2019年04月04日

Don't Rest In Peace.

FullSizeRender<内田也哉子謝辞全文>
私は正直、父をあまりよく知りません。「わかりえない」という言葉の方が正確かもしれません。けれどそこは、ここまで共に過ごした時間の合計が数週間にも満たないからというだけではなく、生前、母が口にしたように「こんなにわかりにくくて、こんなにわかりやすい人はいない。世の中の矛盾をすべて表しているのが内田裕也」ということが根本にあるように思えます。私の知りうる裕也は、いつ噴火をするかわからない火山であり、それと同時に、溶岩の狭間で物ともせずに咲いた野花のように、清々しく無垢な存在でもありました。 率直に言えば、父が息をひきとり、冷たくなり、棺に入れられ、熱い炎で焼かれ、ひからびた骨と化してもなお、私の心は、涙でにじむことさえ戸惑っていました。きっと、実感のない父と娘の物語が、はじまりにも気付かないうちに幕を閉じたからでしょう。けれども、きょう、この瞬間、目の前に広がる光景は、私にとっては単なるセレモニーではありません。裕也を見届けようと集まられたお一人、お一人が持つ、父との交感の真実が、目に見えぬ巨大な気配と化し、この会場を埋め尽くし、ほとばしっています。父親という概念には、到底、おさまりきらなかった内田裕也という人間が叫び、交わり、噛みつき、歓喜し、転び、沈黙し、また転がり続けた震動を、皆さんは確かに感じ取っていた。
 「これ以上、お前は何が知りたいんだ」
 きっと、父もそう言うでしょう…。
 そして、自問します。私が唯一、父から教わったことは、何だったのか? それは、多分、大袈裟に言えば、生きとし生けるものへの畏敬の念かもしれません。彼は破天荒で、時に手に負えない人だったけど、ズルイ奴ではなかったこと。地位も名誉もないけれど、どんな嵐の中でも駆けつけてくれる友だけはいる。
 「これ以上、生きる上で何を望むんだ」
 そう、聞こえてきます。
 母は晩年、自分は妻として名ばかりで、夫に何もしてこなかった、と申し訳なさそうに呟くことがありました。「こんな自分に捕まっちゃったばかりに…」と遠い目をして言うのです。そして、半世紀近い婚姻関係の中、折り折りに入れ替わる父の恋人たちに、あらゆる形で感謝をしてきました。私はそんな綺麗事を言う母が嫌いでしたが、彼女はとんでもなく本気でした。まるで、はなから夫は自分のもの、という概念がなかったかのように。勿論、人は生まれもって誰のものでもなく個人です。歴とした世間の道理は承知していても、何かの縁で出会い、メオトの取り決めを交わしただけで、互いの一切合切の責任を取り合うというのも、どこか腑に落ちません。けれども、真実は、母がその在り方を自由意志で選んだのです。そして、父もひとりの女性にとらわれず心身共に自由な独立を選んだのです。
 二人を取り巻く周囲に、これまで多大な迷惑をかけたことを謝罪しつつ、今更ですが、このある種のカオスを私は受け入れることにしました。まるで蜃気楼のように、でも確かに存在した二人。私という二人の証がここに立ち、また二人の遺伝子は次の時代へと流転していく…。この自然の摂理に包まれたカオスも、なかなか面白いものです!
 79年という永い間、父がほんとうにお世話になりました。最後は、彼らしく送りたいと思います。
6262C6BF-47E9-49B7-9C07-C7A72279C672 907B48CB-6302-4995-AC61-8A6D9FAD9E81
Fuckin' Yuya Uchida.
Don't Rest In Peace.
Rock'n'Roll.
  

Posted by brother_p at 14:00Comments(3)Rock!

