2020年05月21日

政治家の資質

FullSizeRenderコロナ感染中の市会議員が、我慢しきれずパチンコしたらしいのう。
それも自粛要請を受けてるパチンコ屋さんで。
やるなあ。
ばかじゃないの。

でも辞任しないんだよね。ばかだから。

政治家の資質を問われるよ。

いやそうじゃい。
こういった人種・資質の奴らが、政治を志すという相関関係というか、必要条件というか。
市会議員だからじゃなくて、県会議員も国会議員も、総理大臣も、さらにそういった(不)適格な資質の持ち主なんだから。
下っ端もそれを目指して権力の座を登って行く。

それらを選ぶのは国民、だから国民のレベルも低いんだよ。
そう思ってたけど(今でも思ってるけど)、打つ手はあるよ。

国会議員の歳費をなしにすることだね。
給料もなんたら調査費もなし。

志の高い人が国会議員をすればいい。

なりてがいなくなるって?
そんなこと言ってるからレベルの低い有権者って言われるのだよ。
今までの「見るからに政治家」って人は立候補しやしないよ。
FullSizeRenderだって、儲からないもんね。
歳費ゼロ=資格審査みたいなもんだ。

←写真は、豊田真由子元国会議員。
エリート官僚上がり。
ご存じ、
「てめー。死ね〜」を録音に取られて、その後落選。

でも近頃、コメンテーターとしての彼女は、なかなかまともで良いよ。
権力構造から外れると、良くなるんかな。

も一度政治家やればいい。
もとに戻っちゃうか、試してみたい。

歳費ゼロ主張のわたしとしては。
歳費ゼロを訴えて立候補したら、当選すると思うよ。

そして「議員タダ働き党」を作って、志の高い人を集めてほしい。
大金持ちで歳費なんていらない麻生さんとか、鳩山さんとか、入党するよ。  

Posted by brother_p at 13:25Comments(0)政治

2020年05月20日

これからは、「さげまん」を「あべまん」と呼ぼう。

FullSizeRender500万人のリツイートに押されて、安倍首相は検察庁改正案の採決を見送った。

てっきりそう思ったね。
民意反映、世論を気にしてってね。

ところが、翌日になって黒川検事長の「賭けマージャン」が明らかに。
賭けマージャンという犯罪、この時期に濃厚接触、検察とメディアとのズブズブ関係。

その記事が世に出る前に、先に安倍さんは法案見送り。
安倍さん自ら決断したことにしておかないと、政権が持たないって思った。

どちらにしても由々しき問題だが、話題は退職金を満額貰って辞めるの?が争点になってるよ。
ほらみたことかって、ホリエモンに言われちゃうでしょ。小泉今日子よ、ぱみゅぱみゅよ。

ま、それはいいんだけど問題は、やっぱ安倍さんだね。
「さげまん」なんじゃないの?

黒川さんもすんなり定年で辞めときゃよかったんだよ。
退職金も満額、天下り先もウハウハ。
それが、安倍さんがかまってくれたばっかりに、運を吸い取られちゃった。

かつて安倍さんの「おともだち」にとって「あげまん」に見えてたであろう安倍さん。

これからは「さげまん」を「あべまん」と呼ぼう。
国民にとっても「あべまん」首相なんだよな。  
Posted by brother_p at 13:21Comments(0)政治

2020年05月19日

ダイエットの動機は、健康。

FullSizeRenderIMG_7559小麦やめたし、それだけの効果じゃないけど、半年で4kgの体重減。

ダイエットの動機は、体形の乱れもあるけど、一番の動機は健康だね。

とか言ってるけど、近頃お腹周りがすっきりしたような気がするよ。
確かにお腹も凹んだけど、問題は出たお腹の位置だよね。

お腹最盛期?は、お臍より上辺りが出っ張っていた。
それが近頃はそこが凹み、下っ腹に膨らみが残っている状態。

そうやって、変化していくんだなあ。

そして、下っ腹もすっきりとするのだ。
それが、7月かな?

