2017年06月20日

岡崎保護区協力雇用主会総会及び岡崎・幸田更生保護協力事業主会10周年記念総会、長っ。

image岡崎保護区協力雇用主会総会及び岡崎・幸田更生保護協力事業主会10周年記念総会が行われた。

保護関連の2つの団体の合同総会である。

私は後者、岡崎・幸田更生保護協力事業主会の理事をしている。
3年目の新米理事だ。

image総会では、「閉会の言葉」という大役?を仰せつかった。
あまりに長く、とても覚えきれないので、カンペを作って臨んだ。
カンペ作りも2ヶ所書き漏れが出るほど紛らわしい。

でも本番では、噛まず、間違えず終えることができた。

結構、緊張したよ。  

Posted by brother_p at 23:03Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年06月18日

「英語は右脳で学べ」

image「英語は右脳で学べ」Kindle版
苫米地英人:著
コグニティブリサーチラボ:刊

帰りの飛行機で読んだ本、ただしKindle版。
Kindle Unlimitedだから、無料かな。

しかし、アメリカ旅行の帰路になぜ英会話の本。
時すでに遅し、かな。
付け焼き刃よりいいかも知れんよ。

英語を喋れるようになるには、覚える>使う>身につく。その繰り返しなんだろうね。

本著では、英語のシリーズ物ドラマを見まくること。(1日2時間)
英語の名演説を丸暗記すること。ケネディの就任演説、スティーブ・ジョブズの演説など。

演説!?その通りだと思ったよ。

今回の旅で強く感じたこと、それはアメリカ人のスピーチの上手なこと、プレゼンテーションのよどみないこと。
絶対噛まないし。

それにひきかえ、日本人のスピーチの下手なこと。
日本語でも英語でもいいんだよ。

以前から、ちゃんと人前で上手く食べることを、自分自身の課題と感じていただけに、今回大会のプレゼン等でそれを強く感じた。

そしたら、たまたま帰路で読んだこの本に、ソンナことが書いてあるんだもんね、驚いた。
啐啄?

今回も因んだものたくさんあるよね。
リンカーンのゲティスバーグ演説、キング牧師の演説など。

人前で上手く喋りたいもんだ、と改めて。
日本語でもね。  
Posted by brother_p at 00:30Comments(0)TrackBack(0)読書

2017年06月17日

パス2回。連続

image今日6月17日の「ヨシヲスズキ」練習を中止にした。
朝から、くしゃみ・鼻水・倦怠感。
「今日は自習ということにしましょう」

あと「最終例会」の本番まで、10日を切ろうというのに。
アトランタへの旅の疲れか。

ミャンマーの後、6月4日の練習も私の体調不良でで中止にしてしまった。
この時は、声が全く出なかった。

「郷に入れば郷に従え」とか言って強がっていても、やはり67歳か。
な〜んて、弱気じゃないよ。
「岡田さんも人の子だね」と安心させなきゃ。

現実を見つめなくちゃ、ということね。
「これは私のカラダじゃない作戦」(小林まこと「1・2の三四郎」より)もほどほどに、現実対処と予防で行きましょう。
これ、心構えが大分変わったよと思うんだけどなあ、私。

こんなパス2回なんて、過去の私にあるまじきことをしてちゃあ、いけません。
認識が甘い。

ところで練習だが、当日に向けてまるで心配なし。かな?  
Posted by brother_p at 16:53Comments(0)TrackBack(0)バンド

2017年06月16日

「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」

image名古屋デトロイト間が13時間もあれば、いろんなことができるよね。

13時間何にもしなくても平気だけど。

本なら5冊も読めそう。
と、言って本を持って出かけて来た。
リアル(紙)本2冊とキンドル電子本?冊。
電子本は何冊持っても重さがないからいいね。

おかげさまで、往復で4冊読んだ。

その一つが、
「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」
キンドル版
2017年3月1日発行
ケント・ギルバート:著
株式会社講談社:刊

近頃、仏教と東亜3国に興味を持っている私としては、楽しく読めた。
ケント・ギルバートというアメリカ人からの視点もね。  
Posted by brother_p at 13:33Comments(0)TrackBack(0)読書

2017年06月15日

アトランタから帰って、未だにアジア味。(RI大会の旅・オマケ)

imageアトランタから帰った翌日、出社。
ランチは、香港味のカップ麺。
どうも日本の味に戻れない。
ミャンマー、タイから続いてる。

香り(臭い?)の東南アジア料理、量のアメリカ料理。
そのあと、どうも日本の味に馴染めない。

かぶれやすい性格なんかなあ。  
Posted by brother_p at 12:27Comments(0)TrackBack(0)紀行文

2017年06月14日

帰路(RI大会の旅:5日目)

