2018年03月10日

自分の信条を護ってくれる国に住みたい。

IMG_0982森友問題に絡んで、高級官僚が辞めた。

辞任によって責任を取る。
辞任によって幕引きをはかる。

よくある解決?なのだが。

その「重さ」を計るのは、
「超エリート高級官僚がそのキャリアに終止符を打つ
という、この国の政治・行政・権威側の人間にとっては、とてつもないロストであり、喪失なのだろう。

そのこと自体、市民にとってはかけ離れたあさましい価値観。

しかし、この国の市民国民にとっては、ひょっとして事あれば憧れの地位なのかと思うと寒気がして来る。

部下の官僚も、自殺して口を閉ざした。
森友学園の籠池夫妻は、未だに保釈されず口を封じられている。

この国の価値観に疑問を感じる。
この国の国民にも疑問を感じる。
自分の思想・信条を護ってくれる国に住みたい。

そんな国があるのかとも思う。  

Posted by brother_p at 21:38Comments(0)政治

2018年03月09日

期待の膨らむ今シーズンだけど……

IMG_0964電車に乗るとスポーツ新聞を買いたくなる、という習慣が僅かながら残っていたようだ。

そんな感覚が、先日の「松坂当番」で蘇った?

イチローがマリナーズ、なんか予定調和も嬉しいね。

今年のベースボール&野球は楽しみが多いね。
また出掛ける際には、スポーツ新聞を買う機会も増えそうだ。

出戻りイチロー以外にも、大谷、ダル、マー君のMLB。
日本プロ野球は西武に戻らずソフトバンク経由で結局中日の松坂。
ジャイアンツに戻った上原。
楽しみが多い。

車内を見渡すと、スポーツ新聞なんて誰も読んじゃいない。
眠っているかスマホ。
スポーツはスポーツ新聞で読むのがいいかな。
私、スポーツの味方です。

私、MLBの味方です。
張さん、「喝!」ください。  
Posted by brother_p at 22:05Comments(0)スポーツ

2018年03月05日

電車で松坂

IMG_0942刈谷の病院に妹と一緒に母の検査。

終えて母を残して、帰路。

岡崎に帰るために、妹のクルマで刈谷駅を目指していたら、鳴海駅に着いちゃった。
ドライバーくん、なかなかやるなあ。

妹も私に負けず方向音痴、運転が苦手。
そういえば弟も運転嫌いで、車の故障を機に廃車にして、車のない生活を送ってた。

急行までしか止まらない駅で、何年振りかで中日スポーツを買った。
何故って、松坂大輔のオープン戦デビューだからね。

全投球をyoutubeで見てしまうほどの松坂ファンなのだ。

でも、活字でも読みたくて。

倍の時間になった行程のお供に。
時間のかかる移動って、大好きなのです。  
Posted by brother_p at 22:26Comments(0)スポーツ

2018年02月23日

力道山はなぜ木村政彦を殺さなかったのか?

IMG_0899IMG_0900IMG_0901











ベストセラーノンフィクション『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』が、ついに漫画化。
天才柔道家・木村政彦の生涯を描く。

ということだ。

それをkindle版で読んでいる。
全11巻の5巻目、写真ではVol.4とあるが、Vol.0からなのでね。

プロレスの秘密が解き明かされると、読み始めた。
いや、プヲタの私の知りうるプロレスの裏付けになるかとも。

前田日明の長州顔面蹴り
タイガーマスクvsダイナマイト・キッドの攻防
橋本真也vs小川直哉、「話が違う」
そして、ホーガンのアックスボンバーで猪木失神
プロレスvs総合格闘技によってプロレスの火は消えるかと思われた。

