2017年01月13日

印刷と関連業界 新年互礼会

image名古屋東急ホテルに300人集まって、「印刷と関連業界の新年互礼会」

17時20分からの懇親会の前に、15時30分から講演会。
私はここから出席した。

なんて書くと、前は何処?って思うよね。

講演会は、「わが社の価値創造〜新聞印刷三代のDNA〜」
全国印刷組合連合会副会長
滝澤新聞印刷株式会社代表取締役の滝澤光正氏が講師。

お話の上手な方で、中身も分かりやすかった。

image以前は、講演会だけで帰っていたのだが、数年前に会場が東急ホテルに変わってからは、懇親会も出席しているのだ。

何故って、食事が美味しいのだ。

出席の300人余りの「印刷と関連業者」、「印刷」より「関連業者」が多かったような印象。
買い手より多い売り手?

飲んで、食べて、はしゃいで?いたら、先ほどの講師さんが挨拶に来られた。
「私、仙台で岡田さんの講演をお聞きしました」
えっ、あの時会場に居られたんだ。
あの不発だった?岡田講演の聴衆の中に(来賓だったかもしれない)。

はずかしよ。

「あの仙台以来、人前でちゃんと喋れることを目標にしています。今日の講師さんのように分かりやすい話をできるように」とお応えしつつ、名刺交換をしたのだよ。  

Posted by brother_p at 21:41Comments(0)TrackBack(0)印刷

2017年01月10日

岡崎商工会議所新年賀詞交換会

image毎年恒例の岡崎商工会議所新年賀詞交換会。

大盛況の会だったが、真ん中のテーブルが「遠慮の塊」でガラガラだったので、率先してそこへ。

高校の同級生が岡崎商工会議所会頭となったので、真ん前で就任後初の新春挨拶を聴こうとしたのだが。

真ん前、真正面にメディアのテレビカメラ。おいっ!

二人目の挨拶、市長の時は、カメラはとっとと脇に下がっていたけど。
市長、同級生じゃないし。  
Posted by brother_p at 19:30Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年01月09日

向いてない。

image知り合いの社長さんから、「オカダさん、飲み屋さんやってよ。楽しいお店を作ってよ。」と、よく?言われる。

水商売に向いていると思われているのか。
確かに、飲み屋さんでは大騒ぎするし、お店の方の世話いらずに、盛り上げたりもする。

しかし、自分では向いてはいないと思っている。
人の名前が覚えられないというのが致命的。

いや、向いていないのは他に重大な理由がある。

先日も、友人と二人バーのカウンターで飲んでいたら、「オカダさん向いてますよね、楽しいし、話題も多いし」。
すると少し離れた所に居たバーテンさん(バーのオーナーさん)が近寄って来て、「この人は向いていないですよ」。

わざわざ来て「この人」というくらい向いてないんだ。
プロから見て。

自分でもわかる。
その点、私は自分を見る目があるのだ。

何故?
私の、人を喰ったような話や態度は、飲み屋さんでは喧嘩の元になったりするのだ。

ムカついたお客に殴られたり。
そんなことも定期的に?起きるのだ。  
Posted by brother_p at 17:44Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年01月08日

モーリーの「知的サバイバル」セミナー第1回

image読んだよ、電子本。キンドルで。

モーリーの「知的サバイバル」セミナー第1回
知識×直感=しなやかな強さ
モーリー・ロバートソン著
発行所・株式会社ブックウォーカー

「ミニッツブック」40minとある。
だから、40分で読める。

1分間に約400字〜600字が、日本人の可読文字数なんだそうだ。
私は、やっぱ40分で読んだ。
先日読んだ「速読法」は駆使?しないでね。

ちなみに「知的サバイバル」セミナー第2回の表紙には、38minと記してある。
厳密表記。ふふ。

で、なんでこれを読もうとしたかと言うと。
最近テレビ出まくりのモーリー・ロバートソンに興味があってね。
彼が30年以上前に出した「よくひとりぼっちだった」をつい先日買ったんだけど、まだ読み始めてもいないや。

R:17-01:モーリーの「知的サバイバル」セミナー第1回:★★★★☆(星4つ)  
Posted by brother_p at 00:30Comments(0)TrackBack(0)読書

2017年01月07日

乗り過ごした。

image気が付いたら「次は、こう。こう。」と車内アナウンス。

こう? えっ、国府?