IMG_8401帰りも、飛行機に乗ってる時間は、2時間+13時間35分。

たっぷり、余りある時間。
読書だ、睡眠だ。
デトロイト12時05分発なので、時差調整には即寝るのが名案かもしれぬ。

結局、寝るだか寝ないだか、読むだか読まないだかの時間を過ごしてしまった。
ところでトイレなんだけど、Sさんなんて5回も6回も行っていたようだ。

私は、往路1回復路2回という出なさ少なさ。
往路は通路側席、窓側は乗客不在。
復路は通路側席、窓側に乗客(ガイジンさん)がいたので、気を使って2回行ったのだよ。
窓際さんが行きやすいようにね。

ちなみにトイレついでに言うが、この旅での私のB通は絶好調だったよ。
ミャンマーでも、内地?日本でも好調だけど、それにも増して今回はね。

imageセントレアには予定どおり到着なのだが、都合のいいバス便がなく、名鉄を乗り継いで帰ることにした。

我がチーム4人は、Sさんが金山駅、3人が東岡崎駅ということで、出札窓口で4人の座席指定を取った。
そして、4人は座席の向きを変えボックス状態にして、仲良く?膝を突き合わせて帰ってくることとなった。

私のその手配に?「おっ岡田くんが珍しく世話を焼いてくれている」という印象だったようだ。
旅先でも同じ程度にはお世話してたつもりなんだけどなあ。

なんせ、9割日本語1割英語の旅。
そう書くと(安心して)来年のトロント大会に参加しようという人が出てくるかもしれないが、「郷に入れば郷に従え」の私としてはねえ。  
Posted by brother_p at 12:00Comments(0)TrackBack(0)紀行文

2017年06月13日

アトランタを後に(RI大会の旅:4日目)

IMG_8365というわけで?今回の旅も、アトランタを発つ日となった。

部屋で3ドルの水を2本飲んだので、お金を払わなくちゃとチェックアウトカウンターに。
ところが、「OK」だと言う。

先日のタイでもそんな返事だったのだが、その時は「私、有料の水飲んでます」と、部屋のバーをチェックしもらって、払ったのだよ。

でも、今回はフロントに逆らってはいけない?とそのまま言う通りに従った。
チェックがめんどくさいのかなあ?
自己申告伝票でもあればいいのに。

写真の今回の私のスーツケース。
紹介が遅れました。

ミャンマーはいつもの小型ソフト・スーツケースで行ったのだが、同行者に任せられたお土産の陶器の置物4個。
帰り着いたら、3個が割れてた。

そんなことと、邦さんの「岡田さん、いい加減ちゃんとしたのを買いなさい」と言うアドバイスもあって、今回デビューなのだ。
今、標準装備のTSAロックも付いているのだよ。

「HELP!」トートは、困った顔してたらガイジンさんが助けてくれるかと思ってね。  
Posted by brother_p at 09:00Comments(0)TrackBack(0)紀行文

2017年06月12日

アトランタ観光(RI大会の旅:3日目)

image今回の旅三日目は、アトランタ観光。

1日目:移動
2日目:大会
3日目:観光
4日目:移動、機中泊
5日目:帰国

せっかく行くのなら、もっと滞在すればいいのに。勿体無い。
そう言った意見もあったが、まあ3泊5日。
image
その貴重な?観光。
岡崎RC御一行として、バス観光だ。

ところで、アトランタの車はナンバーが前に付いてない。
もちろん?後ろには付いている。
image州によって違うそうだ。
アメリカらしい。

車窓からの、町の眺めが素敵だ。
ふつーに落ち着いた街並み・住宅街なのだが、こんなところは世界中そうあるもんじゃない。

訪れた観光地は、まずストーンマウンテン。
高さ250mの花崗岩の山。
露出しているのは、石全体の数パーセント。

imageそして、マーチン・ルーサー・キング・ジュニア歴史地区訪問。
黒人解放の父と呼ばれたキング牧師ゆかりの地である。

立ち寄ったのは、この2箇所。
後は、車窓から眺める観光。

imageマーガレット・ミッチェルの住処は、降雨もあって車窓から雰囲気のみ。

コカコーラ社の見学も大変な混雑とあって、グッズ販売所のみの立ち寄りとなった。
しかし、ここでは同行者諸兄、お土産義務?を果たすべく多くの時間を割いていた。

image私には、手持ちぶたさの時間であったが、それも私の決めた道。

そんな観光を済ませた後は、ホテルで一服の後のディナー。
有名なステーキハウス「3130」で、最後の晩餐?だ。

やはり、量は多かったが、皆さん「肉だ、肉だ」と。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)紀行文

