2020年04月03日

オチは「可燃ごみ出し忘れた!」

IMG_7287毎日出勤してるよ。
会社に軟禁状態が私のテレワーク。

今朝の出勤時、奈良井公園を通ると、
「あれ? 老人がゲートボールやってる。いつもは(火曜日と)金曜日の朝なのに。」

これも、コロナウィルスの影響か? 籠っている老人が、開放感を味わおうと木曜の朝もやるようになったのか。

そう思いつつ、会社へ。

デスクについて、画面のGoogle Carendarで気が付いた。
「え〜、今日は木曜日だあ」

(わざわざ証拠?の写真まで撮ったんだよ)

コロナウィルスは、曜日感覚まで狂わせる?わきゃないね。

しかし、「コンピュータ・ウィルス」とはよく言ったもので、感染拡大のしかたもウィルスに似てる。
いや、逆か。本家ウィルスに似てるから(コンピュータ)ウィルスと名付けたんだ、はは。

感染を食い止めるには、意識・マナーが最重要というのも似てる。
コンピュータ・リタラシー、インターネット・リタラシーが求められているように、人としてのリタラシーが求められ、問われているんだよね、今回。

というわけで、今朝私は「可燃ごみ」を出すのを忘れた、ということでした。
火曜日も忘れてるし。  

Posted by brother_p at 10:11Comments(0)社長

マスクのことなら、私におまかせ(乳離れ)

<2007/2/26 名古屋市西区にて>
scan-12補正



  
Posted by brother_p at 00:30Comments(0)健康

2020年04月02日

マスクのことなら、私におまかせ(マスクと文化の違い)

<写真は、2007/8/16ヴェトナム>
DSC06400






  
Posted by brother_p at 11:44Comments(0)健康

2020年04月01日

マスクのことなら、私に(続編:マスクとの馴れ初め)

FullSizeRenderやっと安倍総理も、国会でマスク着用したね。
似合わねえ〜。
声もこもって活舌の悪さを増幅してる。
側近に、
「総理、そろそろマスク着用しないとまずいですよ。国民のツッコミ半端ないっすよ。」
と言われたんだろうか。

あ、このブログは先日の書き込みの続編。マスクキャリア15年の私のこと。

そもそも、マスクをするようになったキッカケの話。

ある日、スーパーのレジに(多分ジャスコ)並んでいたら、私の前に妙齢のご婦人。
私がせき込んだら、パッと振り向いて、「何? この汚らしいおじいさん」って目つきで私を睨んだ。

それが、マスクを常時するようになったキッカケさ。
花粉症もひどかったし。

ヨシノ印刷のY社長と会合で名古屋へ同行の道すがら。
名鉄電車の中で彼の読んでいた「ものマガジン」の折り込みに、「ユニ・チャーム」のマスク。
「岡田君、コレしたら」ともらったのが、マスクマンとなったキッカケ。
当時ユニークな、カラス天狗のような形状のマスク、オカダなら喜んでするに違いない。
そう思ったのだろう、Y社長。

それ以来、ユニ・チャームの虜となって、夏でも着けている。
夜も着けて寝る。
夏の夜でも、着けて寝る。

それが、私のマスク物語序章。

(続く)えっ!?

次回は、「マスクをする東洋人VSマスクをしない欧米人」というテーマに鋭く切り込むつもりだ。
  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)近所平和

2020年03月31日

天は自ら助くる者を助く

IMG_7281人類と社会と自分を守るのは、個人。
国でも上司でもない。まずは自分。

国が何かしてくれるなら、動いてもいい。デスカ?

天は自ら助くる者を助く。
自助、近所平和だよね。
じじょと言えば、、

アメリカのコロナ事情は書いたけど、
今度はドイツ。

FullSizeRender施設の職員にマスク着用が義務付けられた。
そこで、手作りのマスクを19枚寄付したところ、一番目。

受け取った老人ホームで働いている方が、喜びのfacebookアップ。  
Posted by brother_p at 12:59Comments(0)近所平和

2020年03月26日

ロータリーの大事業に、ポリオ・ウィルス撲滅があります。

IMG_7284




FullSizeRender  
Posted by brother_p at 14:28Comments(0)ロータリークラブ

2020年03月25日

マスクのことなら、私におまかせ

FullSizeRenderなんせ、私はマスクにかけたら15年のキャリアを誇ってる。

だから、誰よりもマスクを語る権威がある。
謂わば、オーソリティーなのだ。


だから、安倍首相がマスクをしなくても、、、
(安倍首相は、マスクしたら余計滑舌が高木ブー)
小池百合子がマスクをしなくても、、、
(マスクしたら、あの目元がさらに際立つのに)

