2005年10月04日

紙工作Go!

ひめくり「紙工作Go!」は日めくり。2006年版。

おりがみで遊ぶ365日というキャッチフレーズだ。
めくった後、紙を捨てずに家庭で折り紙をしてもらおうというわけ。
親子のコミュニケーション、幼稚園などを対象としたノベルティのほか、介護施設などでの老化防止にもGood! いや、Go!
コミPenも絡めていいかなと。

知り合いの家庭で、インターネットを悪用して悪さをした若者に、インターネットを取り上げ、毎日折り紙を折らせたという例もある。
かなりハマッて折り続けたようだ。ネットには見向きもせず。
  

Posted by brother_p at 17:40Comments(4)TrackBack(0)

2005年10月03日

石材店でBBQ

■藤石材昨日のまとめの講義の直前、KYくんからケータイにメールが入った。

お久しぶりです☆
夕方、私の工場で鉄板焼きします〜
よろしければ、来てください。
他に、INさん、AKさん来ます〜

石屋KYくんちは石材店、そこでバーベキュー。
17時に研修を終えて駆けつけた。
参加者4人に、10人前以上の食料とお酒。
18時から4時間以上かけても、食べきれない、飲みきれない。

最後に、デントーコーゲーシのKYくんの見事なグラインダーさばきを披露してもらってお開き。
ズボンもスニーカーも粉だらけになって深夜のご帰還となった。

今日になっても、今になっても、胃に(思い出が)残っている。  
Posted by brother_p at 17:15Comments(0)TrackBack(0)日記

2005年10月02日

シャンプー& リンス

ce369508.JPGいつまでも経営計画発表会ネタで申し訳ないが、昨日の朝のシャワー。
発表会の朝、シャワーを浴びているとき妙に高ぶっていた。
実は私、大のシャワー好き、それも朝。そのかわり風呂は入らない。

で、その朝はひとの会社の発表会なのに、普通でなかったようだ。
実はついさっき気付いたのだが、あの朝私は、シャンプー&リンスしたあと、ボディソープを使うつもりが間違えて、リンスを使って体を洗っていたらしい。
そういえば妙なヌメヌメ感があった。
いま思い出した。いま甦って来た。
間違いない。  
Posted by brother_p at 21:34Comments(2)TrackBack(0)

2005年10月01日

経営計画発表会

e0f8eb52.JPG立派な経営計画発表会だった。
社長の熱い思いに聴き入るうち、不覚にも涙が。
みんなもやるといい。
「うちのような会社がトンデモナイ。そんなことできるような立派な会社じゃない。」なんて言わないで。
社長が思いを語らずになんになる。
発表会をすれば立派になれるんデス。
立派な会社になる資格を得られるんです。
怖がらずに。  
Posted by brother_p at 22:20Comments(2)TrackBack(0)

2005年09月30日

善野菜

f1365f9d.JPG昨夜は帰宅して我が家で一泊。
今日明日はまた外泊。
明日あさっての○杉印刷MG研修。
結局今週の外泊率は七分の六、86%となる。
明日はMGに先立って○杉経営計画発表会がある。
佐藤社長緊張のオン・ステージだ。

さっきまで佐藤社長と水×印刷の■野専務と食事をしていた。
そこで次年度ジリュウカイ会長となる■野くんに衝撃の提案をした。
実行するかは30%だそうだが。

こんな建設的?な話が飛び交うのが善野菜。
前夜祭とはわけが違う。  
Posted by brother_p at 23:28Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月29日

タフな3日間

HCR会場HCRを終えて帰路の新幹線。
タフだけど楽しい3日間だった。

立ちっぱなしでコミPenの売り込み。
感触も良好。10月末のリリースが待ち遠しい。

印刷物・プリンタ出を「コミPen」でタッチし、意思伝達をするツール。
コミビラしかも自分のオリジナル・コミュニケーション・シートが作れる。
だから「コミPen/Penコミュニケーション・エイド」。

英会話スクールにも使いたいという案件も出てきた。
キャッチは、「This Is A Pen. This Is A Comi-Pen.」。
いいでしょ。

こだまだから、今浜松で通過列車待ち。それも2本。
足が棒。

キャンギャルの大変さが理解できた。  
Posted by brother_p at 20:00Comments(4)TrackBack(0)

2005年09月28日

世界最軽量?(HCR・2日目)

02837d4a.JPGいくら福祉と介護の展示会とは言え、ンなものをそこまで軽量化するこたあないだろう。
と思ったがそれは車椅子の話でした。スウェーデン製パンテーラ。