2017年06月11日

ガバナーナイト(RI大会の旅:2日目)

IMG_8173夜は、HYATT REGENCYで「ガバナーナイト」。
我がRI2760地区の服部良男ガバナー主催晩餐会である。

ここには180名、RI2760地区(愛知県)の国際大会出席ロータリアンが集まった。

IMG_8169出席者は100%日本人、ガバナーはスピーチの初頭を英語でしたけどね。

我がテーブルは、城南チーム3人と後は豊田ロータリーの面々、ピンクのシャツで出席だ。
ゴルフ焼け?したした顔によく似合う。

image食事は、写真の様に前菜はホタテふた切れ。
これはと期待したが、メイン・ディッシュは牛肉とサーモンのステーキで、やはり量がしっかりあった。

「郷に入れば郷に従え」の私も、やせ我慢完食モード。
さらに、デザートもう食えねえ。

imageでも食べる、これS賀さんの教え。
「米粒ひとつも残さない」

しかし、S賀さんはしっかり残していた様だ。
飲む方優先でね。
こちらの信条は貫いている。

さすがだ。  
Posted by brother_p at 20:10Comments(0)TrackBack(0)紀行文

大会開会式(RI大会の旅:2日目)

imageさて今日は、大会開会式出席。

その前に、Registration(登録)を済ませないと、ということで朝食会場のホテルの特設カウンターで、チェックイン。
登録番号とパスポートでOK、写真の名札がもらえる。

その後、入場とか日本語のプログラムとかは、この名札がIDとなってもらえる。

同行4人組のうち私以外の3人は登録番号を忘れて来ていたが、パスポートがあれば登録データにたどり着ける。
IT駆使(アタリマエか)のエントリー・システム。

IMG_8134出入国のチェックもそうだし、チケット(E-チケット)パスポートでOK。
さすが、アメリカ。
と言いながらも、大会開会式(何千人規模)は「ある理由」で、岡崎クラブ組とはぐれて、我がチーム4人と同行のHさんの5人で参戦。
周りはみんな「ガイジン」、いいぞイイぞ。

image言葉は英語で進行する。
大型スクリーンに映し出されるプレゼンテーションのテロップも英語。

写真の通訳システムも販売されているが、我がチームは誰も使わずやせ我慢。

IMG_8167一番高いのがフランス語、なぜでしょね。

考えてみれば、この7ヶ国以外は「英語が基本」の国かもしれないね。
後進国(失礼)ほど英語が必要?  
Posted by brother_p at 12:00Comments(0)TrackBack(0)紀行文

日本人親善朝食会(RI大会の旅:2日目)

image明けて6/11(日)は、ホテルで朝食を取らずHyatt Regencyホテルへ。

7時から「日本人親善朝食会」なのだ。
RI理事として活躍しておられる斎藤直美理事の主催、お膝元クラブ、豊田ロータリクラブの設営だ。
お揃いのピンクのシャツで。

F2A3728A-60C0-444E-9ECA-3068C83ADE05なんと、800名が朝食に集まった。
朝も早よから、アトランタの地に。

国際大会に来て、日本人だけの朝食会。
ヒュー・パジャムRI会長のスピーチがあったり、ゲストに日本人以外のロータリーの要人が出席をしてはいるが。

円形テーブルで、着座の朝食。
同じテーブルには日本人どころか、今回ツアー同行の岡崎組の席がとってある。
当然、我がチームのSさん(岡崎南RC)、Tさん(岡崎城南RC)、Kさん(岡崎城南RC)、Oさん(私・岡崎城南RC)は同じテーブルで隣同士。

image世界の中でも「村」づくり、さすが Japan Way @国際大会。
それも、なんの疑いもなく?
(皮肉じゃないよ、悪口じゃないよ、感想だよ。)

これからの、道中が恐ろしい、いや楽しみだ。

ところで、朝食のメニューはいわゆる「アメリカン・ブレークファースト」、量も手ごろでした。  
Posted by brother_p at 08:00Comments(0)TrackBack(0)紀行文

2017年06月10日

ホテル到着、軽食(RI大会の旅:1日目)

