前の車のナンバーを見て、「近頃よっぽど車の台数が増えたんだな」と思ってしまった。

妙に小数点が「.」が小さいな、と気づいたけど。はは。  

Posted by brother_p at 11:18Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年04月25日

遠来の友たち

image岡崎城南ロータリークラブの例会に、会津若松城南ロータリークラブの10人がビジター出席。

会津若松城南RCは岡崎城南RCとは「城南」つながりで、姉妹提携クラブ。
岡崎と会津若松は 、江戸時代の「始まりと終わり」という縁もある。
つまり、家康と白虎隊。

その友が、何故大挙して例会に来訪したのか。

それは、東北大震災が発生した折、いち早く岡崎城南RCは福島に会津若松城南RCを通じて義援金を送った。
それを毎年続けて来たのだが、今回を区切りとすることで、そのお礼と報告ということで来られたのだ。
その会津との交流の歴史を確認し、さらに深める意図で例会でお迎えした。

image例会の後、会場を変えて歓迎親睦会。
しっかり、おもてなし。

会津の人は、酒が強い。
ノリも良い。

つい私も、レディ・ガガ?してしまった。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)ロータリークラブ

2017年04月23日

のりやす会は、第三回ピザ会

image1年半ぶり、と思ったら2年半ぶりだった。
待望の、第三回のりやす邸ピザ会。

日曜日の午後、オカダ会?メンバーが飲み物を持ち寄り、のりやす邸へ。
共通の知人のお葬式があって、集まりが遅れた人もいたけどね。

ピザとワイン、手作りのピザを味わった。
奥様手作り、ダンナは窯係。

昼間っから飲んじゃった。
みなさん、連日飲み過ぎのようだったけど。

それから、「ヨシヲ・すずき」のミニ・コンサート。
6月末の、天野会長年次最終例会が本番、その中間報告のコンサートというか、練習。
会長に歌ってもらう歌も、音合わせをしたのだよ。

今回は、S君にとって緊張の洋楽、英語の歌。
間奏も任せてしまって、圧かけ過ぎかなあ。S君。

次回は、クニヒコ会。
GW中の「釣果を食す会」を約束して散会となった。  
Posted by brother_p at 17:00Comments(0)TrackBack(0)グルメ

2017年04月22日

悲惨な爪痕

image会社の周りの住宅街の歩道。

震災復興とも思えるような有様。
多分、ライフライン系の保守工事をした後なんだけど、これはないよなあ。

そういえば、近頃道路工事の車両が道を塞いだり、騒音を出したり、匂いを出したりしてるのを見かけるなあ。

そんな犠牲の上に成り立つ工事なら、もっと仕上げを綺麗にしろよって。
予算消化の納期が迫っていたんだろうか。

歩道を街をなんだと心得る?  
Posted by brother_p at 14:56Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年04月21日

かんそーげーかい

image昨夜は、地元の金融機関4支店の支店長さんの異動の折に行われる恒例の歓送迎会。

そういえば、2ヶ月前にもあったなあ。
今回4月だから、定例の異動なのかもしれん。

支店長さんたちと地元の有力顧客??社長さんたちと、歓送迎会の宴。
その後、二次会・三次会。

ご栄転?の支店長さんの笑顔に、「おめでとう」とつい調子に乗って飲みすぎた。
と言っても、早いご帰還22時。
と、つい時間を見てしまう。

と書いて、その夜そして翌日とひどく体調を壊してしまった。
戒めとして、ブログに記しておこう。  
Posted by brother_p at 14:55Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年04月20日

「第22回中根洋写真展」今回は、ミャンマー紀行

中根洋さま「第22回中根洋写真展」

〜ミャンマー紀行〜
ーバガン・マンダレー・ザガイン・ヤンゴンー
平成29年6月13日〜6月18日
スペース遊にて

告知でした。

写真は、DMにも使われている「シュエダゴォン・パゴダ」
私も行ったことあるよ。

私、来月ミャンマーに行きます。
初めての「雨季」探訪。  
Posted by brother_p at 16:22Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年04月19日