2019年03月30日

親愛なるイチローへ

FullSizeRender3/28付シアトル・タイムズ紙に掲載されたディー・ゴードン選手の全面広告。
記憶にとどめたくて、丸パクリだけど全面転載。


親愛なるイチローへ

 まず最初に。私の素晴らしい友達で、今でも一番好きな選手でいてくれてありがとう。
 私が野球を始める前、「自分みたいに痩せた選手がいるんだ。だったら自分も出来るはず!」と思いながら、あなたを見ていたことを覚えています。あなたは、私が野球を始めるきっかけを作ってくれました。
 あなたは、エイボン・パーク(米フロリダ州、ゴードン選手の出身地)に住む少年のアイドルでした。野球のテレビゲームの選手に、あなたにちなんだ名前をつけたこともありました。
 (16歳だった)2004年、ヒューストンで開催された球宴で初めてあなたと会いました。午後3時ごろ、父とグラウンドに出たら、あなたはすでにウォームアップをしていましたね。球宴なのにですよ!? そんな選手、あなた以外にいませんでした。
 パワーヒッター全盛期のなか、あなたは自身の信念、そしてなにより、あなたを作り上げた文化に忠実でした。他の選手より、身体が小さくても、なんだって出来る! あなたは、そう教えてくれました。
 そして2012年。ドジャース(ゴードン選手が過去に所属)がシアトルに遠征したときのこと。私は遊撃のポジションから、あなたの動きをずっと見ていました。あなたの通算安打の積み上げにも貢献しましたよね。あなたに夢中になって守備に集中できなかったのです(ドジャースのみなさん、ごめんなさい。でもイチローだもん。わかるよね?)。
 翌日、あなたはヤンキースに移籍してしまいました。ショックでした。でも2015年、私がマーリンズに加入すると、数日後、あなたもやってきたのです!
 興奮しました。「イチローと一緒に野球ができるなんて、マジかよ? 俺が?」と。あなたに会いたくて、ジュピター(フロリダ州、マーリンズの春季キャンプ地)に予定より早く向かいました。あなたにドキドキしながらあいさつすると、「君の助けになるよ」と言ってくれましたよね。うれしかったです。「オレは“イチ”と一緒にプレーしたんだぜ! エイボン・パーク出身のオレがだよ??」。私の自慢です。
 この5年、あなたの存在が私にとってどれだけ大きかったのか、みんな分かっていません。イチ。これまで、私の人生にはうれしいこと悲しいこと……いろいろなことがありました。でも、あなたの友情はまったく揺らがなかった。いつだって私のそばにいてくれた。私が不当な扱いを受けたときだってね。
 あなたへお礼を伝えるのに、ツイッターやインスタグラムは適していないと思いました。だから、わたしはこういう形(新聞広告)であなたへの気持ちを表現しました。あなたの友情、教えがなかったら、そしてあなたが“秘密”を教えてくれなかったら(誰にも言わないよ)、いまのディー・ゴードンは存在しません。
 愛しているよ、ブラザー! あなたはいつまでも、私の人生の一部です。これからもオフの日は、私と一緒に打撃練習をしてくださいね。それが出来なくなることは、さびしいから。あなたを頼ることが出来なくなることも。
あなたのブラザー
ディー・ゴードン
(井上翔太訳)
     ◇
英文原文  続きを読む
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)スポーツ

2019年03月29日

北尾光司が死んじゃった。

IMG_00612月10日に亡くなっていたらしい。55歳。

大相撲で「北尾」の四股名で横綱となり、「双羽黒」を名乗った。
「双葉山」と「羽黒山」を合わせた、とんでもない史上最高力士の期待大の四股名だった。

8場所横綱を務めたが、部屋の女将を蹴って?廃業。

その後「スポーツ冒険家」を名乗った後、プロレスラー「北尾」としてデビューした。
その戦いぶりや態度は「半端」そのもので、大した戦績も残していない。

ただ、たまに放映するテレビは楽しみに見ていたものだ。
それもワクワク、「期待はずれ」の期待をしつつ。

一番印象に残っているのは、対高田延彦戦。
ハイキック一発でノックアウトされている。

この一戦、今でもたまにyoutubeでチェックして、楽しんでいる。

さて、内田裕也、萩原健一、北尾光司と、亡き人への追悼と賛辞とは言い難い書き方、否定的とも取れる書きようだったが、実は大好きな3人なのだ。

好きなタイプの3人なのだ。
なんと言われようとも「自分の人生」を生き抜いた。

「これぞ人生」とも言えよう。  
Posted by brother_p at 14:10Comments(2)プロレス

2019年03月28日

萩原健一が死んじゃった。

FullSizeRender萩原健一が死んじゃった。
3月25日、68歳。おっ!