等々も、本著をルーツとして解き明かされることだろう。
具体的には描かれていないはずだが。
そんな期待をもって、あと7巻を読み進む。

しかし、リアル本は700円、kindle版で583円。
全部読んだら、文学全集並だ。

マンガって結構お金かかるね、kindle版でも。  
Posted by brother_p at 16:04Comments(0)プロレス

2018年02月19日

そうなのよ。通貨っつーからいけないのよね。

IMG_0889ビットコインで有名になった「仮想通貨」。

「金儲けになるのか?」
「うまいことやってる奴がいるんじゃないか?」
そんな想いが胡散臭さを増長させる。

そして、「儲ける側」に行きたがりの多いこと(当たり前か?)
それがこの騒ぎを大きくする。

ドル、ユーロ、元、円、ウォン、等の通貨の銘柄の一つと考えりゃあいいんじゃないの?
そう思ってた。

しかし、通貨ならば「政府」にあたるケツを拭く機関がないことが、不安を煽る。
でも実態はそこじゃなくて、「仮想通貨」の「通貨」と呼んでるのが問題か。

「通貨」じゃなくて「相場」と考えれば、不安も勇気に変わるよ。
「蛮勇」だけど。

アズキみたいなもんだ。
だから、「仮想通貨」じゃなくて「仮想アズキ」とでも呼べばいい。

どんな呼び方だろうが、買う人は買うんだから。  
Posted by brother_p at 22:50Comments(0)社長

2018年02月18日

コカコーラ 1.5リットル

IMG_0883コダイラナオがスピード・スケート500mで金メダル。

なぜか今回の平昌オリンピック、タカナシサラに続いてタカギミホとコダイラナオの2人を応援していたので、今夜の金メダルはうれしかったなあ。
フィギュアより、スピードだね。

中居くんと岡崎朋美のキューで間違って流れたCMはコカ・コーラ。
(キューが間違ってたのだが)

アヤセハルカのCMのコカ・コーラが美味しそうで、寒空にコンビニに買いに行った。
買ったのは、1.5リットルボトル。
コーラなんて、年間に1.5リットルも飲んでないのにね。

早速、グラスに一杯イッキに飲んだ。
美味しかったなあ。

近頃、水分を欲するカラダになったワタシです。

しかし、タカギミホのすっぴんもいいね。
タカナシサラの化粧と並んで。  
Posted by brother_p at 22:00Comments(0)スポーツ

2018年02月14日

「世界の電動車シフトが愛知県の自動車産業に与える影響について」

IMG_0875なんかシリーズのようなテーマに誘われて、商工会議所の研修会。

100年後の地球と10年後の世界経済について、AIとかIoTのもたらす社会の予測と希望。
そんな自分的にはそんなテーマなんだけど、先日の講演は経済ジャーナリスト。
今回は、自動車技術ジャーナリスト。

同じ、トヨタとパナソニックの(バッテリーの)技術提携の話でも、語り手によって違って語られるんだなと。

電動車に変わる時の技術的要件だとか、その覇者となる企業はどんな準備を始めているかの話に終始して、もたらす社会、もたらす経済環境の話までは聞かれなかった。
業界誌の編集長さんでもあったしね。

それはそれでしょうがないかなと、私的には。

隣の席で聴いていた倉田社長、「珍しくしっかり聴いちゃった」と。
技術屋を自負するK社長、わかりやすくて興味ある話だったのだろうね。

得意の「隣の席」ネタでした。  
Posted by brother_p at 21:48Comments(0)社長

2018年02月13日

逆・空耳アワー

IMG_0873<英語→日本語変換>

☆宮川恵さん(横須賀市在住・77歳)の投稿

通関の際、「斎藤寝具」
・ VoiceTra:「sight seeing」、見事!
・google翻訳:「cytosine、シトシン」??

☆成瀬 徳治さん(碧南市在住・65歳)の投稿

時間を聴く時、 「掘った芋いじるな」
・VoiceTra:「What time is it now」、見事!
・google翻訳:
「What time are you do now」
「あなたは今何時ですか?」??