ホテルは、Grand Hyatt Atlanta in Buckhead。
高級住宅地バックヘッドの中心にある高級ホテル群の内のひとつだ。

imageホテル到着は22時、ということで軽食が用意されていた。

シーザーズ・サラダとチキン(ターキー?)サンドイッチ。
写真で大きさはわからないかもしれないが、20cmはゆうにあろうという代物。
具もたっぷり、ヘビー。

旅で空いたお腹を満たすにも余りある大きさ。
旅で疲れたお腹にはズシリとこたえる大きさ。

それを上回るサイズのサラダ。
野菜の口ごたえ(歯ごたえでした)も半端ない。

アメリカン・サイズの洗礼が早くも始まった。

image食事の席に着くなり、飲んべえS賀さんの勧めで、即ビールを頼んだ。

ビールは、「Sweet Water」。
4.7%のライト・ビア。
このビールで流し込むにも一苦労の量だ。
自然と酒量も進まない。

でも美味しいよ、食事も酒も。
その後の食事が楽しみだ。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)紀行文

アトランタへ(ロータリー国際大会の旅:1日目)

40ED38F7-DFD3-46D8-9FEC-0D107AEF0C09昼に家を出て、バスでセントレア。

16時30分発のデルタ航空、途中デトロイトで乗り換えて、20時16分にアトランタ着。
引き算すると3時間46分だけど、時差があるので16時間46分だ。

家を出てからアトランタのホテル着までだと、23時間だよ。
乗りっぱなしのセントレア〜デトロイトの12時間35分、でも嫌じゃない。

今回、南部(アトランタのことじゃないよ。岡崎南部だよ)の仲間4人が、岡崎ロータリーの16人に便乗しての旅。
アトランタで開催の、RI大会へのエントリーだ。

で、私だけ「エコノミー・クラス」、他のメンバーは「プライム・エコノミー」以上、セレブゥ!
したがって飛行機の中は、周りをロータリアンに囲まれることなく、快適?

なんせ、12時間35分だものね。  
Posted by brother_p at 23:12Comments(0)TrackBack(0)紀行文

2017年06月09日

ミャンマー反省会

imageミャンマー反省会をT村くんに企画してもらっていた。
今日がその日なのだが、会場は「くいしん坊」という居酒屋、和風。

せめて、タイ料理屋さんにすればよかったのにと、未だに「反パク派」に嫌味なツッコミの私。

(性格悪いなあ、直らんなあ)

結果、8人全員が集まった。出席率100%

imageでも、この写真は違うよ。
定番の豊Sさんにお願いしたのだが、「カメラ持って来てないよ」だって。
で、この日の写真は無し。

写真は、5/17ミャンマーのセレモニー時の「私達席」。
カメラマンの豊Sさんは写っておらず。
カメラマンの宿命?

そのうち、撮影者も写るスマホ・アプリが出るよ、きっと。
iPhone7あたりで期待してたんだけどなあ。

さてミャンマー反省会、アトランタ壮行会にしてやろーと思ったが、そうもならず。
ミャンマー8人のうち、アトランタは私一人だし。

アトランタ、パクチー無いよな。ハハ。
行って来ます。  
Posted by brother_p at 22:30Comments(0)TrackBack(0)ロータリークラブ

2017年06月08日

ほら晴れでしょ、と思ったが小雨

梅雨明けたら、晴天。そんな皮肉を言ってたら、昨日からの雨。

それも、午後から晴れて来た。
予報は、当分晴れらしい。

と、皮肉ごころを満足させてくれる。
ところで、週末土曜日からはアトランタへ数日間。

向こうの天候は気になるね。
岡崎よりは数度暑いらしい。

imageでも、乾燥していて日本のジメジメとは違うというし。
昼夜の温度差は大きいというし。

結局、わからん。
とにかく夏なんだろう。

でも、近頃ネット+スマホで、世界中の天気がリアルタイムでわかる。
世界中の直近の天気予報もわかる。

ATRANTAを調べたら、14度。
えっと思ったが、今向こうはmidnight(午前0時)。
最高気温は29度となっていた。

それにしても温度差があるなあ、とリアル体験。
肌の代わりにネットが感じてくれる。
近頃は、バーチャル=リアルの時代となったべ。

なんて言ってたら、土・日・月なんて「雷雨」マークがついてるよ。
これちょうどアトランタ滞在日だよ!