音が「鳴らない」のが嬉しよ。

imageやっぱ「鳴らない」もんだね、 J-160E。
分かって買ったんだからね。

ボディトップは合板、ラダー・ブレイシング(なんじゃそれ)を採用。
つまり、生鳴りを少なくする工夫がしてあるのだ。

なぜ?
エレキギターとして使うのを目的として作られたギターなのだ。
「f」ホールのエレキギターと同じ、「f」が丸いサウンドホールになっているって感じか。

で、何がいいかって?
初期のビートルズのジョンレノンのリズムギターの音がするのだよ。

「アイ・フィール・ファイン」とかね。
イントロ、鳴りを抑えたギターで、わざわざフィードバックの音を入れている。
続いて、シンコペーションのアルペジオのコード弾き。

そんな仕掛けもしたなかったなあ、中学の頃。  
Posted by brother_p at 15:12Comments(0)TrackBack(0)ギター

2017年04月18日

シスター岡田は、OB会長

image今年も名古屋而立会の総会に出席した。

OB会長と乾杯の音頭とトリの而立会ソングが、毎年お役目として与えられているようで、こちらも
そのつもりで参加している。
(勘違いでないと思うが)

懇親会前の総会(総会の後が懇親会がタテマエか)の新会長挨拶が毎年の楽しみで、議決権のないOBだが、出席している。

今回は、伊藤会長。
初々しい挨拶だった。
カミ気味なのも好感度アップ、人柄か。

この伊藤会長、富士山経営計画合宿の定番メンバーなのだよ。
数えてみれば、S君、M君、M君、W君、そして今回のI君と而立会会長となった人が多いね。

参加者の多い年で10人足らずの合宿だから、大した確率だ。

わたしも、而立会会長になりたかったなあ。
と、本心?  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)印刷

2017年04月17日

驚き桃の木桜の木

image保育園の桜の開花を待ちわびたりしてね。
センチメンタルな人だとか、エモーショナルとか、感性豊かだと思ったら大間違い。

私のセンサーはぶっ壊れている。
生き残っていても、偏っている。
血も涙もない、言い過ぎか?

桜が咲いていた。(写真)
何処に?って、我が家の庭に。

image先日、珍しく庭に出て(年一回と言ったら大げさか?)見たら、庭の隅に桜らしきものが咲いていた。
「おっ、桜だ。えっ、桜の木?」

庭で桜の花を見るのも初めてだが、桜の木があったことも知らなかった。
小さな庭なのに。
まだ立派な桜の木ではないが、そこの向こうに見えるのが例の保育園。
二階の窓からでは、保育園は分かっても、我が家の桜の木は気づかなかった。

かなりのもんだな、私。
常人の域を超えてる。
壊れてる。いや、壊れてた。  
Posted by brother_p at 15:25Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年04月16日

「自立と連帯」嫌われる勇気版

image「嫌われる勇気」読後感続編。

スマホで「読書」する時、読書メモとして「画面キャプチャ」することが多い。
この写真のように。

「嫌われる勇気」は、メモネタが多い。
「参考になる」とか「痛いとこ突いて来る」とかじゃなくて、「そのとおり。我が意を得たり」系。

そこに出てきた「行動面の目標」(写真)。
ー立すること
⊆匆颪板艦造靴栃襪蕕擦襪海
この行動を支える心理面の目標として、2つ。
,錣燭靴砲惑塾呂ある、という意識
⊃諭垢呂錣燭靴涼膣屬任△襦△箸いΠ媼

とこかで聞いたよね、この対語。
「自立と調和」、そうね「自立と連帯」だ。

会社でも、「向上心と調和心」と言ってたり。

「戦争」と「平和」的な対語だが、一人の人間の中で共存させて行動せよとうこっちゃ。

この写真横長だけど、キャプチャーの都合で横長なんだからね。
読むときはちゃんと縦長画面で見てるからね。
電子書籍と言えども、リアル読書のように。  
Posted by brother_p at 16:39Comments(0)TrackBack(0)読書

2017年04月15日

「嫌われる勇気」読んだ。

image「嫌われる勇気」
(kindle版)

