2017年11月10日

「なぜ日本人は世界一クリエイティブなのか」

image第5回クロスメディアカンファレンス in NAGOYA」に出席。

開会の挨拶でも言ってたように「週末金曜日の夜7時によくぞご参加下さいました」
確かにそうだと、今頃思う。
週末仕事が終わって、午後6時に会社を出て、名古屋に向かって、ここに居る。

でも、どこかに居るんだよね。
人間、どこかで時を過ごしてるんだもんね。

講演は、本田哲也氏による「なぜ日本人は世界一クリエイティブなのか」
彼の話を聴きたかった。
中身ももちろんだけど、どんなプレゼンをするのか見たかった。

近頃の私のテーマだもんね(くどいか)。
先週のヤマケンもそうね。

「なぜ日本人は世界一クリエイティブなのか」
〜3つのキーワードで紐解く〜

世界中のクリエイターが集まる世界最大?の広告の祭典「CANNES LIONS(カンヌ・ライオンズ)、そこで本田氏がプレゼンしたものも紹介された。

3つのキーワードとは、
1、Perfectly Rejecting Perfection(PRP)
2、Inner Child
3、The Copycat
日本人が自覚していない日本人のクリエイティブを紐解く。

3年前もこのクロスメディアカンファレンス、第1回にも参加した。

その時も書いたけど、印刷業関連の業界の「製版業」が消滅の危機を迎え、そこで生き残る先を模索するカンファレンスとして開催されることとなった。
印刷業も同じ局面に立っている。

そこでということで、私も出席をした。
今回も、そんな意味もある。

ハナ金で賑わう名古屋駅前を横目に、10時には岡崎に帰ったよ。  

Posted by brother_p at 23:30Comments(0)表現

2017年11月08日

詐欺の世界の「アナログ回帰」

imageうちの母(89歳)あてに、11月4日消印のハガキが届いた。

「期限までに連絡を取らないと、財産を差し押さえる」という旨のハガキだ。
消印11/4、期限11/7とはずいぶんお急ぎのようだ。
本人が電話して来いと書いてある。

息子の私じゃだめなんだ。

どーせ詐欺と、拘わらず放って置くことにはしたのだが、なんか収まりが悪い。

と思っていたら、11/7付の朝刊に記事。
まるでうちのケースそのまま。
詐欺メールに対する対処が進んできたので、だます側としては「アナログ回帰」ということだ。
一通62円もかけてね。