テンプターズのショーケンだった。
楽器を弾かずボーカルオンリー、ストーンズ系のバンド構成だった。
曲はもろグループ・サウンズだったね。

私には、
FullSizeRenderスパイダース、テンプターズの順位だった。
ずっと下の方にタイガース。
その下にブルー・コメッツ。

「傷だらけの天使」の萩原健一だった。
俳優萩原健一を観てたのはこの時くらいか。

IMG_0063倍賞美津子と付き合っていた萩原健一だった。
あれは、不倫だったんだ。

萩原健一はいしだあゆみとの離婚後で独身?
そうか、アントニオ猪木か。

この頃「大阪で生まれた女」歌ってた。
これ、あんま良くなかった。
「愚か者」もね。
「エメラルドの伝説」方が良かった。

FullSizeRender大麻で捕まった萩原健一だった。
やっぱりね、みたいな。

突然切れる萩原健一だったようだ。

周りは特別な態度で受け入れていた萩原健一だった。

なんてね、ディスって書いてるみたいだけど、「だから好き」な萩原健一だった。

ひとつ年下。  
Posted by brother_p at 13:16Comments(0)バンド

2019年03月19日

「葵桜に亡き主人を偲ぶ」

IMG_3209
堤防の葵桜並木にお住まいの三橋美千子さん。

お住まいというより、葵桜の並木を造ったというほうが、正しいね。
その数85本。

その話に乗って母も桜を一本植樹した。

IMG_31632000年4月に他界した夫(私にとっては父)を偲んでのことだ。
以来毎月草刈り、立派な花を咲かすように。

それが今ではこんなに立派な桜を咲かせている。

FullSizeRenderそして母は、草刈りどころか一人では動けなくなった。
でもこんなに見事に咲き誇った桜の姿は、母の心に届いているのか。

三橋美千子さん、今回葵桜と彼岸花の本を上梓された。(写真)
葵桜2冊に続いて3冊目の出版だ。

写真は2冊目の「葵桜誕生秘話」き起稿した母の文。

岡田后代とあるが、母は「美代子」を結婚して「后代」に変えた。画数?
しかし、この記事の後しばらくして、「美代子」にもどしている。はは。

三橋美千子さんは、母より10歳年下の80歳。
体調を崩されたように聞いていたが、お元気だった。
桜並木沿いのご自宅で毎年この季節に、ガレージバザーをされている。

そこで妹がこの2冊を買っていた。  
Posted by brother_p at 10:27Comments(0)日記

2019年03月18日

内田裕也が死んじゃった。

IMG_0062内田裕也が死んじゃった。
3月17日、79歳。

樹木希林の後を追ってと言われてるけど、そんなこたあない。
そういうまとめ方好きだよなあ、みんな。

音楽は、立っていれど演奏せず、たまに発する「ロケンロー、シエケナベイベ」。
と言った印象だったけど、あの存在感。

主演の「水のないプール」もロックな映画だった。

写真のシングルレコードのタイトルには、
「ブルージーンと皮ジャンパー」
アダモのヒット曲。

ロケンローラーなのに、軟弱なA面だよね。

この頃は、プレスリーやクリフ・チャードのカバーが多かった。
内田裕也のイメージするロケンローラーは、なんとプレスリーだったのかもしれない。

1963年デビュー、ビートルズとモロ被りの当時のディスコグラフィーは、、、  続きを読む
Posted by brother_p at 11:16Comments(0)Rock!

2019年03月16日

ちょっと待って、訛っとるやん!

IMG_3178よく見てるyoutubeのKY先輩。
英会話のリアクションビデオを主に、アメリカ英語広めてる。

今日は、KOKI(キムタク’s daughter)の英語へのリアクション。

KOKIの英語を聞いて、

「ビックリしたね!結構喋ってます!」
と来て、
「ちょっと待って、訛っとるやん!」

イギリス訛りがあるというのだ。さすが、アメリカ人的表現。
KOKIはキムタクの娘というか、お母さんの工藤静香は以前「英語でしゃべらナイト」に出ていて、イギリス英語を勉強してるって。
ここまで書いてオチはこれじゃないよ。

「イギリスの訛りで喋ってるから、カッコイイじゃ無いですか。羨ましいって感じがするんですね。だってビートルズの音楽聴いて、ずーっとその英語面白いと思ってるからね」とKY先輩。

私も、英語はビートルズの歌で覚えたし。
そしてアメリカ英語に興味あるし。  
Posted by brother_p at 20:10Comments(0)英語

2019年03月14日

2人はホントに天麩羅が好き。

IMG_3168というわけで(どういうわけで?)錦で「あいかん3人」で天麩羅「きく新」
3人で食事は1年半ぶり、西先生囲んで食事をして以来。
今回は水野くんの古稀を自ら祝う会ということらしく、彼のおごり😇

味は、食通の彼のお墨付きだから、美味しい。
味オンチの私も鍛えられている?