やはり、「あげどうふ」の完成度は高い。


投稿、求む。  
Posted by brother_p at 14:14Comments(0)社長

2018年02月12日

沙羅ちゃん、銅メダル。ところでサラちゃんは、

IMG_0890世界ナンバー・ワンだったさらちゃんも、オリンピック直前の一年は、まったく勝てずやきもきさせてた(してた)が、今回見事に銅メダル。

うれしそうだったよね。
金メダルは、マーレン・ルンビ、銀メダルは、カタリナ・アルトハウス。

「ルンビに油揚げ」じゃない、順当な結果かな。

ところで、この写真は今回のじゃないよ。
もう一人のサラ、サラ・ヘンドリクソンとのツーショット。

「二人のサラ」って言われてたけど、片仮名の「サラ」は2013の怪我のため、それから沙羅ちゃんの絶対女王の日々が続く。

大本命と言われたソチ・オリンピックでは、メダルを逃した。
そのソチ、サラちゃんは21位。

そして、勝てない一年を経て、今回沙羅ちゃん銅メダル。
立派なもんだ。
わたしうれしよ。

化粧も上手になったね。
この写真の頃に比べて、随分美人になった。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)スポーツ

2018年02月11日

伝説の揚げ豆腐?

IMG_0871ネット広告につられてつい買うところだった「POCKETALK」。

世界50言語を、手のひらに。24,800円。
(S君が推薦の物だから買おうと思ったのだが、実は彼のお勧めは「VoiceTra」というiPhone無料アプリだったのだよ、危ね。)

ぷちっ直前に、先日N川さんがスマホに向かってなにやらしゃべっていたのを思い出した。
たしかあれは「グーグル翻訳」、無料。

使ってみたら、なかなかの出来。
「日本語><英語」が双方向なのだが、私の使い方は「日本語をしゃべって、英語に変換してもらう」じゃなくて、「英語でしゃべって、日本語に変換してもらう」。

つまり、私のしゃべった英語が、発音・意味共に合っているかのチェック。
ガイジンさん?に伝わる英語をしゃべっているかの確認なのだ。

昨日S邸で盛り上がったのは、「グーグル翻訳」と「VoiceTra」の出来比べ。
やはり、「英語でしゃべって、日本語に変換してもらう」。

文例と言えばやはり「チェキラ」とか、「ガラドゥ」とか、「ヒアリュア」。
答え?は「Chek it out」「Got to do」 「Here you are」なんだけど。知ってるか。

それを日本語に変換してくれるソフトなので、その日本語訳文も同時チェック。
「グーグル翻訳」も「VoiceTra」もAIを駆使してというだけあってなかなかの精度なのだが、「VoiceTra」がちょこっと優れているかな?という印象だ。

国産のソフトだけあって、日本語表現が直訳でなく話し言葉に近いかな。

ここで試すのが「アゲドウフ」。
生田くんがハワイでお母さんに教えた、バスを降りる際の英語。
「アゲドウフ」と車中で叫べば、降ろしてくれる。

これは、両ソフト「I get off」とクリア。

この伝説の実用英会話「アゲドウフ」、ローマのバスでも試してみたが、通じた?みたい。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(2)社長

2018年02月10日

訂正:3週遅れ→3周遅れ。はは。

IMG_0861先日の講演会のブログ、「日本のITは3周遅れ」と書いたつもりが、「3週遅れ」と書いちまった。

それで意味が通じないわけではないが、大違いなので訂正したよ。

「3週遅れ」、なるほどね、アメリカで起きたことが、3週間遅れで日本でも起きる。
日本も追いついて来たね。

じゃないんだよね。

世界が好景気になっている中、日本だけは横這い。
GDPはとっくに中国に抜かれ、それもダブルスコア、いやトリプルスコア。
個人GDPなんて、日本は22位だよ。
(人口減少したら上がるかもね。だったらいいじゃん)

その原因は、1990年あたりから一向に進まぬIT化・IT活用。
それを私は「3周遅れ」と言っているのだよ、えらそうに。
トラックでトップグループの選手たちに周回遅れで次々に追い抜かれ、情けないことに走路を譲っているジャパン・ランナー。

それを「3週遅れ」と間違えるとは、正反対の意味になっちまう。
スマン。  
Posted by brother_p at 09:39Comments(0)経済

2018年02月09日

悠親会新春講演会

IMG_0862会議所で「三河人気質」の話を聞いた後、夕方からはONGHで「悠親会新春講演会」。

悠親会=U親会で、銀行さんの年イチの総会・講演会・懇親会。

傘下の〇〇総研さんのアナリスト?だったり、昨年はシンボーさんだったりで、不発が続いていた講演会だが、今回の経済ジャーナリスト・内田裕子氏は良かったね。

講演中に思わずググって何者かを調べてしまった。
何が良かったって、明快・痛快だったよ。

世の中の、切り口の鋭さや辛口の評論を標榜するジャーナリスト・評論家の語り口の、何と痛快でないこと。
本人はどうだと言わんばかりなのだが、なんか痛い、辛い(これ「からい」と読まないで。「つらい」だよ)。

さてその明快・痛快の中身だが。
先ずは言われたのが「経営は経営者次第」ということ。(そうだ!)