ゆるやかな、なだらかなダイエット。
もうコツはつかんだよ。
理屈はわかったよ。

運動じゃ減らないね。
理屈は「食べなきゃ、減る」だよ。

生きるため以外の、余分なカロリーはとらないこと。
そうすれば、健康体重となる。

コロナ自粛にストレス感じてるような人じゃ無理かな。
「食べなきゃ痩せる」は。  
Posted by brother_p at 14:33Comments(0)健康

2020年05月18日

地方紙に「ともくんのほいくえん」

FullSizeRender既報の、絵本「ともくんのほいくえん」。
お子さんを「ピーナッツアレルギー」から救おうという気持ちから、そして世の中の人に「ピーナッツアレルギー」の事を知ってもらおう。

それがライフワークともなっている。
偉そうな言い方だけど、意義のある人生。

その本の記事が、5/18付の地方紙に掲載。

今回の本「ともくんのほいくえん」は、全国の公立図書館県庁の担当部署に1,628部寄贈した。
「ニッポンハム・食の未来財団」のウェブサイトで内容を公開している。
記事の見出しにも大きく「本文はウェブで公開」。

と言った記事。

ところで本著は、当社の印刷・製本。
そして、当社の出版社「明元舎」でアマゾンを通して販売している。

そして、この記事の横には「N印刷所」の広告。

おやっ?
ウェブだ、他の印刷会社だ、当社に逆風の記事。

なんてね。

いいんだよ。
この絵本は「子供たちに対して読み聞かせ」を望む本なのだよ。
そういった方に買ってほしい。
というのが、著者栗田さんの望みなのだ。

ところで、コロナ禍の真っただ中、健康は大きな命題だね。
公衆衛生も。
わが地球も、ここに来て。

私も、小麦粉カットしているし。
小麦アレルギーじゃないけど。
食べ物が健康を創る。
食べ物が健康を害する。

コンディションはいいですよ。
体重も減ったし。  
Posted by brother_p at 13:52Comments(0)本づくり

2020年05月17日

形見

IMG_7552  
Posted by brother_p at 13:36Comments(0)近所平和

2020年05月15日

天国への階段 -Stairway to the Heaven

IMG_7508コロナ対策で、ブラザー印刷も出勤しない社員がチラホラ。

そんな中、私は毎日定刻出社。
私の場合、会社が一番安全。
三密状態は、熱の込もった議論の会議さえしなければ、まずない。

だが連絡は、社内ネットワークを使えば安全なのだが、やはり込み入った仕事ともなれば、直接伝えたい。

会う機会を奪われている状態なので、機を窺っては幽閉先の会長室(実はまだ社長室・社長は居なくて会長がひとり居る)を出る。

IMG_7507階下に行くとき、そこにこの階段。
一階のフロアは天井が高く作ってあるので、階段が長い。
段数も多い。
22段もある、倍だ。

これを一日数往復すると、結構大腿部に効くのだよ。

コロナ対策、運動不足も一気に解決。
無駄な動きこそ、幸せの秘訣。
--この階段を上りきると、そこは会長室--  
Posted by brother_p at 00:00Comments(2)健康

2020年05月14日

ゴミひとつない国

IMG_7529実は「やっぱ、日本が一番だね」という性根というか、毛嫌いしてる私なんだけど。
(私の性根?)
「日本はマナーがいいから、コロナも蔓延しない」という説には大疑問符だった。

IMG_7531でも、少し見方を変えたかな。

私は毎日、「徒歩」でもしくは「徒歩+バス+徒歩」で通勤しているんだけど、会社につくまで私の足元にひとつのゴミもないのだよ。
公園を抜け、(バスに乗り)、幹線道路を歩き、路地を通り、会社にたどり着く。

たまに、会社の生垣に、コンビニのおにぎりの包装が落ちてるくらい、それもひと月に一回。
会長室(実は未だに「社長室」のプレート)に入ったら、やっとゴミが2片落ちてるくらい、これは毎日?

これって奇跡的なことだけど、だってゴミを道に捨てるバカっているじゃない、奇跡でなく「私の通勤」という世界では日常なんだよね。

奇跡の国ジャパーン、他の国から見たらやっぱ「奇跡」だろうね。
誇ってもいいんだよ、オカダくん。

国際交流って、「こんな国もあるんだよ」と知らせてあげることだよね。
それが世界平和、近所平和への最短距離。
外国の方って意外と(失礼)理解力あるよ。

と思いましたとさ、オカダくんは。

コロナ禍を振り返ったとき、「日本人の国民性が蔓延を防いだ」という総括が生まれるかも知れないことに、期待して待とう。  
Posted by brother_p at 10:27Comments(0)近所平和