なんて、戯言を言う権利じゃなくて、、、

庶民とか、部下とか、みんなにマスクさせといて、なんで自分はしないの?
答えは簡単、お坊ちゃまだから。

この国のリーダーは(社長さんでもいいけど)人にやらせといて自分はしない。
その証拠、マスクでバレまくり。

「俺は、いいんだ」(口には出さぬが、、)
「私は、いいのよ」(口には出さぬが、、)
と、平気で記者会見で、人を集めて「やった感」を出し、濃厚接触のチャンスを作る。

アベアキエまどんなは、もう打つ手なし。
野党も弱いわ、安倍の旦那も弱いわ。

もはやこの国は、シャレ倒すしか手立てなし。
コントみたい。

今回のコロナ騒動で、まともな国を探して、そこに住もうかと思っていたが、どこもなんだかなあ。
オーディション失敗のようだな、キクチくん。

あれ、ここまで書いて、、、これを書くつもりじゃなかったのに。
なに書こうとしてたんだろう?

それは次号で。  
Posted by brother_p at 00:22Comments(0)健康

2020年03月24日

マスクをしない国民性をディスってる時ですか?

FullSizeRender「日本は粛々と規制に従って、ホントよい国民だ。」
みたいな、自画自賛が始まってるよ。
ノー天気、短期的悲観主義・長期的楽観主義の国民性、デスネ。

マクロン仏大統領がテレビでの国民への語りかけの中で、日本のコロナ対策賞賛?批判?してたよ。
「日本の対策はゆるい」ってことだね。

アメリカ・ニュージャージー在住のM島くん、今朝の老人ラインで、こんな書き込み。
I上君:「M島さん、そちらの状況はどうですか?」
M島君:「土曜日から皆自宅待機条例がしかれ、食料品・医療・ガソリンスタンド・レストラン持帰りのみ 以外は休みです」
ニューヨーク市街もね。ガラガラだって。
トランプ君、Good!

写真は、3/24、地方紙朝刊三面の記事。
相変わらずコロナだらけ。

地方のコロナ状況を、皆さんに伝えるのは大事なことと思ってね。
記録にもなるし。

目に留まったのは、「マスク着用でも好印象---接客セミナー開講」
そうなんだよな、必要なんだよね?? 批判じゃないよ。
こだわりマスク対策。  続きを読む
Posted by brother_p at 12:48Comments(1)健康

2020年03月23日

ウイルスと人類の総力戦

DF906099-1020-4BC1-B1C2-50F3CA9D85BC昨夜、と言っても今朝か。
深夜1時から2時間、youtube を観た。
Coronavirus Talk コロナウイルス対談: YOSHIKI & (Nobel Laureate Physiology/Medicineノーベル生理学・医学賞)Shinya Yamanaka

9890B92E-DACE-4F2F-AB72-0BAC9F2E5AC1
【新型コロナ対策 緊急対談】日本は「新型コロナ」にどう対応すべきか?〜尾身茂氏(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 副座長)×山中伸弥氏(京都大学iPS細胞研究所所長)

観終わってからも目が冴えて眠れず、寝不足なのだが眠くない。
彼らの話で「目覚めた」のだろう。

わかったこと:
・この騒ぎは、ウイルスと人類の戦いである。それも総力戦。
・情報の少ない中でも、現状のエビデンスを最大限活かして、今できることを時を待たずやらないと、後悔することになる。
・国のトップの責任において判断されたことは、確証が出ていない今であっても実行すること。リーダーを信じて。
・判断を問われるのは厳しいが、自分も(山中教授)組織のトップとして、部下にそして皆さんに発信し実行する。
・その後新たな、もしかして反対のエビデンスがでたら、それに基づいて変えて行けばいい。
・平時のことならば、もし自分が健康を害しても自分の問題ととらえればいいが、今回は自分の感染は社会の破滅の動線をつくることとなる。自分のためでなく、社会のために動く必要がある。
・YOSHIKIさんが、イベントの中止とか、強行したアーティストへ向けて?のツイッターとか、それらに対しての賛否両論の嵐。スポンサーからのクレームもあるようだ。