国府(こう)は、名古屋からの特急で降りるべき東岡崎駅の次の駅。
さっき車窓からぼーっと眺めていたのは、東岡崎駅だったんだ。

image折り返しで、東岡崎に戻る。

乗り越した分、運賃払ってないや。
これって、犯罪?

名古屋本陣で「本作り」の打ち合わせ。
終わって、新年会。

よく飲んだ。
T夫妻と編集者のSさん。
楽しくて、よく飲んだ。

その成果か? 乗り過ごし。
2017年初乗り過ごし。ドジ初め。はは。  
Posted by brother_p at 22:00Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年01月06日

「ほんとうに頭がよくなる『速読脳』のつくり方」

image「ほんとうに頭がよくなる『速読脳』のつくり方」

苫米地英人・著
PHP研究所・刊

速読法の本。
12月中旬に買ったんだけど、年明けにやっと読めた。


BlogPaintなんせ、それまでの膨大な「ツンドク」解消のために買った本とも言えるが、この本を読まないことで「ツンドク」のダムになりかけてた。

読んだら、ドクター苫米地の本だけあって、速読の目的は「世界平和」。

この本で得られるのは「新刊1冊を10分で読む」力ではなさそうだ。

いいね。

R:17-01「ほんとうに頭がよくなる『速読脳』の創り方」★★★★☆(星4つ)  
Posted by brother_p at 12:05Comments(0)TrackBack(0)読書

2017年01月05日

フェロモン、ビンビン。

image振り返りのお年頃になったから言うわけじゃないけど。

近頃、昔のロックスターの若き頃の映像を見るにつけ、「なんだ、このフェロモンは!」と驚くことがある。

ビートルズもR.ストーンズも、まあプレスリーも。

当時は気づかなかった。
当時は意識なしに感じてたんだ、きっと。
そらあ、気絶しちゃうよな。

今になって、客観的に眺めると気がついた。
そうだったんだって。  
Posted by brother_p at 10:38Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年01月04日

「Living In The Material World」

imageネットで映画。

「Living In The Material World」(2011)
監督:マーチン・スコセッシ

ジョージから見たビートルズとジョージ・ハリスン。
ビートルズものというだけで、私の評価は星5つなんだけど、いくつも出ているジョン・レノンものをこれ一発で凌ぐほどの深さだよ。

インタビュイーとしてのエリック・クラプトンが良かったな。
ビートルズへの尊敬と憧れ、ジョージへの愛情。

あっと言う間の3時間26分。
10年ほど前に買ったジョージの自伝本も、600頁というボリューム。
厚さも5センチくらいあった。
けど、読んでない。
開いてもいないくらい。

やっぱ、映画・映像の方が取っつきやすいし、分かり易いね。

M:17-02「Living In The Material World」★★★★★(星5つ)  
Posted by brother_p at 10:42Comments(0)TrackBack(0)映画

2017年01月03日

ローラが出てたんだって?

image年末28日、仕事納めの午後に観た「バイオハザード」、ローラが出てたんだって。
今日知ったよ。
ネットで出てる場面も確認した。
予告編にしっかり映っているよ。

What are we gonna do? って、セリフは一言だけだったけどね。

それも知らずに、吹替版を観てしまった。
吹替版じゃ、ローラの英語が聞かれない。(予告編なら聞けるよ)