そして、自動運転車開発のグーグルが世界を制するという話。(そうだ!)
未だに、ハイブリッドだ、電気自動車だ、なんて議論してるうちに、自動運転という「ソフトウェア」が世界制覇をする。

トヨタもそれを恐れている。
いや、軍門に下ろうとしている。

「ウーバー」というIoTの話。(そうだ!)
ここでも日本は立ち後れている。
「IT3周遅れ」が教訓になっていない。
世界の保有台数12億台、稼動しているのは4億台。
クルマなんて既に供給過剰のマーケットなんじゃないの?

そもそもこれらはクルマがらみの話。
講師は、この三河・愛知という土地での講演なので、「ものづくりに敬意を表します」なんて持ち上げていたが、他の土地ではディスってんじゃないの?
そう思ってしまった(私の邪推です、妄想です)。

私も公職の何たら委員会で、国や地方の行政に対する提言をまとめることがある。
「工場誘致を進めるのは大賛成だが、その周辺の混雑・渋滞を考えているのか?」
という意見がよく出る。

地元の経済反映の狙いと裏腹の道路行政、確かにその通りなんだが、道路を計画しても今から10年後、その時道は混んでるの?

車離れ(若者と私)、人口減少、何よりも自動車100年の積年の諸問題のアンサーとしての電気自動車・自動運転の出現。
みんなそうだとわかっていると思うんだ。

でも「クルマは減る」なんて言っちゃいけないんだよ。
この土地ではタブーなんだ。
クルマ関係者でなくても、一般市民も、クルマが減るなんて思いたくないんだね。

「減る」ことで解決することも多いのだよ。
人口減少が解決することも多いし、もたらす幸せも多いよ。

長文になっちた。
言いたい放題書いたけど、果たして「明快」「痛快」だったかは疑わしいね。反省。
  
Posted by brother_p at 20:26Comments(0)経済

2018年02月08日

閉鎖的、クルマ依存、慎重

IMG_0860情報文化部会の例会は、東海愛知新聞大津社長の卓話。
演題は、「地元記者からみた三河人の気質」

大津社長は早々に、部下の竹内編集長に話をバトンタッチ。

そこで語られた三河人気質。
「閉鎖的」
「クルマ依存」
「慎重」

隣の席の三浦さん、「岡田さんは三河人じゃないみたいですね?」
また、褒められちゃった。

褒めてないか。  
Posted by brother_p at 20:43Comments(0)社長

2018年02月07日

ユニクロ恐るべし(は大げさだけど)

IMG_0850近頃コンビニに寄ると、かなりの頻度でトイレに行く。

コート着て、マフラーしてたりすると、前がはだけづらい。
ファスナーも下から開けられたらいいのに、と試しに広げてみたら「あ、開くよ!」

私の着てるのコートは、ユニクロのダウン。
近頃のファスナーは、上からも下からも開けられるんだ。便利。

恐るべし、ユニクロ。

いや、今どきみんなそうなのかもしれないね。
昔なんて?ファスナーと言えば、ズレて動かなくなってしまったり、生地を噛んでしまったり。
とても完成度が低かったよね。

ところで、何でコンビニでトイレに行くのかって?
家ですると、水がもったいないから、じゃないよ。
実は家の前のファミリーマートでも、トイレ借りるよな。  
Posted by brother_p at 15:10Comments(0)社長

2018年02月06日

エレベータ・トーク

IMG_0854今回のロータリークラブの例会は、岡崎ローターアクトクラブとの合同例会。

ローターアクトは、18歳〜30歳の若者が「奉仕と親睦」を通じて自己研鑽に励む会なのだ。
今例会はローターアクト中心で、会員が「ローターアクトクラブで得られたこと」をテーマにショート・スピーチをする。
つまり、エレベータに乗っている短い時間に、自分の想いを伝えるという、所謂「エレベータ・トーク」というやっちゃ。