2020年05月11日

ついに、花火大会中止

IMG_75285/9地方紙一面に「花火大会中止」

画像もなく、黒ベタ白抜きの大きな文字。
岡崎市民にとっては、十分すぎるインパクト。

岡崎市民の自慢であり、誇りであり、何よりも最大の楽しみの行事。
コロナの前にあえなく、中止。
72年目にして、初。

高校野球大会中止に匹敵するショックだと。
私は、共に興味ないから平気だけど。

コロナに打ち勝って、翌年は開催できるようにしよう。
という纒なんだろうけど、コロナを克服し「その後」を迎えることになった市民は、果たして従来と同じ生活ができるとは限らない。
高校野球も、花火大会も、前年が最後の開催となるかもしれない。

オリンピックも。

生活様式も価値観も、未来に対応できる形に変貌していくのだろう。
それがないと、未来はない。

制限とみられることも普段のことと捉える価値観を持たざるを得ない。

自粛でストレスがたまる人たち、「おうち遊び」を宛がわれなければ「爆発」しちゃいそうな人たちにとっては大変な時代かもしれないけど。
これ、人類の「進化」だと思うよ。

未来を創り、未来の危機を憂えるビルゲイツ。
2015年のTEDのプレゼンテーション「もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら? 私たちの準備はまだ出来ていない。」で、世界への警告と対策を示しているよ。
さすがだなあ、世界のリーダー。  
Posted by brother_p at 09:00Comments(0)健康

2020年05月10日

これ、何と読む?

FullSizeRender近頃テレビのクイズ番組ナンチャラ王的なのも少々鼻について来たけど、、、

この「鼾」は、クイズ番組じゃなくて、確か「バイキング」で、アナウンサーが読めなかったこの字に、坂上忍がツッコミを入れたって話。

さっそく「今日の漢字」として、日記に書いておこう。
読み方? 「いびき」です。
読めるけど、書けない。(私はね)

ところで、この字の部首は何?
「鼻偏(はなへん)」?

FullSizeRender「鼻」の部首でこの字は出て来たよ。
でも、「鼻」の鼻?は鼻孔が通っているけど、「鼾」の鼻偏は鼻孔が詰まっているよ。
わかる?

「畠」の下で鼻孔が途絶えているでしょ。
がから「いびき」なんだ。
鼻が詰まっている。  
Posted by brother_p at 16:30Comments(0)学習

2020年05月09日

「もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら? 私たちの準備はまだ出来ていない。」2015

FullSizeRender2015のTED、ビル・ゲイツが「もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら? 私たちの準備はまだ出来ていない。」というプレゼンテーションを行っている。

その中で、「もし1000万人以上の人々が、次の数十年で亡くなるなくなるような災害があるとすれば、
FullSizeRender
それは、
こんな形はしておらず、


FullSizeRender
代わりにそれは
このようなものでしょう。」


そう予言している。
しかし、それは数十年どころか、5年後に起きた。
予言というより、予告。

ビル・ゲイツと言えば、「ポリオ撲滅」に膨大な支援をしているように、自分のライフワークとして疫病の撲滅を掲げている。
5年前には影も形もなかった新型コロナウイルス。