ところで、この「バイオハザード:ザ・ファイナル」英語の題名は「Resident Evil」なんだって。ふーん。

M:17-00「バイオハザード:ザ・ファイナル」★★★☆☆(星5つ)(星3つ)
英語版なら★★★★☆マイナスかな。  
Posted by brother_p at 22:28Comments(0)TrackBack(0)映画

2017年01月02日

「PPAP」VS「逃げ恥」

image年末の宴会では、さぞこの二つが演じられたんだろうね。

たぶん、世の中の多くの評価は「ペンパイナポー」はウケ狙いで、「恋ダンス」はカッコよさ狙いとのような気がするが、私の評価は違うんだなあ。

楽曲の良さは、全米チャート折り紙つきで断然「PPAP」。
PVとしても、「PPAP」は良くできている。
だから、アクセスも多い。
ジャスティン・ビーバーの力ばかりじゃない。

ダンスのノリは断然「PPAP」、「恋ダンス」はノリが古くさいね。
古坂大魔王とピコ太郎、テクノっぽい音源と言葉と歌とあいまって、グルーブ感を上手く出してる。
この辺が、世界的に受けた理由だと思うぞ。

宴会芸とか罰ゲームとかに使われてるが、完コピはなかなか難しいよ。

さだまさしが「和風PPAP」をやっているけど、こりゃひどい。
リズム感がまるでない。(そんなひとだったんだ)
ピコ太郎を甘く見てるようだね。  
Posted by brother_p at 22:38Comments(0)TrackBack(0)社長

2017年01月01日

「Eight Days A Week / The Beatles」を観た。

image映画「Eight Days A Week / The Beatles」を観た。
劇場でなくて、ネットのiTunes Storeで2日間レンタル500円。
AppleTV経由で自宅のテレビで観た。

image劇場もいいけど、ネットの映画もいいね。
手軽に、リラックスして観られる。

以前はDVDを買ったこともあったけど、観ずに置いてあるものも多いよ。
包装を開けてないものまである。

レンタルにしても、ショップに行くこともない。

観たくなった時に、ネットで探して観ればいい。
会員になっていれば、無料で観られたりもする。

映画をたくさん観る年になりそうな、元日であった。
Eight Movies A Week は無理かな。

M:17-01「Eight Days A Week / The Beatles」★★★★★(星5つ)


あ、明けましておめでとうございます。
忘れてた。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)映画

2016年12月31日

大晦日のナツメロ格闘技

imageかつては恒例だった大晦日の格闘技イベント。
近頃ちょいと復活?

KYOKUGEN(TBS)対Rizin(フジ)。
(あ、紅白もやってるんだ)
どちらもオールド・タイマー頼み。
(紅白は新旧交代?)
KYOKUGENなんて、魔裟斗だよ。ぶっ。
Rizinなんて、ミルコだよ。おいっ。
かき集めて総棚ざらえ。

でも、一時のような煽りVTRでの時間稼ぎ?ジラシはなくてよかったね。
しっかり観てしまった。

中でよかったのは、C. グレイシーVS川尻達也だった。
新人のグレイシーだけど、さすがのグレイシー一族。
「総格」はこれでなくちゃ感。
川尻達也としっかり噛み合ってた。

最後は、42歳ミルコのトーナメント優勝の予定調和。
ま、いいか。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)プロレス

2016年12月30日

仕事納め、午後からは…

imageブラザー印刷は28日11時30分からの仕事納めの会をして、12時には解散。

勤続表彰などして、社長の「今年の振り返り」の挨拶?をして終了と、シンプル。

ここ数年、そう。
以前は仕事納めのあと昼間っから忘年会してたこともあったっけね。

その社長の「振り返り」だけど、ギターを教えてるって話と、ボトルのコルク栓を靴で抜いた話をしてみた。

ギターを初歩から生徒?に教えると、自分も改めて初歩から学ぶことを体験する。
まるで母親が子育てで、自分の成長を辿る体験をするように。
で、この話を仕事になぞらえると……なんて、説明しちゃった。珍しく。