YOSHIKIさんも山中教授も、影響力のある自分が伝えなきゃならないこと、それにいても立ってもいられないのだ。
その志に、泣けるよ。  続きを読む
Posted by brother_p at 10:55Comments(0)健康

2020年03月22日

ウイルスは空気を読まないよ。

FullSizeRender選手ファースト。高校野球とか、オリンピックとか、開催の可否を問うとき、よく使われる。

「○○ファースト」、流行りだしたのはいつの頃からか。
議論するときの心づよい味方となる言葉。
でも、この国(ジャパ〜ン)では、なかなか難しい立ち位置、美しい?言葉の一人歩きがある。

この国は、「そもそもの理念とは?」とか「なんのために?」みたいな視点に立ちづらい。

じゃなにが支配しているか?
それは、同調圧力(みんなと同じが正義)とか、「空気を読む」「空気をつくる」こと。

高校野球の中止を決めた時、意思決定の大きな要素となったのは、「他の競技・団体」次々中止を決める中、高校野球だけのわがままは許されない。特別扱いされるのにも問題がある」という「同調圧力・みんなと同じがいい」が、大きな中止の動機付けとなった。
  続きを読む
Posted by brother_p at 06:00Comments(0)スポーツ

2020年03月21日

近頃の朝(のお勤め)

IMG_6930私の近頃の枕元。

YAMAHAのギターアンプ、二つ。
エレキ用とアコギ用。
ベッド・サイド持ち込みギターによって使用アンプが違うし。
寝室だから音出せないけど、アコギもアンプ通した音でないとね、今時。

ギターはリトルマーチン、エドシーラン・モデル、÷(divide)ってやつ。

寝入る前に弾くとか、起きて弾くとかじゃなくて、寝てて(寝ぼけまなこで)聞いてた曲をちょいと確認したい時用かな。

血圧計と体温計も見えるよね。
  続きを読む
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)社長

2020年03月20日

1週目は3個まで。2週目は?

今日は、春分の日。

通勤のバスのダイヤが、いつもと違う。
「え、祝日なのに通勤?」
いやいや、うちの会社祝日はほとんど営業日。

「え、会長なのに出勤?」
いやいや、毎日出勤してますよ、フルタイム。

「え、コロナで自宅待機テレワークじゃないの?」
そうなんですよ。
会社のルールでは、岡崎市に感染者が出た段階で(高齢者である)会長は、自宅待機。

そう決まっていて、社長からも自宅待機勧告があったんだけど、お願いして出勤させていただいたのだよ。

理由は、家に一日中居たほうが(コンビニに行ったりして?)人と接する機会が増える。
会社で、会長室に一日監禁?されていたほうが、安心安全。
通勤でバスに乗るが、手すりとか一切触れていないし、交通カードの「ピッ」も非接触でやっている。

社長・会社の配慮もありがたいし、方針施策もうなずけるものなんだけどね。

今、社長から課題をいただいていて、会社でのデスクワークが必要だし、はかどることもあってね。  続きを読む
Posted by brother_p at 10:19Comments(0)社長

2020年03月19日

字を「丁寧」に書けない「憂鬱」

5005一日ひとつ漢字を覚えている。

「読めるけど書けない字」を「書ける」ようにしようと言う、「Project 2020」

覚えてもまた忘れるけどね。老人は便利。

もうひとつ「Project 2020」
「字をていねいに書く」

FullSizeRender3/18の手帳に反省が書いてある。

「今年は字をていねいに書くと言ってスタートしたけど、書けてないなあ。(タラッ)」

ここでも「あ、ていねいがひらがなだ」と「丁寧」を覚えてみる。
いや、「丁寧」は今年2回目だよ。(タラッ💧

FullSizeRender先日もTVで「うつ」が書けるか?なんてやってたけど、当然「読めるけど書けない」。
早速<今日の漢字>として書いてみた。

しかし、字を丁寧に書いてみても「下手」な字だなあ。  
Posted by brother_p at 10:08Comments(0)表現

2020年03月18日

さよならと書いた手紙、、、ライン続報。

FullSizeRenderライン続報。

老人ラインでバンドのレパートリー決めとか、してると書いたけど。
曲決めに「ヒネリ」とか、入れたくなっちゃう悲しい性(さが)がある。

色んな曲を聴いたり、歌詞カードを作ったりしていたら、「It Never Rains In Southern California」が出てきた。

僕ら大森バンドの得意なレパートリーに「By The Time I Get To Phoenix 恋はフェニックス」がある。

(この邦題にもツッコミを入れたくなるよね、本論とは違うけど)