品のいい海老3尾。
これを3人で分けるわけじゃないので、ご安心を😅

食事の後、コメダでだべって解散。

次回は年末、私の古稀という名目らしい。
お金貯めなきゃ。
  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)MG

2019年03月13日

ダイヤトニックコードの何たるかを教えよう。

IMG_3156弟子?の上達がいまいちなので(いやいや進歩してますよ)、音楽理論を教えようと。

いやその前に、曲の「耳コピ」か、と宿題をだして。

「行入」→「理入」→「行入」だね。

耳コピで学ぶのは、「ダイヤトニック・コード」だね。
「積み上げ団子」と「白鍵」で解説しよう。

ド レ ミ ファ ソ ラ シ 
C /Dm/Em/F /G /Am/Bm7♭5

なぜBm7♭5なのかも解説しよう。  
Posted by brother_p at 11:19Comments(0)ギター

2019年03月12日

20年前に植えた河津桜が、あでやかな花を咲かせている。

IMG_3140母と葵桜(河津桜)を見に行ったよ。
母が20年前、父が亡くなった年に植えた1本が、立派な花を咲かせていた。

先週末3/8が満開で、日曜の雨、昨日月曜の風と心配していたが、散らずにしっかり立派な花だった。

この植樹の首謀者M橋さんも、高齢にもかかわらず例年のようにガレージバザーを開いておられ、母との再会を喜んでもらえた😀

堤の舗装されていない径を、車いすで移動しながら桜を観たのだが、私の運転が荒かったので、母は大丈夫だったかな。
疲れが出ねばいいけどね。  
Posted by brother_p at 15:00Comments(0)日記

2019年03月02日

期待通りの、朝

IMG_3098確か富士山を眺めつつの経営計画合宿を初めて13年。

最初の3回くらいは、甲府市内。
4回目あたりからここ富士カーム、富士吉田富士山の麓。

重ねた3日間合宿で天気の悪い年もあったと思うが、それでも必ず富士山は顔を出してくれた。

悪天候の一日目、今回も目覚めれば「額縁富士」の2日目の朝。

ハズレなしというか、期待に沿ってくれる。
ムカシ、「巨人、大鵬、玉子焼き」ってあったなあ。
私ゃ、みんな嫌いだったけど。
  
Posted by brother_p at 11:53Comments(0)社長

2019年03月01日

今回のお迎えは? 富士はお休み

IMG_3090月イチの全社朝礼を済ませて、M社長のクルマで富士吉田に向かう。

3日間の「富士山中期経営計画合宿」、今回は大事な「中期計画」なのだ。
今回残念ながら少人数、名古屋一人、蒲郡一人、甲府一人、岡崎一人。

道中の高速、いつもは富士山が迎えてくれるのだが、今回は曇り・雨。

会場の「富士カーム」に着いても晴れず、今回のお迎えは2頭のケモノ?
鹿?トナカイ?  
Posted by brother_p at 13:00Comments(0)社長

2019年01月27日

チリも積もれば、30本。

お正月休み10日間飲み続けたが、それにとどまらず会社が始まっても飲み続けている。

今日も、お昼に中学の「古稀の会」の実行委員会。
これもワインで通した。
ランチバイキングで、ワイン飲み放題だったしね。

12月28日から1月27日までのひと月31日に30本を飲み干した。

1本足らない? それは先日1/26「二日酔い」の一日。パーフェクト直前にして、ならず。

IMG_2757IMG_2759IMG_2760
IMG_2767IMG_2768IMG_2828IMG_2855IMG_2798FullSizeRenderIMG_2869  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)