嵐のアトランタ、かもしれぬ。
雨具、持って行こ。  
Posted by brother_p at 14:00Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年06月07日

ご当地、梅雨入り宣言

image梅雨入り宣言があった。
タクシーの運転手さんが教えてくれた。

どうりで?昨日から雨が降っている。

きっと明日からは、晴れた暑い日が続くのだろう。

そう言えば、雨季を選んで行った先日のミャンマー。
持って行った雨具は、一度も使わなかったなあ。  
Posted by brother_p at 17:05Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年06月06日

岡崎城南RC写真同好会

image岡崎城南RCの写真同好会の会員になって何年経つことだろう。

一度も写真を提出せず、一眼レフも持ってない。
それでも籍は置かせてもらっている。

(あれ?この前、箸袋に書いた退会届出したんじゃなかったけと、影の声)

それが今回、ナント作品を提出したのだ。
同好会長のYさんにしっかり催促されて、つい。

ミャンマーで撮った2枚。
iPhoneで撮ったもの。

それを、他のメンバーの作品とともに、今夜のロータリークラブ例会の後、展示されれた。
岡崎ニューグランドホテルのロビー横の「リバーサイド・ギャラリー」で、6月いっぱい開催されている。

ぜひ、ご覧いただきたい。
私の生涯初の作品展示を。

ミャンマー、そして写真と言えばこちらもお忘れなく。  
Posted by brother_p at 23:52Comments(0)TrackBack(0)ロータリークラブ

2017年06月05日

ライフラインが変わる。

image私の家の裏の(いや、私の家が裏の)サークルKが、ファミリーマートに変わる。

5/31サークルK閉店、6/22ファミリーマート開店。
なので、ここ1週間くらい不自由している。
コンビニエントでない。

やっぱ、歩いて1分30秒のセブン・イレブンは遠い。

5/31の22時閉店と言うことで、大割引商品がないか閉店直前に行ってみたけど(せこっ)、なかった。
200円でイヤホン買ったけどさすが売れ残り、コードが3mで使いづらっ。

今までは、「サークルKの裏」でタクシーもわかったけど、今度竜美丘の「ファミリーマートの裏」って言ったら、かなり離れたポプラ通りのファミリーマート竜美丘店に連れて行かれそう。

当分はね。  
Posted by brother_p at 10:12Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年06月04日

部屋でディストーションが見つからなくて

imageRC最終例会(6/27)には、会長にも歌ってもらう。
曲は、「遠くで汽笛を聞きながら」

それはイントロと間奏と後奏が、エレキでかっこいい。
演奏の途中で、ディストーションとクリアサウンドを切り替えなきゃならぬ。
足踏みスイッチのディストーションが必要だ。

そこで、ディストーションの力を借りようと、部屋を探してみた。
多分、30年前に使ったことがある。

オレンジ色のbossのdistortion、当時定番今でもしっかり現役の名機だ。

ところが探せど、無い。
その代わり、またまたブルースハープが出てきた。5台。

なんたるこっちゃ。
これで10数台になった。しかもキーかぶりの。

そこでイオンの楽器店で、NU•X(ニューエックス)のディストーションを買った。
安かった。3000円以下。
bossの半額だ。

私の腕にはテキトーだ。  
Posted by brother_p at 22:30Comments(0)TrackBack(0)ギター

2017年06月03日

法人会防犯研修会はコント仕立て

image会場の竜美丘会館に着いたら、案内に法人会の名が無い。

「こりゃ会場間違えたぞ」
手帳とiPhoneのスケジュールを確認したが、竜美丘会館と書いてある。
6/2、1430-、竜美丘会館にて。

近頃この辺で、まず自分を疑ってしまう。
「わあ、会場間違えたんだ。スケジュールへの記入間違いか? 日にち間違いか?」

他の会場だったら移動で遅刻になっちゃうと思っていた頃、倉田さんから電話が入った。
「早くおいでよ。始まっちゃうよ」
「どこでしたっけ?」
「竜美丘会館だよ。今どこにいるの?」
「下に居ます。すぐ行きます」

改めて案内板を確認したら、「防犯研修会5F」の表示あり。
法人会の名はなかったけど。

勝手に間違えたと思っていたんだ。

そう、今日のテーマは「身近な犯罪から身を守る」
〜安心で安全な生活は自分で守ろう〜

こんな危うくなった私のような「老人向け」の話?ハハ。

image愛知県警察本部防犯活動専門チーム「のぞみ」の寸劇による「詐欺防止」啓蒙の研修会となった。
この劇団?「のぞみ」は年間200回以上の公演、いや研修会をやっているそうだ。
警察署に勤めると思ったら、演劇の毎日。でも大事だよね。

image閉会時に南部支部長としてお礼の言葉を言わせていただくために前に立った。
参加者さんたちのお顔を前から見ると、みんな「私は騙されんぞ」というお顔をされている。

そんな自信が危ないと、「のぞみ」さんは言うとった。  
Posted by brother_p at 00:30Comments(0)TrackBack(0)法人会