コード進行の似てる「It Never Rains 〜」と「By The Time 〜」は、メドレーにできるな、とか。
比較のために、「It Never Rains 〜」はkey=Aのところ、key=Fで書き換えてみると、
(F)    Gm         C    F
Got on board a westbound seven forty seven
    Gm     C       F
Didn't think before deciding what to do
     Gm   C    F     Dm
Ooh, that talk of opportunities, TV breaks and movies
   Gm  C   F
Rang true, Sure rang true

そして「By The Time 〜」は、
   Gm    C7      F     Dm
By the time I get to Phoenix she'll be rising.
   Gm      C7     F    F7
She'll find the note I left hanging on her door.
    Bb
She'll laugh...

似てるでしょ。  続きを読む
Posted by brother_p at 00:30Comments(0)MUSIC

2020年03月17日

グルテンフリー生活を報告します。

FullSizeRender昨年12月4日から始めた「小麦粉」カットのグルテンフリー生活。

きっかけは、もう10年以上治らない花粉症、及び生活のコンディション向上。(こちらの方は問題を抱えていたわけじゃないけど)

当初の予定は、2週間小麦粉を断った食生活をしてみる。
その後、パンとかのグルテンの塊を食べてみて、「体調が悪く」なれば、グルテンが悪さをしている証拠となる。
で、その後はグルテンフリーの徹底をして、体調管理に努める。
関係なければ、やめるのをやめる。

そういう予定だったのだが、その2週間後にあたる12/22あたりに「しつこい風邪」をひいてしまった。
おいおいこれじゃパンを食べても、体調の良し悪しがわからねえ。
悪いに決まってる、風邪だし。

人には「そんなことしてるから風邪ひくんだよ」と言われるし。

ええい、それならいっそとことん続けちゃえ、としつこく続けて今日に至る。

で、結果はどうかって?  続きを読む
Posted by brother_p at 12:12Comments(0)健康

2020年03月16日

老人のライングループ

IMG_6568私はラインをやらない。
電話より直につながるってけど。
私ゃ、電話もしないし、かかっても来ない。
通話は週に数回、発信・受信含めてね。

しかし、大森リバイバル・バンドの70歳(+30歳1名)はなぜかラインで繋がっているのだ。
近ごろ妙に仲がいい。

何をやり取りしているかというと、
「前島君と後藤君(実名)のテレキャスターは評判がいいよね。僕もテレキャス欲しくなったなあ。私のテレキャスは日本製(のニセモノ?)なんだもの。」
みたいな、ミーハーな。

とかね。
youtubeを貼り付けて「この曲いいね。うちもやらない?」とか、曲をコピーしたカンペを見せ合って、「これでいい?」とか、「ここはディミニッシュみたいよ」
ちょこっとまとも、ミュージシャンみたい?

まあ、あと残された人生58年?の暇つぶしとしては、格好のツール。
私の所有するアノ膨大な数のギター。
人から借りっぱなしの、百数十万円(推定)のギター。
私の死んだときのそれらのギターの行方?

「後藤君(実名)、キミにあげるって遺言状に書いておくよ」
「オカダは128歳まで生きるってから、ボクがもらう可能性ゼロだよ」
「いや、キミに長生きして欲しくってね」(この一行、いらないか。)