「忘れられたころに、昔の手口が再び使われている。メールと違い、はがきだと驚く人が多い」とのコメントは、国民生活センターの担当者さん。

いずれにしても、詐欺さんも営業努力を重ねているということだ。  
Posted by brother_p at 16:08Comments(0)社長

2017年11月07日

「”明治の近代化” その意味を考える」

IMG_0404岡崎談話倶楽部の講演会
「”明治の近代化” その意味を考える」
〜岡崎出身の実業家小柳津要人と橋本増治郎〜

講師は、市橋章男氏(おかざき塾歴史教室主宰)
岡崎の歴史と言えば、「コノ人」だ。

IMG_0405今回題材の岡崎出身の二人。
小柳津要人とは、「ダットサン」の産みの親。
小柳津要人は、「丸善」をつくった。

という史実はあるのだろうが、そんな知見を積むというより、市橋講師の話はとにかく楽しい。
特にウケ狙いを言っているわけでなないのだが、面白い。

本来、現代に残った「歴史」は面白く興味深いものなのだろうが、それを超えて市橋講師の話はすーっと入ってくる。

歴史であるから、聞いて知識として蓄えるものなのだろうが、覚えられない、忘れてしまう。
そんな懸念を持って聞かずに済む話だ。
忘れたら、また聞けばいい。

中身より話し方の話?
そう、近頃「話し方」に問題意識を持ってるもんでね。  
Posted by brother_p at 22:00Comments(0)地域

2017年11月06日

てき丸君。ジャズストリートじゃないよ、商工フェアだよ。

IMG_038411月4日朝、という訳で菅生川原の商工フェアへ。
正確名称は「2017岡崎城下町家康公秋祭り」の中の商工フェアらしいのだが。

愛知県産業廃棄物協会西三河支部のブースを探し、たどり着く。
O崎技研のK彦社長も詰めているとかで、陣中見舞いもあってね。

IMG_0385朝イチ開会直後だったが、商工フェアも産廃協会も結構な人出だ。
ファイルも好評なようでひと安心。

このブースの呼び物イベント?「輪投げ」の景品の袋菓子とともに渡されていたが、それはちょいと不向きだったか、このクリアファイル。

クリアファイルに描かれたゆるきゃらは「てき丸君」
「廃棄物適正処理」に準えてのネーミングとか。

なかなかしっかり作りこんであるキャラクターで、著作権使用制限もしっかり謳われてうたわれており、今回の使用も許可を得てのものとなったのだ。

産廃協会の水色のジャンパーといい、業界のイメージアップに貢献していることだろう。

私も輪投げをしてお菓子をもらってさあ帰ろ。
土手を登って、ニューグランドホテルのラウンジでコーヒーでも飲んで帰ろうかなと思ったら、ラウンジのブラインドが降りている。

あ、そうか。
今日はジャズストリート、ニューグランドホテルのラウンジは午後からのライブ会場となっているんだ。

コーヒーは飲まず(ライブも観ず)、散歩して帰宅した。  
Posted by brother_p at 12:52Comments(0)社長

2017年11月05日

ハロウィンじゃないよ。ジャズ・ストリートだよ。

IMG_038211日4日〜5日と、菅生川原で開催の商工会フェア。
散歩がてらに土曜の朝から出かけたよ。

通り道の東岡崎の構内、カウンターでなにやらオレンジ色のウインドブレーカー。
おいおい、ハロウィンはもう終わったよと思ったが、よく見りゃ「岡崎ジャズ・ストリート」の案内所。
岡崎商工会議所の職員さんがお世話してる。

顔見知りなので話が盛り上がったが、実は私の行くところは「ジャズ・ストリート」でなくて、商工フェアなのだよ。

商工フェアに出展の「愛知県産業廃棄物協会西三河支部」からブラザー印刷へ「クリアファイル」のご発注をいただいた。
その納入した「クリアファイル」が、商工フェアの現場でどう活躍しているかが見たくてね。

社長の大事なモニター業務、なんちて。  
Posted by brother_p at 00:00Comments(0)社長

2017年11月04日

元アップルジャパンCEO山本賢治氏講演

image蒲郡での元アップルジャパンCEO山本賢治氏講演の主催は、蒲郡なんとか中学校の創立記念行事、M水野印刷からの情報で開催を知った。
だから、演題は「次世代を担う若者へ」。

現地で出会ったM印刷デザイナーの山本兼佑君と一緒に聴講した。
あれ「やまもとけん…」名前似てる。

実は山本賢治氏の講演は2度目。
印刷業界の若手の会での講演だった。

なぜ2度も?
それは今の私のテーマが、「わかりやすく話す」「話が上手になる」「TEDにデビューする」??だからね。

山本賢治氏はしっかりわかりやすく話される。
そのままテープ起こししても、しっかり文章になっている。

画像・映像使いも秀逸、そらあスティーブ・ジョブズの部下だものね。  
Posted by brother_p at 16:52Comments(1)社長

2017年11月03日

「蒲郡」に着いたよ。

image11月3日、今日も蒲郡。
蒲郡市民センターで14時15分開催の講演会(講師:元アップルジャパンCEO山元賢治氏)出席に向けて。

13時には蒲郡に着いて、食事を済ませて会場入りの作戦。

JRで岡崎蒲郡間は10分なのだよ。
クルマで行くよりよっぽど速い。
(先週の連荘蒲郡はすべてクルマだったな)

蒲郡駅に降り立って「観光交流都市・蒲郡」のフラッグに迎えられて、さあ「食事は何処で?」ということなのだが、見当たらない。

(今から書くことは蒲郡の悪口じゃないよ。念のため)