みなさん立派にスピーチされた。
当ロータリーメンバーよりよっぽど優秀だ。(ゴメン)

ただ、(批判じゃないよっ)エレベータ・トークよりも長くて、相手はエレベータを降りちゃいそう。
今回の長さは「カクテルパーティ・トーク」と言って、カクテルパーティでお酒を持ちつつ立ち話というサイズかな。

「エレベータ・トーク」も「カクテルパーティ・トーク」もビジネス・スキル用語。
近頃では、「エレベータ…」はツイッター・サイズ、「カクテル…」はブログ・サイズと言われている。

そう言えば理解が容易な人も多いだろうね。

ともかく、最近の私は「わかり易く話す」がテーマなので(クドイか)、そんなことを思ってみたというわけ。
私は、エレベータを降りる人を引き止めても長話しちゃんだろうなと。  
Posted by brother_p at 20:26Comments(0)ロータリークラブ

2018年02月05日

関ジャニ∞のテレビ番組が好き。

IMG_0789近頃、気に入っているテレビ番組に「関ジャム完全燃SHOW」がある。

録画してまで観る。

関ジャニ∞と古田新太がレギュラーなのだが、関ジャニ∞は演奏しながら歌うジャニーズなのだが、彼らの演奏が好きかというとそうでもない。

毎週のテーマと、出演者のアーティスト&クリエータがいいのだ。
1/28は、川谷絵音、清塚信也(作曲家)
1/21は、蔦谷好位置、いしわたり淳治(プロデューサ)
12/10、浦嶋りんこ、加藤いづみ、今井マサキ(バックコーラス)
12/3、玉田豊夢、ピエール中野(ドラマー)

小室哲哉の回では、「吉田拓郎の才能には驚いた」と。
不倫会見より興味ある発言。

1/21のプロデューサの回で紹介された「Just The Two Of Us 的コード展開」
Grover Washington Jr の Just The Two Of Us で使われた。
権ぃ掘辞7ーm7ーm7ーI7

業界人はそう呼んでるコード展開、アメリカでもそう言ってるのかは?だけど。

かと言って技術・テクの話ではない。
クリエイティブの話。

毎週でなく不定期なのか、よくわからぬこの番組。
楽しみなのだよ。  
Posted by brother_p at 21:44Comments(0)MUSIC

「あ!いかん」から30年

IMG_0848岡多線(岡崎ー多治見間)が第3セクターとして「愛知環状鉄道」と名前を変えてデビューしたのが30年前なんだね。
略して「愛環」。

この名前にあやかって、「愛環塾」なる勉強する仲間の会を作ったのも、30年前。
懐かしか。

岡崎の人は、名鉄東岡崎駅が表玄関だと思っている人が多い。
岡崎駅のあるJRは、未だに「国鉄」と呼ばれたりして(いないか?)

名鉄東岡崎駅の南へ4キロのところにJR岡崎駅。
この岡崎駅は、愛知環状鉄道の終点でもある。
ちなみに、両駅間に鉄道は通っていないのだ。

そして今や、岡崎市民自慢の東岡崎駅よりも、昇降客の多い岡崎駅なのだ。
JR+愛環線の合計でね。

ちなみに、岡崎市の人口は38万人、大した都会なのだ。
でも、東岡崎駅前は15万人都市の玄関って感じの賑い。
岡崎駅は、5万人都市の感じかな。

いいことだよね。

でもこの愛環線、まだ交通系ICカードは使えないんだよね。
それは不便です。
マナカは、まだか。
実用はまだ、トーイカ。(toica念の為)  
Posted by brother_p at 15:03Comments(0)MG

2018年02月04日

「なかま」山中の酒蔵

IMG_0845日曜の午後、20人の「なかま」と山中の酒蔵へ。

高校の同学年の会、同級生って言うの?同窓生って言うの?
同級生って言うと「同じクラス」ってことなんだろうけど、同じ「級」ならば「同級生」いいのかも。
そうか、同期生っていえばいいのか。