先日海外で心筋梗塞(だっけ?)で倒れたG君(仮名)に、エールのつもりでね。

なんか、変なモードでした、わたし。
ラインがいけないんだ。

70歳ライン秘話、続編に続く。  
Posted by brother_p at 00:30Comments(0)バンド

2020年03月15日

ブログの顔が変わったよ。

FullSizeRenderブログのタイトルとデザインが変わったよ。

な〜んて、ブログでお知らせするのも変な話。

でも記録だし、SNSから引っ張ってくる読者もいるし。

9月末に会長になってほぼ半年。
「社長ブログ」のままになっていた。

変更を怠っていたわけじゃないし、でも「会長ブログ」なのかなあ?とも。
方針変更アリなのかなあとか。

だが、会長の目でみたブログを書けばいいと、ベタな変更となったのだ。
会長の名前があれば、「ブラザー印刷のアピール」の役割も出るしね。

多少、視点も変わる訳です。
  続きを読む
Posted by brother_p at 00:30Comments(0)ブログ

2020年03月14日

中止に安堵と羽生くん。

FullSizeRender3/13付の地元地方紙の1面。

「岡崎で初の感染者」を始め、コラムを除く記事はコロナ一色。
岡崎市民の大好きな、家康行列も中止。

あの、クルーズ船からの帰還者を受け入れた、藤田学園岡崎検診センターのある岡崎市。
そんな地元のコロナ事情をみなさんにお知らせしようと、書いているのだよ。
今回の感染は、クルーズ船じゃなく蒲郡のアホ経由のようだけどね。

ところで、
コロナ問題で世界フィギュアが中止になったことを受けて、羽生弓弦くんのコメント。

「中止になってしまったことは残念ではありますが、選手のみならず、見に来られる皆さまや大会運営のスタッフの方々への感染拡大のリスクが、少しでも減ったことに安堵する気持ちもあります。」

そうなんですよ。

実は私、羽生くんは好きじゃないけど、ちゃんと言ってることには感心したよ。

甲子園を目指していた高校球児Aのコメント:
「そこまでして開催することは、申し訳ないなあと思っていたので、安堵した。」
なんて考えの高校球児もいるんだよ、きっと。

高校野球の特別扱いに疑問を感じてる球児も。

ちゃんと報道しろよ、マスコミ。
羽生弓弦のコメントも、もっと取り上げろよ。
意図的報道しないでよ。

そういうことが、「コロナ災害」が「コロナ人災」になることを防ぐんだよ。  
Posted by brother_p at 05:00Comments(0)健康

2020年03月13日

(高野連にしては)いい判断だったと思うよ。

FullSizeRender春の選抜甲子園野球大会の中止が発表された。

高野連にしては、いい判断をしたと思うよ。
炎天下での熱投・熱闘を平気で強いる高野連が。
自分たちの影響力の重大さに少しは気づいたか、ってね。

でも、夏の甲子園への出場とか、救済策も考えなくちゃいけないって。
言ってくれちゃって、だよね。
ここでまた、「夏の甲子園の開催は大丈夫」なんて、危機意のないことを言ってるよね。

東京オリンピック開催の是非が問われている時に、直後の8/10から開催の夏の甲子園に期待を持たせようなんて。
今から、夏も中止の準備づくりしたほうがいいと思うよ。
今回のようにいきなりじゃなくて、その時に備えて。

それから、「選手の健康を考えて、中止の判断」なんてよく言うよね。
死の炎天下夏の甲子園を強いてる団体が、選手の健康ですと?

それに、中止の理由は「選手の健康を考えて」じゃないでしょ。
「なんの事故もなく無事に」って常套句の回路なんだよね、頭が。
「日本中にコロナウイルスを蔓延させないため」でしょ。「世界中に、、」

でも、「そんな高野連」がグズグズせず、中止を決めたのはいいことですね。
やめる勇気って、大変だよー。

反対派も多かっただろーなー。
もっと言えば、高校球児にも中止賛成派はいたと思うよ。

マスコミは、そこを取り上げなさい。  
Posted by brother_p at 00:30Comments(0)健康

2020年03月12日

ロンドンの朝は、ネスカフェで始まる。

IMG_6898「ロンドンの朝は、ネスカフェで始まる。」
いや〜古いCMコピーだよね。1972年?

今朝、仕事始めのお茶(いきなりお茶してどーするの)は、青汁。
「実は、コーヒーって好きじゃないのかも知れない」なんてSNSして。

朝起きてから、最初に口にするのが会社での始業時コーヒー。
歯ブラシ以外はね。

まず刺激を、まず水分を、なのかな?
朝起きたらまずぬるいお湯を、なんてしたことない。

でも今朝は、青汁にした。
これからも、青汁にしよう、なんてね。
「ベイケ(福部池)の朝は、青汁で始まる」

IMG_6899ところが、2時間経過。
なんか、コーヒーが飲みたい。
ムズムズする。

結局、朝三個、今三個と、食べるチョコが増えてしまった。

やっぱ、コーヒーのむとしゃきっとするかな?  
Posted by brother_p at 11:00Comments(0)社長