予想はしていたのだが、やっぱりか。
駅周辺を散策しつつ、「ま、ここでいいか」的に入ろうと思ったが、それもない。
あっても、シャッターが下りている。

人も歩いてない……。

待てよ。今日って3連休の初日じゃないの?
初夏にはすなはまMGの会場の窓から見えるごった返しの潮干狩り。
竹島までの浅瀬が人で埋まる、そこまではいかなくても。

そういえば駅の構内に喫茶店と「立ち食いうどん」があったなと、駅まで戻ったのだが入る気になれず。
市民会館横のアピタ(スーパー)の食堂でひっそり食べることにしたよ。
「カキフライ入りみそ煮込みうどん」

待ちは人も歩いていないし、でもパチンコ屋さんの駐車場はけっこう埋まっている。
中には人が居るんだろう。
きっとアピタも、入れば賑わっているに違いない。
と、それも裏切られた。

蒲郡の休日は賑わいがあるイメージがあったよ。
「観光交流都市」を標榜しているので、「人を招き入れる」都市かとね。

悪口じゃないよ、念のため。

観光には向いてない都市なんだなあ。

岡崎もそう、愛知県全体がそう。
大都市?名古屋もそう。
一番行きたくない都会?

それは愛知県だから。
ものづくりの愛知だから。

いいものを作っていれば売れると思っている土地柄。
観光資産があれば、人は集まってくると思っている土地柄。

足らないのは「伝える力」と「ホスピタリティ」。
愛知県に住む人たちにね。

わたしもね。  
Posted by brother_p at 14:00Comments(0)社長

2017年11月02日

親戚の葬儀に

image叔母が亡くなった。

母のすぐ上のお姉さん。
母は、6人姉妹の4番目。
他に男の兄弟二人、てことは8人兄弟(or 姉妹)か!
今頃気がついた。

母のお姉さん3人はここ2年位で続けて亡くなったけど、みなさん90歳代後半、長寿なのだ。
今回体の具合で葬儀欠礼の母はまだ89歳。まだまだ。

葬儀を済ませ、焼き場から帰ってその日のうちに初七日を済ませるという風習?
ほとんど一日かかるお葬式、その間従兄弟たちと結構話が弾んだ。

何か新鮮な感覚。

母は女姉妹が多かったが、従兄弟は男が多い。
子供の頃はよく遊んだと聞いているが、それ以来まるで音沙汰なし。
葬儀の時に一言二言程度だったが、今回長時間一緒にいたせいか急速に近づいた感じ。

老いたのか、そういうもんなのか。
次の法事に会えるのが楽しみくらいに思ってる自分が不思議だ。  
Posted by brother_p at 22:00Comments(1)交流

2017年10月30日

映画「アウトレイジ」を観た。

image北野たけし監督の「アウトレイジ最終章」を観たよ。
アウトレイジシリーズは初めて観たけど、もはや最終章。
今回たけしも死んじゃったし。

聞きしに勝るバイオレンス映画だった。
バイオレンスも嫌じゃない。

というか、近頃観る映画やVシネマは、暴力シーン満載。
「ウシジマくん」「アトミック・ブロンド」「アウトレイジ」、近頃見出したネット映画の「デアデビル」もかなりだ。
誰の目にもとまる地上波と違って、選んで観るメデイアは表現の幅が大きいということか。

対立する勢力の抗争が描かれ、頭がついて行くのが相変わらず大変だ。
この「アウトレイジ」は、場面の展開と表現が目まぐるしく、先を行っているタケシの所以なのだろう。
その点デヴィッド・リーチ監督の「アトミック・ブロンド」も似てるような気がして、星4つ。
(☆☆☆☆★)

そういえば、西田敏行が出てた。岸部一徳も出てた。
私の観る映画によく出てるなあ。
売れているのか、役者が少ないのか。  
Posted by brother_p at 14:56Comments(0)映画

2017年10月29日

すなはまMG、終わり間際に強い雨

image昨夜の懇親会も、雨にも関わらず盛り上がったにゃ。

今朝は穏やかな海、三河湾。
台風どこだ?って感じ。

MGの成績の方も、まあまあみなさん儲かっていて、こちらも穏やか。
前回は悲惨な成績のMGだったなあと思い出す。

今回は商品付きなので、それ狙いというわけでもあるまいに。ガマゴリうどんだし。

最優秀経営者賞は、B社の参加2回目のS嬢。
水野印刷の「MGの神?」OK内君に競り勝っての栄冠だ。

成績の良かった諸君、
「まず目的を考えよう」
「コントロール出来ることから始めよう」
を実践してくれたのだろうか?