それに対しての危機管理を訴えていたのだ。
2001年にアメリカはプランを練っていたのだが、それは実行に至らずとん挫していた。

パンデミック時には、市民と政治・医療現場それに軍隊との連携が必要とまで言っている。

さすが、世界のリーダーの知見・予見。

コンピュータを作り、IT革命の立役者となり、そこで自らも育ち、今や世界の未来を創るリーダーとなった。
それは、故スティーブ・ジョブズにも言える。

コンピュータでひと儲け、ITでひと儲けしたのではない。
人類の発展に不可欠なコンピュータを人類に与え、広め、未来を創ってきた。

その人類のリーダーの声に、人類は耳を傾けなかった。
経済活動では独裁者となりえたが、地球のリーダーは独裁者にはなれない。

地球市民が、リーダーの声に耳を傾けることでしか、道はない。
TEDのプレゼンは、全世界の3400万人が視聴していたのだが、それでは足りないのか、、、

「予悔」(あらかじめ悔いる・問題解決用語)が後悔となってしまった。  
Posted by brother_p at 00:00Comments(0)災害

2020年05月08日

座席争奪戦? 休戦

IMG_7402緊急事態宣言発布以来、私の公用車?の名鉄路線バスは、その体制を取っている。

休日ダイヤでの運行と、禁止座席。
運転手さんの直後の席と運転手さん左後の降り口直近の席。
ロープとサインで、着席禁止。

私の特等席は、降り口横のつまり最前席だった。
空いてれば、必ずその席に座る。

見晴らしがいいのもあるが(子供みたい?)、進行が把握できて安全かなということと、少し高くなっていて筋力を使う必要があるのも理由のひとつ。

ところが、その席を狙っている乗客が他にも居たのだ。
この路線の行き先方向にある「特別支援学校」に通う児童(小学生)なのだ。
年齢がわかりずらいので、生徒(中学生)かもしれない。
バス通学をしている。

彼は多分乗り物好き、眺めがいいという動機で、「その席」狙い。

しかし気のいい彼は、席が空いていても私を見ると、自分が座るのを遠慮するようになった。
そして、私が降りた後、「すっ」とその席に座っている。

私は大人げなく?彼に譲ることはしないのだよ、はは。

争奪戦というより、冷戦なのだ。

近頃その彼に会うことはない。
学校閉鎖なのか?

そんな彼と私の(私にとっては歪んだ?)コミュニケーションを取る機会は、奪われてしまった。

これもコロナ禍。  
Posted by brother_p at 10:24Comments(0)健康

2020年05月07日

結局、グルテンフリーのカレーを買って帰った。

IMG_7504連休明けの5/7、訃報を受け取った。
地元でスーパーマーケットを40店舗ほど運営している会社の、前社長・現相談役のKさんである。
78歳大腸がん。
残念なことです。

お葬式は近親者ですませ、後日お別れの会をする予定だが、日にちは未定。
コロナ対策だ。

今日のお昼時、会社近くの銀行に寄った折、すぐ横のD社スーパーマーケットに寄ってみた。
何か買う目的があったわけではなく、Kさんが長年仕事を重ね遺されたものを見たかったって感じ。
コロナでお客は少なかったが、お店は立派に営業しておられた。

未来に備えるために編纂している社史だけど、私が突然いなくなった時のためでもあると感じたさ。


20年前社長として残された私は、本人がいなくなったために、その総括を怠った。
そんなことに思いを巡らしながら、店内を回った。
近くの介護施設の職員さんにも、偶然あったりした。

「お母さん、元気にしていらっしゃいますよ」
母にはコロナ対策で、もう2か月も会ってないなあ。

せっかく来たからというわけではないが、グルテンフリーのカレーを買って帰った。  
Posted by brother_p at 14:28Comments(0)社長

2020年05月01日

蚊に刺された! 、、、不安。

FullSizeRenderいつものようにソファで寝落ちし、午前零時過ぎに目が覚めた。
ベッドに行って、枕もとのyoutubeに見入る毎夜・毎日。

しかし、近頃のYouTubeますます進化して、高度な発信をしているよ。
しばらく観て、さあ寝ようと目を閉じると、「ブーン」と不気味な羽音。
「おっ、蚊だ」

気づけば首筋が痒い。
刺された、と思ったら「コロナ大丈夫だろうか?」
蚊がコロナを媒介してやしないか。
そう思ったら言い知れぬ不安に襲われ、、、
マスクはしてるが、首から上がやばいと、この暑いのにフード付きのパーカーを着て、首から上をフードでカバーして、コロナいや蚊対策。
それでも、「ブーン」と羽音が聞こえる。

結局明け方までYouTubeを観てしまったよ。  
Posted by brother_p at 13:48Comments(0)健康

2020年04月30日

「専門家の意見を聞いて判断したいと思います。」情けないよ、総理。

IMG_7397「専門家の意見を聞いて判断したいと思います。」

この重大な判断を「人のせいにする」ような言い方。
「私じゃない、決めたのは専門家」って?
そう言っておいて、専門家は「8割」と言っているのに、「最低7割、できれば8割」なんて軟弱に伝えてる。

新型コロナ禍、こんな国家の一大事こそ出番じゃないの?

前例でしか動かない官僚に足引っ張られている。
だからこそ、リーダーの出番、政治家の出番じゃないの?