岸見一郎・著
ダイヤモンド社・刊

買ってしばらく「ツン読」、やっと読めた。
kindle版(電子書籍)だから、積ん読じゃないか。

「褒めるって保身でしょ」とブログに書いたのが、ちょうど一年前の4月15日。
ちょうど一年か。
春だからかもしれないね。

「いい顔したいだけ?」「いい人に見られたいだけ?」
保身を反省する一年。

この本は、「アドラー哲学」の紹介でもある。
対話形式で、分かり易く伝えてくれる。

反省と書いたが、この本は私を反省させる本ではない。
「うん、そう。私もそう思う」と読み進められた本だった。

今は、「褒めるって保身でしょ」と本気で思っているんでね。

アドラー、私に合ってる。
「トラウマ」の否定とか、「人間の悩みは、すべて人間関係の悩みである」とか。  
Posted by brother_p at 16:08Comments(1)TrackBack(0)読書

2017年04月14日

家飲み、定番

image家で飲む焼酎は「一刻者(いっこもん)」。

「一刻者」は芋焼酎全量芋が売り、麹も芋麹。
雑味の無い、甘く深い芋の味わいだ。

その中でも、私は「一刻者<赤>」を愛飲していた。
南九州の赤芋100%。


ところが、酒屋(イオンだけど)店先に「一刻者<茜>」発見。
これは、橙芋を100%使用。
限定出荷ということで、即一升瓶入手。

旨し、橙芋。  
Posted by brother_p at 13:19Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月10日

アド・ヤマモト山本社長の持ち物

imageマネジメント・ゲームでは、社名は自分で決められる。
社長名は、本名。

写真は、アド・ヤマモト山本社長の持ち物。
なんだかわかる?

名刺入れとiPhone。

これから、どんな社長か想像つくかい?  
Posted by brother_p at 18:04Comments(0)TrackBack(0)MG

2017年04月09日

二日目、すなはまにも人出。

image昨日、MG1日目。
20名中初MG7人、5期が4人。
遅くまでかかって、飲み会スタートが8時になっちまった。

激しいMGにはなりきれなかったけど、時間はかかったのう。
20名中経営者が6人。
MGのパワーを感じてもらえてるだろうか?

二日目の今日は、19人。
無理やり4卓。

午後から太陽が顔を出した。
浜辺にも人出が。

日曜日の午後、花見も賑わってることだろう。
ボクラ、研修。  
Posted by brother_p at 13:51Comments(0)TrackBack(0)MG

2017年04月08日

雨のMGも、いいね。

image雨のすなはまMGもいいね。
窓から眺める海も雨の中ならば、研修を恨めしく思うこともなし。
4卓20人でスタート。

激しいMGにしたいのだけれど、すなはまMGではないものねだりかな。

私もプレーヤー参加して、激しいMGにしよう。  
Posted by brother_p at 15:11Comments(0)TrackBack(0)MG

2017年04月05日

入園式に、間に合ったか桜

image今朝の保育園の桜。
咲いてるよね。

どうやら、入園式には間に合うようだね。
それは、良かった。
あとは、はれるか。

我が国の桜の役割は花見とかの酒の肴だけじゃなくて、子供の行事とも大いに関係ある歳時記なのだよ。
なんて柄にもなく。

と、言いつつオトナは昨夜、夜桜で酒。
保育園児よ、良きオトナに育っておくれ。  
Posted by brother_p at 08:30Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年04月04日

「花見例会」を終えて、「花見」に行った。

image岡崎城南RCは、花見例会。

夜の例会なので、このあと目の前に広がる桜の名所岡崎公園に繰り出す「口実」のような例会名である。
例会は、「写真同好会のの活動報告」と題して、写真を鑑賞。

さあ終わったと、夜桜へ繰り出す。

image目当ては「花より酒」
保育園の桜の開花を気にしていた私も、しっかり飲酒モード。

屋台を横目で見つつ、大きな居酒屋と化している屋台に席を確保する8人。

この夜は「日本酒モード」だったか、冷酒と熱燗を注文する。
来たお酒は、同じワンカップ! 違いは、熱いのと冷たいの、おい。

それでも、飲む機会に恵まれた我々は急ピッチで飲み、お開き一人1600円。
花なんて、見てやしない。

中の数人は、「オシッコ!」とニューグランドホテルへ。
出て来るのを待って、飲みに誘うが「行かない」って。

「まだ時間早いね」と残された3人で、離れた所にある(しかし、3人の家に近い)飲み屋さんに行ったよ。

そこは大きな大衆飲み屋さん。
桜の名所から数キロと離れてないけど、ガラガラ。
いつもは大繁盛なのに。

さすが岡崎。
みんな桜の呪縛にかかってる。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)ロータリークラブ