2019年01月26日

豊田市新春書初め選抜展で売り子をしました。

IMG_2888豊田市新春書初め選抜展は1月26日(土)、27日(日)、28日(月)の三日間開催。

入選者1400名の小中学生・特別支援学級の作品が展示され、その作品の載った「作品集」。

IMG_2887入選し展示された、自分の、子供の、孫の作品の載ってる本とあっては、売れ行き順調。

売り子二人もラッシュ時は結構忙しい。
ただし私は戦力外、静養に努める。
なるべくじっとしていて、役に立たない社長。

なのに売り子? 社長なのに売り子?なのだが、自社の商品が飛ぶように売れる現場を見ておくことは大事なのでね。

写真は、血染めのマスク。
今朝、ひげを剃ったのだが、二日酔いの震える手で、あごの皮膚を削ってしまった。
不気味な売り子だ。

この日の夜岡崎で、高校の同窓の「古稀の会」実行委員会。
18時から居酒屋さんであるということで馳せ参じたが、実は17時開始の間違いで遅刻してしまった。
行ったときはすでに会議は終わって、まさに宴会に入ろうという時。

体調回復しない私は、お膳を前に一口も食べられなかった。飲めなかった。

戦力外の一日。  
Posted by brother_p at 20:30Comments(0)印刷

西浦銀波荘、後悔の朝。

IMG_2878一泊新年会の朝。
5時には床を出て、昨日入らなかったお風呂へ。

けっこう長い時間をかけてお湯に浸かり、日の出を待ったのだが、なかなか出ないお日様。
結局は部屋の窓から眺める日の出、朝食会場に向かう。

昨夜の宴会場で、朝食。
みんな元気に集まった。

「じゃあビールでも飲もうか?」と言いかけて、私のすべての機能が停止した。
辛うじてわずかな思考回路だけが動いてる。

豪華朝食のお膳を前に、箸に手が届かない。
豪華なだけに、押されてまるで食欲停止。

私のお膳だけが手付かず、朝食終了。
年配の仲井さんが気遣ってくれたが、それも心苦しい。

二日酔いだ、、、

今日は豊田で書初め展、当社販売の入選作品集が売られる。
私は今から豊田に直行し、売り子の手伝い、、、

そして夜は、高校の同窓の「古稀の会」実行委員会が、居酒屋さんで。うぷっ。

なのだが、この分では私は「戦力外」、とほほ。
それより私、持つんだろうか。  
Posted by brother_p at 08:30Comments(0)

2019年01月25日

岡崎印刷組合、一泊新年会

IMG_2889愛知県印刷工業組合岡崎支部の新年交礼会は、毎年夕方から宴会ゆっくり飲んで一泊。
今年は、西浦温泉銀波荘。

早めに来た人は、お湯に入って宴会に備える。
IMG_2895私は(写真のように?)お風呂に入らず、大相撲をテレビで観てた。

今回の宴会は、「中締め」でなく、「乾杯の音頭」。
「中締め」はもうネタ切れになっていたので、助かった。

宴会が終わり、二次会はカラオケ大ホール、三次会は館内でラーメン、その日の内に部屋に戻った。
なかなか、節度を心得ているなあと思ったが大間違い。

随分とハジけてしまったようだ。
カラオケのリクエスト用紙に「カラオケうるさい。こんな店は真っ先に潰れる」と書いて、提出したようだ。
今回の我が会の幹事が怒られていた。

すまぬ。飲み過ぎたか。

訳あって宴会はワインで通したのだが、カラオケホールでは焼酎をガンガン、そしてラーメンにはビール、、  
Posted by brother_p at 23:59Comments(0)印刷

2019年01月19日

年末の誓い? 750ml、One Bottle A Day。

FullSizeRender末年始休み、エジプト旅行に行くつもりだったが、中止となったのだ。

そこで10日間の休み、ずっと家にいるとオクサンに告げたら、ひどく落胆された。

10日の休み、毎日750mlボトル1本、ワインを飲むこととした。
ポリフェノールを含有の赤ワイン、健康にも良いのだ。

IMG_2870 飲んだのはチリワイン、安くて美味しい。
美味しいと言っても、ワインの味わかんない私。
だいたい300円〜900円のものをコンビニで買ってくる。
それを休みの一日をかけて飲むのだ。

それで、10日間のみ続け。
ところが、会社が始まっても飲み続けているのだ。  
Posted by brother_p at 15:58Comments(0)