終わり間際に強い雨、でも反省会と称する「打ち上げ」は敢行するのだ。  
Posted by brother_p at 18:25Comments(0)MG

2017年10月28日

台風接近の中、第34回すなはまMG

image連チャン蒲郡は、すなはまMG二日間。

昨日の会議所視察会の後は一旦帰宅して、今朝また蒲郡へ向かう。
今朝はお迎え付き、水野印刷の大河内君がクルマでお迎えだ。
なんせ講師だし。

といっても、岡崎蒲郡間はJR快速で8分。
クルマだと40分かな。
クルマは、Door to Door だけどね。

先週に続いて台風接近の週末だけど、室内研修なのでなんとかやり過ごせそう。
問題は今夜の懇親会だよね。
大雨でないことを祈る第34回すなはまMG。

回を重ねて34回だから、もう10年はゆうに超えている。
続いたもんだ。

今回は2卓、少し寂しい開催ではあるけどね。
そして、珍しくすなはまMGに賞品。

昨日、金トビ志賀さんでお土産にもらった「ガマゴリうどん」を横流し?
ま、このすなはまMGの主催者の水野社長も広めている「ご当地グルメ」だからお許しを。  
Posted by brother_p at 10:00Comments(0)MG

2017年10月27日

「平松食品」〜「金トビ志賀」視察&交流は「やをよし」

岡崎商工会議所工業部会10月例会は、先月に続いて視察研修会。

豊川の平松食品さん、蒲郡の金トビ志賀さんを見学して、金トビ志賀さんの麺を使った蒲郡のうどん屋さん「やをよし」で懇親会。
三河湾を巡った視察会となった。
10名という少人数だったけど、盛り上がったよ。

image広報に力を入れている平松食品さん、こういう会社が増えてくると盛り上がるんだけどなあ。
わが社としても、お手伝いする機会が増えるし。
(平松食品さんのお仕事はさせていただいてないが)

広報は大事だよ。

23283376_1541095942635919_1019778673_n金トビ志賀さんでは、当日機械トラブルが起きた真っ最中に、現場の責任者のかたの誠実な説明を聞いた。

立派な会議室をお持ちなので、社長さんに
「実は私、明日明後日蒲郡市民会館でMG研修(すなはまMG)をやっているんですよ。こんなMGに最適な会場、ぜひ「すなはまMG」に貸していただけませんか?」と言ったら、
「貸すと自分もMGセミナーに出なきゃならなくなるもんで……。」と。

水野印刷工芸の水野社長とは若手?経営者つながりがあるようだ。
ここでは、近頃話題?の「がまごおりうどん」をお土産にいただいた。

ということで、この日の視察会、そして明日明後日の「すなはまMG」と3連荘で蒲郡ということになる。

「手打うどん やをよし」の懇親会では、S乳業の若手社員さんと向かい合わせになり、調子に乗ってついはじけてしまった。
「ほんとに社長さんですか?」
なんてお言葉をいただき、いい気持?になって帰って来たよ。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)交流

2017年10月26日

亀の子裏返し、亀の甲羅返し

image昨日のこと、朝少し会社に居た後、視察会の集合場所のせきれいホールへと向かった。

徒歩族の私としては、会社からなかなか行くルートが決めづらい場所。
東岡崎駅までバスで行って、そこから近い距離なので?タクシー、所要時間40分と見積もった。

ところが、駅に着いたらタクシーが来ない。
集合時間10分前に歩く選択をし歩き始めた。

通る道がなつかしい。
40年も前、市役所前のマンションに住んでいたころ、当時警察署の裏にあったブラザー印刷へ通う通勤路だったルートだ。
当時も歩く派、35分の道のりを歩いて通った。