車椅子もいろいろあるもんだと感心。
障害もいろいろあるもんだと再認識。

会場の4割ぐらいを占めているのが、車メーカー。
モーターショーかと思うぐらい。
トヨタ、ニッサン、ホンダ、三菱、スバル、スズキ、書きもれあり?
車椅子のまま乗り込めるクルマの展示だ。
今後ますます広まりそう。いいのやら、、、

車により、世界が広がる。そのとおり。
インターネットのより、世界が広がる。そのとおり。
失うものも多い。そのとおり。  
Posted by brother_p at 23:55Comments(2)TrackBack(0)日記

2005年09月27日

バックステージ・パス/HCR

ba04471e.JPG今日のバックステージ・パスはHCR、国際福祉機器展。
車椅子等を扱っている(株)ユーキトレーディングさんの小間に間借りして、10月末発売の『コミPen』の販促。
ビッグ・サイトで三日間ビラ配りである。

国際福祉機器展HCRとは、International Home Care and Rehabilitation Exhibition、今年で32回目。目を見張る人出である。
同じくこの時期にビッグ・サイトで催される印刷業界のJAGASの倍の人出といった印象。
それと、何よりも来場者の食いつき。
身につまされているということなのだろうか。
危機に身につまされていない印刷業界ということか。言えるなあ。  
Posted by brother_p at 23:33Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月26日

バックステージ・パス(愛の地球博レポート・52)

パス写真は万博に待たずに入れる名札。カッコよく言うとバックステージ・パス。
名前は。「Ter*t* Ta**ka」になっている。内緒だが私はひとのパスで代理出席なのである。
ちょっとまてよと、左下のQRコードをケータイで読んでみると、
「1429430128010924092419400619男出展市民参加4440」

142943012801 は登録No.
0924 は日付だよね。入場日と退場日が同じ。
あ、男出展てのは、男を展示するんじゃなくて、性別。
私は男だからばれないか、と思ってしばらく経って、ちょっと待てよ。
も一度読んで見たら、
19400619 は、これは生年月日だぞ、きっと。
憶えとかないとまずいかな。
昭和15年6月19日生、私より9歳年上だなあと言ったら、オカダさん大丈夫です、と言われた。??。

帰るころになって気が付いた。
パビリオンに入るときも、「Rの方は遠慮してください。」 ??。
マンモスに並ぼうとしたときも、「見ないでいただきたいのですが」 ??。
そうか。
バックステージ・パスというものは、スタッフ用。
今回の入場も目的は会議の出席。
だから、有料入場者に譲ってください、ってことね。

知らなかった故に、少しだけ強引にパビリオンに入ってしまった。
反省。 ??。  
Posted by brother_p at 12:39Comments(2)TrackBack(0)日記

2005年09月25日

何の車? -愛・地球博/雑感・51-

救護車1Q:何の車?
A:万博の救護車
 (モリゾー・キッコロでばれてる?)

ロータリーのコンファレンスということで、バック・ステージ・パスで「並ばずに」入場した昨日。

文字通り舞台裏を通っていたら、かわいい車。
救護車2湘南あたりで、自転車の横にサーフボードくくりつけて浜に向かうって感じのビーイクル。
救護車って言うの、レスキュー車って言うの、当然伝道、いや電動。
会場をまわっている間、幸か不幸か、実際に活躍している場面に遭遇した。
小回りもきくし、いいかも知れない。

というわけで、せっかく?の万博。
引き続き「愛・地球博/雑感」を今後レポート(するかも知れない)。
  
Posted by brother_p at 21:34Comments(0)TrackBack(0)日記

2005年09月24日

あと一日、愛・地球博

89a49f0e.JPG?回目、の愛知万博に行った。
ロータリー館のさよならパーティーに代理出席。

会期終了間際になって、中央のTV番組も万博を取り上げるようになった。
トピックとして、
・目標1500万人に対して2100万人を達成した。
・30年前の大阪万博は6500 万人入場し、内容も刺激的であった。
赤富士・誰か行きましたか?の問いに、キャスターもコメンテーターも少し照れ臭そうに首をふる。
どの番組も一様に。

悲しき報道番組。
「ローカル視」という照れ臭さは、彼らを真っ当にする力になりえない。残念! 伝道、斬り!  
Posted by brother_p at 22:51Comments(5)TrackBack(0)