栓抜きがないと、栓抜きを手に入れる方法にばかり頭が行く。
「靴で」なんて言っても「まさか靴で」と思ってしまう。
「ひょっとして」と思うSくんは、結果コルク栓を抜くことが出来た。
目的は(栓を抜いて)ブランデーを飲むことで、栓抜きは手段の一つ。
で、この話を仕事になぞらえると……なんて、説明しちゃった。珍しく。

「振り返り」の先に明日がある。
次の一年がある。未来がある。
創造的な道がある。
道を歩くにゃ靴が要る。下駄でもいいか。

<追記>
仕事納めの後、「バイオハザード」を観ちゃった。
ひょっとして、今年初めての劇場での映画?
「君の名は。」と迷ったが、時間の都合が良くて「バイオハザード」にしたんだけど、吹替版と知らずに、、、残念。  
Posted by brother_p at 00:40Comments(0)TrackBack(0)社長

2016年12月29日

恒例、長時間忘年会は保庵で。

imageいつも長時間に渡る保則庵での「飲み会」

今回も正午スタートだと言うんで、こらあ10時間は覚悟しかないと。
そう思って、トリスを持ち込んだ。
長時間の飲酒には、トリスのお湯割がいいのだ。
マイルドでね。
日本酒ビール焼酎の合間に、チェイサーがわりに飲み続けるのだ。

結局、3人で始まった宴会は、最大時9人。
最後は6人、9時間後の21時に無事終わった。
保則庵から一番近いノンアルコール豊生くんが、飲んべえ4人を送って回ってくれた(すみません)。

いつもは一人残って泊まり込みで片付けをし(すんません)、翌朝自宅に帰る庵主の保則くん。
今回はみんなと一緒に帰り、翌日に出直して片付けることにした(すまぬ)保則くん。
その後は家族で餅つきをする予定だそうだ。

忙しいよね。
そうなのだ。正月休みは皆さん忙しいのだ。
私なんてこの飲み会しかないよ、正月行事。

あ、いけね。
保則庵を「保庵」(やっすあん=やっさん)と呼ぼうと言う議案提出を忘れてた。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)ロータリークラブ

2016年12月28日

現場に戻る。

image現場に戻る。
犯人じゃないけど。

ぶつかった電柱を明るいところで見ると、どうやら電線を通す管に頭をぶつけたらしい。
それで、あんな大きな音がしたんだ。
「バン!」と「バシャッ!」が混ざったような音。

ちょっとずれてたら、コンクリート部分だったよね。
音はもっと鈍い音だったろうけど、ダメージは大きかったかな。

少しはついていたかも。
いやいや、気をつけないと。  
Posted by brother_p at 13:01Comments(0)TrackBack(0)社長

2016年12月27日

ジョージ・マイケルも死んじゃった。

imageジョージ・マイケルも死んじゃった。
それも、12月25日クリスマスに。

シャレにならない「Last Christmas」
最後のクリスマスだね。

「Breaking My Heart」

「ラスト・クリスマス」は名曲だよね。
なんせ、私のレパートリー??

今年のクリスマスは歌う機会なかったけどね。  
Posted by brother_p at 12:54Comments(0)TrackBack(0)Rock!

2016年12月26日

ホントのこと、言ってます。

imageS家でヨシオスズキの練習、久しぶり。

なんか、前覚えたことしっかり忘れてる。
3歩進んで5歩下がるみたいな進歩具合だよ、私。

練習の後は、S家の食卓。
この日25日は、クリスマスっぽいワインの後、ブランデーで行くこととなった。
ずいぶん前にもらったと言うレミー・マルタン(Remy Martin)をこの際開けることにした。

「フランス語ならルミー・マルタンと」発音するんじゃないの?」と、まことしやかに私。

コルクがもろくなっていてか、上手く栓が開けられなかった。
ボトルの中にコルクを押し込もうとしてるもんだから、「靴にボトルの底を入れて、壁に打ち続ければ栓が抜けるよ」と。