左に菅生川、右に吹矢公園を見て歩く。
どうやら、吹矢公園もリニューアルのようだ。
東岡崎駅前開発計画の一環か。

image歩いて行くと足元に丸い小さな、なにか生き物。
4僂らいの小さな亀だ。
砂にまみれて、甲羅の柄がよく見えない。

足を止めてる時間はないが、なんか構いたくてひっくり返してみた。

imageすると、きれいな色彩の柄、縮こまった足。
ちょいとキモ可愛さもある。

もう少し構って居たかったが、なんせ急ぐ道すがら、亀を路肩に避けて歩を進めた。

川に向かってロング・スロー、投げたほうがよかったかなと思いつつ。
  
Posted by brother_p at 17:09Comments(0)社長

2017年10月25日

JPN TAXI 一号車

image16時から名古屋高岳町の印刷会館で開催の印刷工業組合の理事会を終えて、帰路。

名古屋で食事でもして帰ろうと思ったが、タカシマヤのデパ地下で晩御飯を買って、名鉄で東岡崎駅。
東岡崎南口から循環バスに乗ろうと思ったが、超満員乗れぬほど。
人気のバスだなあ、とタクシーに変更。
会議に疲れて?帰ってきたからいいのだ、社長だし。

乗り場に2台、2台ともタクシーチケットを持ち合わせていないタクシー会社。
そして1台目が「ワゴンカー」。

恐る恐る「いいですか?」と乗り込めば、なぜか運転手さん上機嫌。
「変わったタクシーですね。普通に乗っていいんですね?」
「これ、第一号車で今日がデビューなんですよ。東京オリンピックに向けてトヨタが新発売した新車種で、外人さんでもゆったり乗れるんですよ。」

なるほど、座高の高い私が伸び上がっても遥かに天井に届かない。

「トヨタが社運を掛けた(ホントかな)車種で、ウチの会社は全車これに切り替えるんですよ。」と岡崎3番手?のオーワタクシーさん。

私が第一号の客ではないが、初日に乗った客。
デビュー初日のプレートナンバーも「・・・1」の勇姿を、降り際に撮らせていただいた。
運転手さんも誇らしげに写っている(わからないか)。

image翌日10/26の地元紙「東海愛知新聞」で第一面の記事となっていた。
(4ページの新聞だけどね)

記事によれば、LPGのハイブリッド1500cc、車椅子に乗ったまま乗り込める。
運転席の背後にはUSBの差込あり、とのこと。

名前も、トヨタ JPN TAXI、記事ではJAPAN TAXI 、確かにジャパン・タクシーだが、それでは実際のタクシー会社にジャパン・タクシーってあるし、まずいよね。
だから JPN TAXI なんじゃないの?

さらに記事によればオーワタクシーさんが切り替えるのは、31台中20台とか。
運転手さんの間違いか、「コレ」か、多分私の聞き違い。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(1)社長

2017年10月24日

映画「バリー・シール アメリカをはめた男」を観たよ。

image言えば定番の「陰謀もの」。
荒唐無稽だけど実話、ドキュメンタリータッチで臨場感を出している。

主演もトム・クルーズだし、ハズレはないかなと思って見たが、☆☆☆★★星3つ。
imageしかし、結構な興行収入をあげているらしい。
コレ系はアチラじゃ受けるのかなあ。