政治家・国会議員も総理大臣の足引っ張ってる。
いや、総理も政治家も自分の利権を守ることで一枚岩になっているのか。
与党・野党を問わず。

自分じゃ考えず、自分じゃやらない。
10万円の通知発送だって、自治体にやらせてる。
マスクはお友達にやらせてる。

こうなったら、日本を「大統領制」にしよう。
トップと議会の緊張関係が必要だ。
三権分立を確立しよう。

決めたら決めたで文句ばっかしの(一部の)国民相手で大変だとは思うけど。
トップの仕事だよね。(私も出来んかった?)
だから、意見もいろいろあるけど、総理大臣の決断したことには、粛々と従うサ。
足引っ張るより、おだててやる気にさせなきゃ。
  
Posted by brother_p at 17:29Comments(0)社長

2020年04月29日

蘇る日々

FullSizeRender引き続いて、社史の話。

父の時代その前の叔父の時代、振り返らずここまで来た。
社長をやめた今、昔のことを振り返っても次に活かす立場ではないのだけど、会社は次に引き継ぎ続いている。
私の人生も続く。

その意味で次に生かすには、70歳じゃ遅いでしょというかもしれないが、まだまだ続くし続かなかったら、単なる思い出話で終わってしまう。

そんな、過去を掘り起こしていると、いりいろな事柄に出くわす。

父と弟が輝いて見える写真、30年も前か。
二人ともこの世を去ったけど、振り返ることは、私がこれから彼らと共の生活をしていくことにほかならないと気づいたよ。
現実には居ないけど、一緒に暮らす日々のために。

FullSizeRenderもう一枚の写真。これも30年前。
一緒に経営に勤しんだ水野くん。
会社で社員向けに、広島のオルゴール作家さんのコンサートをやった時、ゲストで来てくれた時の写真。
同じ年の彼も、今の私と同じ人生の局面にいる。

みたいに、いろいろなことが掘り起こされて来る。

これらのことは社史に盛り込むかはわからないが、社史編纂のオマケとして出て来る。
こんな出来事は、社史でも編纂しなくちゃ埋もれてしまうかもしれないなあと思うと、遡ってブログに記しておこうと思う。

同じ時代を生きた人たちに、お知らせできるかもしれない。
ブログを始めたのは、2005年の4月だから、もう15年も続いている。
わたしの生活の記録と報告。

その前の足跡も、市史の時のトピックの記事とともに、ブログに書き記しておくのかなと。  
Posted by brother_p at 17:45Comments(0)社長

2020年04月28日

社史編纂

IMG_7404今、ブラザー印刷の社史の編纂を進めている。

来年が創業70年の年、それもあるんだけど、社長交代して次に続いていくブラザー印刷とは何だったのかを伝えるという大事な仕事。

それを社長から「社史を作る」というオファーをいただいた。

日々出社し、資料をまとめているのだが、これがまた意義のある仕事だと日に日に感じている。

単なる資料集め、原稿書きでなく、あれも掘り起こさなきゃ、これも伝えなきゃ、という思いがつのって来て、大変だけど楽しい仕事となっている。

温故知新じゃないけど、過去の知恵を次につなげる、これからのブラザー印刷、これからの私自身を作り上げる上で本当に大事なことだと感じている。

つくづく、この仕事を私に命じた社長に感謝しているよ。
社長は「そのつもりでした」と言うと思うけど。

私は、父の急死により準備もなく社長となった。
父の時代を総括することなく、自分のやり方で社長を務めてきた。
それはもう終わったわけだけど、その前の父の時代、叔父の時代も含め、その70年を確認する仕事。

ありがたいことです。  
Posted by brother_p at 17:44Comments(2)社長

2020年04月27日

日々コロナ 〜A Day In The コロナ Life

IMG_7398毎日出勤が「許される」ありがたい日々。

朝夕、岡崎商工会議所の横を通る。

思い出せば、この3か月会議所の職員さんにまったく会ってないなあ。

社長の頃は週3くらいで会ってたような印象だけど。

朝夕の会議所は、ひっそりとして見える。
緊急事態宣言中、働き方も変わっているのだろう。
自粛というより、こんな時こそ出番なんだろうね。

コロナ対策もリーダーシップをとらなくちゃいけない仕事だし。

そう思ったら、ひっそりとした会議所に活力を感じたよ。

あ、そうだ。
いまだ私宛に来てるメール「岡崎商工会議所お役立ち情報」を、社長あてに変えてもらわなくちゃいけないね。

このブログ見たら、変えといて。
(見てないか)
  
Posted by brother_p at 08:30Comments(0)経営

2020年04月25日

酒は適量、ほどほど?