Suzukiくんは、私の言うことを信じてくれる稀な人。
スニーカとボトルを持って、玄関の外の壁に靴底を打ち付けること数回。
見事に開いたのだよ。

私が狼少年でないことが証明された歴史的な瞬間だった。
私の信じられないような嘘のように言っている話は、信じられないような本当の話なのだ。

「ルミー・マルタン」の方は嘘です。
Remyの「e」は普通フランス語的には「ウ」と発音するのだが、この「e」の上には「'」みたいな記号「アクサン」がついているので、「エ」即ち「レミー」が正解なのだ。  
Posted by brother_p at 00:00Comments(0)TrackBack(0)社長

2016年12月25日

「名もなき男の歌」

IMG_0029ヨシオスズキ・ユニットの新曲に、「500マイル、どうですか?」とSくん。

「500miles」と言えば、1960年代フォーク・ソングの定番。
当然、歌詞もコードも覚えてる。

でも、今回の提案はどこからだろうと。
Tくんの薦めということだが、元は松たか子か清志郎か、と。

今出回ってる日本語の歌詞は、清志郎の歌詞らしいが。
そう思ったが、Sくんは「英語の歌詞」でやりたいという。

望むところ。
もともと、
日本語のフォークってなんだよとか、
日本語のロックってなんだよとか、
日本語のシャンソンってなんだよと思ってたし。

英語かぶれじゃないよ。
英語の歌謡曲も、英語のJ-popもありえないと思ってる。
youtubeしてみたら、松たか子も清志郎もPP&Mもあったけど、ジャスティン・ティンバーレイクが出て来た。

辿れば、映画「名もなき男の歌・Inside Llewyn Davis」
その挿入歌で「500マイル」が歌われている。
ジャスティン・ティンバーレイクの歌でね。

ということで、AppleTVで「名もなき男の歌・Inside Llewyn Davis」を観たのだ。
ジャスティンの歌もよかったけど、何度も歌われる主演オスカー・アイザックの弾き語りはよかったね。

やっぱ、歌は「声」だね。
魅力的な歌声だった。

ちなみにこの映画は、アカデミー賞の録音賞と撮影賞にノミネートされた。

ところで、「500マイル」の出どころだが、どうやら今年の月9ドラマで歌われた曲ということらしい。  
Posted by brother_p at 12:42Comments(0)TrackBack(0)映画

2016年12月24日

直って来た。

imageスニーカが直って来たよ。

イオンの修理屋さんに持って行ったのは1週間前。
メルマガ会員になると10%引きになるというので、修理依頼する直前に会員になって、おかげで2,000円はかからなかった。

会員といい、価格のことといい、なんか自分らしくなくて照れ臭いが新鮮な感覚じゃ。

出来上がった。
手術の後がくっきりと、生々しい。

早速履いたら、あったかいね。夏物じゃないし。
これからは、かかとズリズリのだらしない歩き方はやめよう。

できるかな?  
Posted by brother_p at 18:00Comments(0)TrackBack(0)社長

2016年12月23日

こぶができた。

image会社の帰り、18時45分。

いつものように、50分発のバスに乗ろうと東楽園口に向かっていた。
そこまでの、住宅街の中の裏通り。真っ暗。

乗り遅れないかと、iPhoneでバスの時刻表を見つつね。

そしたら、バンという音。かなりの衝撃。
すぐ、電柱にぶつかったのだとわかった。

やっちゃった。
よくあるスマホを見てての事故、じゃないのこれ。

我に返って、体に異常がないかとチェック。
何にもないかと安心したが、おおごとと紙一重。
なんかそれが、情けない。
なんかそれが、今の私にとって特に情けない。

だからここに書いとこと。

家に帰って、しばらくして頭に手をやると、「あれ、コブできてる」
スマホを見てて、うつむいていたおかげ?で、メガネは無事、顔面無事だったんだ。
コブのおかげ。

情けない。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)社長