2005年09月23日

経営計画発表会

経営計画発表会秋分の日の今日は営業日。
9時から12時まで経営計画発表会。

社長の方針発表が2時間、部署長の部門計画発表が1時間。
社長の時間がどうも足らない。
来年は1日コースか。

今年度の方針のひとつ。
「問題解決」が商品、「問題解決」が業務。  
Posted by brother_p at 12:35Comments(2)TrackBack(0)社長

2005年09月22日

キャリアは5年。

お通夜お通夜に行った。
5年前に亡くした父の葬儀をした同じ斎場。

父の臨終を聞いた病院から電話で、何の情報もないまま葬儀をお願いした葬祭センターだ。

「中っくらいの部屋でいいです。」
しばらくして葬祭センターから電話があった。
「花輪が会場に入り切りません。」
「じゃあ入る部屋にしてください。」
葬儀当日、N山さん(私が幹事としてお仕えしていたRクラブ会長)が私に言った。
「あれえ、岡ちゃん。うちとおんなじお寺さんだ。奇遇だなあ。それにしても、祭壇が妙に小さいなあ。ケチったなあ、岡ちゃん。」
部屋は変更したが、祭壇までは気が回らなかった。こんな私だから葬祭センターの人もアドバイス(営業)してくれなかったんだ。
オイシイなあ。お経も短かったし、坊さんも一人っきりだったし。

4月4日に亡くなった父の葬儀。新入社員の最初の仕事?は葬儀参列だった。
ありがとうございました。
皆さんお世話になりました。

そして、
父から社長を(世に言う)継いで5年。
明日は経営計画発表会。
お通夜に来て、気負いが消えた。

Friend企業のAド○上は今日22日が経営計画発表会。N杉印☆は10月1日。
キャリアひと桁社長にとって大切な日が続く。
  
Posted by brother_p at 21:50Comments(0)TrackBack(0)社長

2005年09月21日

いけ! たいぞう。

たいぞう特別国会開会。衆議院選挙後の初登院。

ますます冴える「たいぞう」くん。杉村太蔵、26歳。
彼、すきだなあ。
武部さんがなんと言おうと、森さんが顔をしかめようと、それらはキミにとってみ〜んな追い風だぜい。
いつも見ていたいから、どんどんマスコミも取り上げてほしいなあ。(恋心のようだ)

歳費として税金使うなら、井亀(仮名)さんよりよっぽどお値打ち。
香具師のような演説で老人泣かせて、自分も泣いて。
まるで老人に金塊売るような、認知症にリフォーム売り込むような。
「やめなさい、仮名さん!」

すいません。
あさっての経営計画発表会の脱稿をしたところで、テンション高い!

写真は、はらだたいぞうです。念のため。  
Posted by brother_p at 19:01Comments(0)TrackBack(0)日記

2005年09月20日

みしのたいこせ。

本屋「パソコンで文章がうまくなる!」を本屋に行くたび探してる。
初版12,000部らしいので、かなりの書店にならぶはず。
写真は京都駅の書店。
先日新大阪駅構内でも発見した。
見つけると写真のように、見つけやすく、手にとりやすく、買いやすくしておく。

せこいたのしみ。

検索PCの置いてある書店で、「鐸木能光」で検索してみたら、たくさんでてきた。
随分書いてるんだなあ。  
Posted by brother_p at 23:59Comments(2)TrackBack(0)日記

2005年09月19日

手前ミソ

味噌カツ丼近頃新幹線に乗る機会が多い。
お弁当派ではないのだが、昼前乗車、到着後食事の時間がない、というわけで(仕方なく)お弁当を買うことが多かった。

あるとき買った名古屋名物「みそ丼」。
選択肢の多いお弁当売り場だったが、前の人が買ったのにつられて手にしていた。
味噌カツと味噌エビフライの乗っかっている丼。
やっぱり名古屋人、味噌カツと味噌エビフライ!って言われたくない、誤解だあ。
と心で叫びつつ買っていた。誰に言い訳してんだろ?