2019年01月16日

好位置キープ、「印刷と関連業界新年互礼会」

FullSizeRender1/16恒例の、平成31年新春「印刷と関連業界新年互礼会」
今年も300人が名古屋東急ホテルに集まった。
私のテーブルは、30卓のうち16番目卓。
金屏風から遠いけど絶好のポジション。
なんせ東急ホテル、料理が美味い。

IMG_2844実は例年、宴会の前15時から業界の「講演会」があるのだが、今回パス。
なんせ面白くない(失礼)、みなさん話はうまいけど(な〜んて偉そうに)。

でも今年は聴かなかったんでわからない。
(ディスってる?)はは。

IMG_2848宴会の途中、業者さんは回遊魚のように、テーブルを回る。
そのうちの洋紙代理店さん、年明け早々の各メーカー一律20%以上の値上げ。
それも通達一本で押し切る。
気持ちがいいくらい。
(でもカルテルだろうがあ)

それで、超低姿勢で印刷会社社長さんを回るのだ。
しかし私は「よくやったね。今の日本、値上げしなきゃダメよ。よくぞやってくれた。これで印刷会社も値上げしなきゃ。ありがとうね。」

洋紙代理店の社長さん、キョトン。

早速、うちの会社も顧客に「値上げお願い」というなの通達を送り付けた。
印刷用紙が20%上がっても、そのままお客に転嫁するのは、
「印刷価格の内、用紙代は印刷価格の20%(V%)」
なので、4%上がるだけなんだよ。

便乗値上げしなければね。
便乗値上げ(つまりうちの粗利MQアップ)しなくても、「物価が上がる」って良いことでしょ、安倍さん。

つまり、値上げは社会貢献。
やるなあ、紙屋。  
Posted by brother_p at 21:30Comments(0)印刷

2019年01月14日

会社まわりの草むしり、月2回

IMG_2825毎月第二・第四月曜日の朝は、会社周りの環境整備。

今朝は第二月曜日でB班担当、私の所属するB班だ。
B班と言うかかには、もうひとつはA班だろうと、いやそうじゃない。
もうひとつはP班、Brother Printingだから「B」と「P」、Bが先第二月曜。

8時45分から15分間の草むしり、みんな会社の側面とか裏庭の草刈なのだが、私社長は会社の入り口正面の生垣あたり。
近所の人にも「社長がやってるぞ」のアピールか?いやらし。

今朝はこんな収穫があった。(写真)
らっきょじゃないし、ネギでもないし。

なんかの球根、たぶんヒヤシンス?  
Posted by brother_p at 16:26Comments(0)近所平和

2019年01月13日

エレキベースの初心者向け7点セット。

IMG_2792「エレキベースの初心者セット」をネット通販で買った。
ベースギターYAMAHA TRBX174 OVS
ケーブル、ソフトケース、ストラップ、ピック、チューナー
ベースアンプVOX Pathfinder Bass 10
の7点セットで、39,800円。安いっしょ。

ベースプレーヤーとしてライブに出演てなわけでなく、自宅録音に使おうと思ってね。
ヨシヲ・スズキの練習にもね。

今までというか、昔の宅録1986年あたり(古っ!)
吉原さんにはおなじみの
Here Comes The Sun.
The One You Love.
So Much In Love.
Back In The USSR 
あたりは、ピアノの単音弾きをイコライザーかけてベースにしてたり。
ベースはベースじゃなかった。

以降ずっとね。
ベース無かったし、あったけど貸してたし、それもフレットレスのアコベーで私にはハードル高いしね。

この初心者セット安いけど、十分使えるYAMAHAのベース、実はベースの事よくわからないんでね。
いきなり大人買いで高いの買いそうだから、そのまえ前に先手を打って?

家でボコボコ弾いてるよ。


そういえば50年前、大学時代。
わたしのロックバンドのライブデビューは、実はベースとボーカル。
いやボーカルとべース。
ベースを弾きながらボーカルしてた。

レパートリーにママズ&パパズ(Mamas & Papas)の「Monday Monday」とか「California Dreamin'」
某お嬢様女子大の女性ボーカル二人を従えて??歌ってた。
ベースなんて聴こえやしないって、テキトーだった。
歌はしっかりしてたよ。

あ、その時のドラムがN田くんだ。思い出した。
先日の大森ライブでドラムに駆り出した元NHKのエグゼクティブ・プロデューサー、出世したもんだ(失礼)。  
Posted by brother_p at 19:00Comments(0)ギター