数年前に出来て、主にリタイアした同期性が2ヶ月に一遍、サロンのごとく集まって何やらやっている。
「こちとら現役でえいっ」と暇な方々の集まりを冷ややかに眺めていたが、近頃たまに出席している。

同窓会も同級会も、好きでないのは変わっていないが、好きでないものにも出てみようという気持ちになるのは、変わったということか、私。

それから、この「なかま」の世話役をやっている山本くんのリーダーシップというか、その熱心さにもついほだされてね。

IMG_0846やって来たのは岡崎都心から20キロほど離れた山中にある「柴田酒造」。

会社見学の後、柴田酒造のしぼりたてのお酒で宴会だ。
あ、そうか。それで来たんだ私。

「なかま」と美味しい酒で、昔話に花を咲かす、ってわけでもないが。
みんな、67〜68歳の爺さん婆さんだ。
孫の話が嬉しそう。

2班に分かれての見学を案内してくれたのは、社長さんと社員さんらしき若者。
この日は日曜、休みなのに。

後で宴会の席で社長さんが、「長女の婿、跡取りです」と紹介してくださった。
その後、孫も抱いて嬉しそうな顔。
そして、ホッとした顔。

IMG_0847そう言えば見学の終わり頃、「そうだ。ノブタを見てもらわないと」と。
案内された先にあったのは、お酒を搾る機械。
自慢の機械か。
機体に「MOBUTA」のロゴがある。

跡取りさんも決まったので、設備投資されたんだろうか。
未来に向けて。

そんな想いが、酔った頭を駆け巡る。
昼間っからの酒、旨し。  
Posted by brother_p at 17:00Comments(0)会社見学

2018年02月03日

新環境は、着々と?

IMG_0843それで(どれで?)わたしの部屋の環境整備進捗状況なんだけど、床が3割は見えたかな。
前は5割かなんて書いたけど、とてもそんなに行ってないや。

空いたところにまた置いたりしてるし。

置いた物と言えば、床じゃないけど写真はテスク右手。
BehringerのミキサーとSteinbergのオーディオ・インターフェイス。
NUXのディストーション。

向こうにMosriteのエレキ。
これなんか恥ずかしいかな。
だって、Ventures modelだから?

ゼロ・フレットがあって、弾きやすいギターなんだよ。

そして、木曽路の枡は「ピック入れ」。

とりあえずこれらで、PCに音を取りこんで編集して、音に出せるよ。
んなことしてないで、片付けないと。  
Posted by brother_p at 14:55Comments(0)MUSIC

2018年02月02日

三菱東京UFJ銀行 貨幣資料館

IMG_0822続いて訪れたのは「三菱東京UFJ銀行貨幣資料館」
ここは、本物の和同開珎や天明大判も見られる資料館。
和同開珎は日本最古の貨幣というのが売りものなんだけど、さらに古い「富本銭」が最近発見されちゃった。
IMG_0824この資料館、「和同開珎」も「富本銭」も展示してあるけど、なぜか「和同開珎」の方が扱いが上。
なんでも、「富本銭」は「和同開珎」より古いけど、実際には使われていなかっただとか、少量しか作られなかったとか。
これ、いちゃもん?

本物の大判も見られた。
千両箱も抱えてみた。
1億円の札束(いや塊だよね)も抱えてみた。

千両箱は重かった。
こんなの抱えて、鼠小僧は屋根を駆け巡ったってホントかな?

札束は実感できるよ。印刷屋だし。
百万円の束は、1cm。
一千万円は、10cmだから、一億円の札束を積み上げたら、1m。

さて、今日の旅。
「若宮八幡社」、「文化のみち二葉館」と来て、次は「三菱東京UFJ銀行 貨幣資料館」

そうとうクールなツアーだよね、岡崎談話倶楽部。
仕掛け人は、いつものHさんだよね、きっと。

腰が悪くて曲がってしまって、歩くのもままならぬのに同行してくださった。
クールどころか、ホットな人だよ。

このクールな旅の最後は、居酒屋飲み放題。
最後がクールじゃなかったかな?

(1/30)  
Posted by brother_p at 20:58Comments(0)社長