有り余るほどお金があるシーンがあるが、私も何かいい持ちになってしまう。

見た甲斐があるとは言い難い映画だが、連日「創作物」に浸っている気持ち良さは継続する。

映画は色々なアイデアが作り込まれていて、楽しいのだ。  
Posted by brother_p at 21:23Comments(0)映画

2017年10月23日

法人会秋の講演会は「悩む力・心の力」姜尚中

image法人会秋の講演会は「悩む力・心の力」、講師は姜尚中。
テレビのクールな姿と違ってテンションも高く、笑いもバンバン取っていたよ。

話の多くは漱石の話、漱石の夫婦の話。

「自由だから悩む」うむ、ナルホド。


実はこの日の午前中、母が入院先から退院。
その89歳の母は、姜尚中の大ファンなのだよ。
顔が好きだって言ってたような。

姜尚中に会ったよと言ったら、羨ましがってくれるかな?  
Posted by brother_p at 21:58Comments(0)法人会

2017年10月22日

続いてネットでテレビドラマシリーズ

image「ドクターX」

続いて見続けたのは、テレビドラマシリーズ「ドクターX」。
「私、失敗しないので。」
ってやつ。

もともとテレビドラマは全く見ない人だった。
なぜって、筋がわからない。ぼーっと見てるからか。

その辺「ドクターX」がよかったのか。
難しい病名は出て来るが、ストーリーは単純、権力争いと男の嫉妬。

岸部一徳がよかったね。

image
「釣りバカ日誌2」


三國連太郎・西田敏行の「スーさんハマちゃんコンビ」の「釣りバカ」は見てなかった。
でも、今回「釣りバカ日誌season2」はネットで一気に見てしまった。
今回の「スー・はま」は、西田敏行と濱田岳。
みちこさんの広瀬アリスが良かったね。

これも、「ドクターX」以上にストーリーが単純で私向き。

西田敏行は、「ドクターX」にも「釣りバカ」にも出てら。  
Posted by brother_p at 23:55Comments(0)映画

2017年10月21日

映画「アトミック・ブロンド」を観たよ。

image経営計画発表会過ぎても、映画を観る習慣は変わらず。

会社からの通勤途中にイオンシネマがあるので、帰路帰宅前に映画が見られる。
「今日は映画でも見て帰るか」的な。
都会人みたいな、ハハ。

今回の「アトミック・ブロンド」、いつもの「お嬢さんの活躍するサスペンス・アクション」なのであるが、ヒーローものとはちと違う。
ベルリンの壁崩壊の年という時代背景で暗躍する東西スパイの話。

主演のシャーリーズ・セロンは、その腕利きスパイ。
ストーリーは複雑で、とても私じゃついていけない。

しかし、クールな展開と映像・音楽、その辺は私好みだなあ。
バイオレンスもね。
顔に青タン、全身傷だらけのシャーリーズ・セロンも。

評価=「クール女子の活躍で★★★★☆」
  
Posted by brother_p at 14:39Comments(0)映画

2017年10月20日

似てるよねー、中川家と。

image似てるよねー。

誰にって、楽天ゴールデンイーグルスのエースとストッパー。
則本投手と松井投手、お笑いの「中川家」(写真)似てるでしょ。

image近頃、劇場映画をよく見る。
その流れで、ネットの映画やドラマも結構見るようになった。

今回は、ドラマじゃないけど「M-1グランプリ2001」を見た。

第一回の「M-1グランプリ」は、17年前だったんだ。

014_51055137bbl1401151207005-p1その第一回チャンピオンで1000万円獲得したのが「中川家」。

現在でも「楽天家」と似てると思ってたが、若いころの彼らを見たらさらにその感を強くした。

似てるでしょ?
似てないか?
  
Posted by brother_p at 14:00Comments(0)お笑い

2017年10月19日

映画「猿の惑星」を観たよ。

image調子付いて「猿の惑星」を観たよ。
8作目?の今回は「猿の惑星・聖戦記(グレート・ウォー)」

第一作を50年近く前?学生のころ渋谷の映画館で見た。
それ以降のシリーズは、全部じゃないけどTVで。
そして今回、劇場。

これも私の好物ジャンル、但し女子は活躍しないけど。
いや、活躍してるか女子、10歳くらいの女の子が大活躍。

途中で「なんでこんな子が出てくるんだろう?」というのが伏線。
人類が滅び、なぜ猿の惑星となったのかが、ここに仕込まれているのだ。
う〜ん、なかなかの仕掛け、仕込み。

それは、映画を観てのお楽しみ。
サイナラ、サイナラ、サイナラ。

評価=「伏線よし。★★★★☆」  
Posted by brother_p at 21:30Comments(0)映画