ちなみに、岡崎には二つの老舗の八丁味噌がある。
ひとつがこの「まるや八丁味噌」。
そして「八丁味噌カクキュー」。
どちらがお勧めかって? どちらも。と政治的発言。

NHKの来年4月からの連ドラはどちらを舞台にしたものでもなく、「まるキュー」という味噌蔵の話らしい。
NHKらしい。  
Posted by brother_p at 21:54Comments(7)TrackBack(0)日記

2005年09月18日

小泉純一郎はクラプトン

3dceb1be.jpg今日の話題、仲秋の名月(中国ではお盆)にしようか。
はたまた「96対94」にしようか。
トップで前原代表選出を告げる日経新聞の一面下コラム「春秋」はクラプトン!
クラプトンの音楽は、単純で印象的な旋律の反復(リフレイン)で中毒性があるのだそうだ。
パティとの不実の恋心を歌った「レイラ」を例にあげている。
郵政民営化という強力なリフを生み出した小泉首相を擬えているのだ。
う〜ん。何と言う例え。
やるじゃん、ニッケイ。

でもリフと言えば「レイラ」よりも、
ジャジャジョジャッ、ジャッジャージャジャージャ。でしょ、やっぱり。
またはクラプトンじゃないけど、
ジャッジャー、ジャジャジャージャ〜ジャ〜。
だよね。

問)さて、曲名はなんでしょう?  
Posted by brother_p at 23:00Comments(1)TrackBack(0)

2005年09月17日

シーズとニーズが出会い、触発する!

地震1中部大学テクノフェア2005のキャッチフレーズだ。
産官学連携によって、主に技術系大学の技術や研究成果を産業に活かそうということである。
コミPenに見られるように、印刷業と言えども固有技術とか研究体質とかへの道筋は必要であり、それが活性化、発展、存続につながると考えている。
なので、こういった会には参加するように努めている。
地震2会場にこんな張り紙。
『兵庫県南部地震の地震体験へどうぞ』
「行ってみよう」
震度7への興味もあったが、他の気持ちも動いた。
先日88歳で亡くなった義父は、阪神淡路大震災で被災し、体は無事だったが家は全壊。直後に逗子の介護付マンションに移り住んでいた。
10年経って先日亡くなったのである。

そんなこともあっての体験。
震度7は体験できなかったが、震度6は味わった。
衝撃である。恐怖感もすごい。

東海大地震が来るといわれて久しいが、なかなか来ない。
その間、東海地方以外の地域に地震を始め多くの災害が襲って来ている。
不公平だなあ。

テクノフェアは、10月31日・名古屋工業大学、11月11日・名古屋大学と催される。
行ってみよう!

  
Posted by brother_p at 19:40Comments(2)TrackBack(0)社長

2005年09月16日

ひとのブログを読まなくなった。

efa0055f.jpg4月から書き始めたブログも、どうやら毎日書きつづけられているようだ。

ひとのブログを読まなくなった。って書くと、このブログも読んでもらえなくなるかもしれないな。
読んでもらえない(アクセスしてもらえない)ことを恐れるブログ者もいるんだろうな。

Tiger2毎日欠かさず読んでるブログ:「インリン・オブ・ジョイトイの日記」と「伝道ヴァイブ」。
近頃読まなくなったブログ:「ホリエモン」「渋谷の社長」系。つまらない。おもしろくない。ためにならない。(ということは、インリンはおもしろくためになるということなのである。)

新社屋の設計をしている。
南にある丘の緑を拝借して、全面ガラスの眺めのよい社屋をと思っていたのだが、当社の仕事に窓は不要らしい。
社内を巡回してみると、すべての窓があかずのブラインドで遮光してある。
そーか。
PCのディスプレイへの映りこみが仕事のじゃまなんだ。

つまらない。
窓のない社屋。
変。  
Posted by brother_p at 11:16Comments(7)TrackBack(0)日記

2005年09月15日

「不動票」、腰を上げない有権者。

W & M振幅の激しい小選挙区。「浮動票」と言う名の「動票」。
実はほとんどの選挙区で、コイズミVS郵政反対。自民党以外は総理大臣を相手に戦わなければならない。
その結果が、、、

ところで、電子投票が実施されたらどうなるんだろう。
一気に「不動票」の動票化が起きそう。
認証技術よりも、そちらを恐れて電子投票が実施できないんだろう。
当選者・議員という既得権力がそれを阻む。ありがち。

なんか似てるなあ! 婦人参政権に。
アホな女どもに選挙権与えたらどーなる。って言ってたんでしょ、60年前は。

期日前投票に行く人が増えたように、それの何十倍、何百倍??も投票者が増えるよ。
やっぱり、アホな奴らに選挙権与えたらどーなる。って既得権者の臭いを感じるなー。

ちなみに私は陪審員制度にも肯定的です。裁判員制度には???だけど。  
Posted by brother_p at 09:29Comments(4)TrackBack(0)日記