IMG_7396家に居る日々。
家族とも濃厚接触無し。
もともと無し。

家飲みは量が増える。
ピッチも早い。

7時過ぎから飲んで、9時にはソファ落ちしてる。
で、眼が覚めるのが午前1時ごろ。
そんな毎日。

家飲みは量が増える。
それは、制御してる(つもり)。

ケトルに(ヤカンでしょ)適当に水を入れて、お湯を沸かす。
それが大体、ジョッキで焼酎のお湯割の二杯半の量。

適切な量でしょ。
それで落ちちゃえば、それで終了。
150Kcalじゃないの? ご飯一杯分、甘いか。

でも落ちずに、もう一杯、もう一杯。
その後、甘いもの、、、

でも、ダイエット順調。
体調も良し。

7月の人間ドックが楽しみです。
昨年より5kg、腹回り5cmは減ってます。  
Posted by brother_p at 20:52Comments(2)

2020年04月24日

8割の我慢?

FullSizeRender岡崎の地方紙。
4頁の日刊朝刊紙だが、今朝の2面はほぼ全面を割いて「免疫力を高め、新型コロナ予防」

通常第2面は文化面、最終ページはラテ欄、第一面はコロナで埋まり、3面も同様。
ということは、この東海愛知新聞、すでに8割近くはコロナ対策。

Stay Home 「8割我慢でコロナ撲滅」が我が国の「最重要対策」となっている。
私はもう既に8割達成だと思うよ。

3-4月の会合出席は、
計画された会合数:31
(内、中止になった会合数:28)
結果、欠席した会合数:30

つまり、2か月で1回しか会合に出席していない。
出席率:3%、欠席率:97%

出勤しているが、通勤中2m以内はいない。
社内会議は月一の朝礼のみ。
社員とも、話さない。
(仕事してない?)
家でも、シェアハウス状態なので(くどいね)、濃厚接触どころか、話もしない。
トイレ別、寝室別。
マギー審司状態。

でも8割我慢というけど、我慢じゃないよ。
「8割の価値を失う」じゃないよ。
社会を救うという「8割の価値が生まれる」んだよ。

(というわけで、写真は東海愛知聞4/24付より転載)
ところでせっかくの全面記事、どこか岡崎の有力企業がスポンサーとなればよかったのにね、なんて他人事?
(上)とあるから、続編に期待しよう。  
Posted by brother_p at 14:29Comments(0)近所平和

スーパーでの同調圧力。スーパー(超)同調圧力。

IMG_7393ゴミ収集場を横目で見ながらの出勤途中。

今日の私(自撮り)はいつもと違うのだ。
どこが? 同じじゃない?
とお思いか?

「跳ね上げ眼鏡」を下げてるでしょ。
いままでは、ほとんど跳ね上げ裸眼状態だった。
実は裸眼でも見えるのだ、私。

マスク・キャリアの長い私だが、せっかくのコロナ対策眼鏡効果を実践してなかったのだ。
散々能書きを言ってる私が。なんと。
ということで、心を入れ替えて、跳ね下げ眼鏡にしているのだ。

効果はあると思うよ。
目をこすりたくてもこすれない状態だからね。
励行、励行。

ところで、昨夕のイオンのスーパー、空いてたなあ。
一昨日なんて、大混雑、大濃密だったのに。

えっ、毎日行ってるって? 
私自宅はもともとシェアハウス状態。もう2か月奥さんとは一言もしゃべってないし。
(いつもか。いまさら)

イオンの話だった。
一昨日はすでに、併設の西武百貨店もイオンモールも閉めてた。
で、スーパー大混雑。

昨夕は併設の西武百貨店もイオンモールも閉まってたが、開いてるスーパーは空いてた。
なぜ?

自粛だね。
偉いね。(と、たまには日本人を誉めないと)

ここ一日ふつか、「スーパーに行くのを控えよう」とか、「一人で行こう」とか。
報道も激しく言ってたからね。
まじめな日本人に向けて。

効果があったんだ。きっと。
素晴らしい。

と思ったが、、、
自粛しないと「人目が怖い」、ナルホド。

これも同調圧力の一種だね。

多くの人が賛成に回ると、それまで反対してた人がコロッと賛成派になる。
変わり身も早い。
スーパー同調圧力、スーパーでの同調圧力。  
Posted by brother_p at 13:51Comments(0)健康