2017年04月03日

朝の眺め、桜が咲きかけてる保育園

image家でグズグズしていて、さあそろそろ出勤しなきゃと寝室の窓から外を眺めると……。

通りの向こうに見えるは保育園。
裏の家が更地になったので、見えるようになった保育園。

その前の、桜の木も。

咲く直前の桜、明日にも咲きそう。
新園児を迎える入園式に間に合うのかなと。  
Posted by brother_p at 08:00Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年03月30日

J-160E、買ったよ。

IMG_6845ギターを買った。

「おっ、ギブソンJ-160E!? すげー」と思うだろうが、違うんだなこれが。

ピックガードとヘッドに「e」のマーク。
そうエピフォン(epiphone)のJ-160E。
ギブソンを模したエピフォンのコピーモデルなのだ。
エピフォンでも、型番は同じJ-160Eを使用している。

imageジョン・レノンが愛用したのが「ギブソン」のJ-160E。
ビートルズの初期のアルバムで聴こえるアコースティックギターのほとんどがJ-160E。

それならすげーと言えるかも知れぬ。
なんせ、エピフォンは安いのだ。
従って、音も悪いのだろう。
(と、思うよね)

imageイオンの島村楽器にギブソンとエピフォン両方のJ-160Eあったので、弾き比べてみた。
ギブソンJ-160E、34万円。
エピフォンJ-160E、5万円。

弾き比べたら、噂通り?ギブソンJ-160Eはひどい音、エピフォン5万円の方が音が良い。
いや音が「マシ」、ひどさはキープしている。

J-160Eの「E」は、多分エレクトリック仕様の「E」だと思う。
エレキとして使うようにできている。
従って、あんなに立派な胴をしているのに、響きを殺しているのだ。
板もベニヤ(合板)を使っていて、とても生音では聴けたもんじゃない。

その「聴けたもんじゃない度」が高い、つまり音が悪いからギブソン・オリジナルは高いのだ。
従って、ギブソンJ-160Eは死ぬ直前にでも買うことにして、今回は迷わずエピフォンを買った。
ちょこっと傷があるとかで、1万円値引きの4万円で売ってくれた。

エレキ弦を張って、今私の「チェアサイド・ギター」はこれ。
ミニアンプを通して弾いている。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)ギター

2017年03月28日

例会場へのアプローチは、桜の下見

image火曜日夕刻、岡崎城南RCの例会場の岡崎ニューグランドホテルへと向かう。

名古屋は桜の開花宣言があったこの日、いつもと違って愛環線で行くことにした。
岡崎駅まで徒歩10分、愛環線に乗って2駅5分、中岡崎で降りて岡崎公園の中を10分。
30分もあれば辿り着く。

imageこの時期、なかなか良いコースだと自賛。

愛知環状鉄道のホーム0番線も、いつもと違って少し興奮気味。
マナカ(交通カード)が使えないので切符を買って入場なのだが、いつもの癖で「ピッ」とやってしまった。
降りる中岡崎駅には、「ピッ」がない。
岡崎駅の駅員さんに、入場解除してもらって、再度切符で入場。
やっぱ、興奮気味か。
image愛環中岡崎駅を降りて、しばらく街を歩いて公園に向かう。

期待感は高まる。
「咲いてるかな〜」
「やっぱり、まだだよな〜」
二つの期待感。

image伊賀川の橋を渡ると公園。
河川敷で、シートを広げて何やら飲食?しているのがふた組。
桜はまだ蕾、花の一つも見せてないのに。

公園内も、まだシートのかかった屋台が準備万端、開花を待っていた。

期待通り?の例会場への道すがらだったよ。


例会が終わってから、飲み会。
久しぶりに中山さんと飲んだ。

image中山さんも、岡崎公園を抜けて例会に来たという。
名鉄宇頭駅から各駅停車で2駅(宇頭>矢作橋>岡崎公園前)、岡崎公園前駅で下車して、公園を抜ける。

いやいや、さすがの会長(中山)幹事(私)の中、17年前。
オツですな。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)ロータリークラブ