2006年01月03日

キターーーーー(゜∀゜)ーーーーーッ!

1ee74e21.JPG二日連続で「電車男」を観たので、ブログも二日連続で「電車男」。

涙、涙の完結まで一気に観た。
これでハッピー・エンドじゃなかったら、しょーちしねーぞ、と。
ヲタクでもドラマニアでもない私を落としてくれる「創リモノ」の嬉しさよ。
サンボマスターの「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」、歌も良かったが、レスポール・ジュニアの音が良かった。

おかげで、松嶋菜々子米倉涼子松たか子と、伊東美咲の区別はつくようになった。
絵文字“キターーーーー(゜∀゜)ーーーーーッ!”も書けるようになった。
二度と書くこともないが。乙。  

Posted by brother_p at 23:58Comments(0)TrackBack(0)日記

2006年01月02日

キターッ!

電車男何の予定もない正月二日。

10時少し前から、つい見てしまった「電車男」11本一挙放映。
16時少し前まで、席を立って見そびれそうなところは、HDD録画・追っかけ再生でしっかりと観た。
連ドラの不得手な私は、オンタイムでは全く見ていなくて、それを一挙に見ようとは、オドロキ。
電車男の顔がだんだんイチローに見えてきて、エルメスの顔が知り合いの美人さんに見えてきて、ドキドキするようなシーンで15時45分、また明日!
また明日?
今日一日で11本じゃないんだ。
なわきゃないよね。
明日は9時15分から。
Gコードで予約録画を入れておいた。乙。  
Posted by brother_p at 18:50Comments(0)TrackBack(0)日記

2006年01月01日

震える字

年賀状元旦、年賀状が届いた。
宛名は直接プリントが圧倒的に増えた。
「筆ナンタラ」とか言うソフトのせいか、筆字もそっくり同じ岡田吉生が目に付いたり。
それはそれで価値の下がるものでもない。

そのなかに、震える手で懸命に書いた宛名の年賀状があった。
当社創業時から、父・伯父とともに当社を支え育ててきた方からの年賀状。
数年前に、病気になられてリハビリされてたとも聞く。

父は6年前脳梗塞で亡くなった。
伯父は年末に軽い脳梗塞になり、右手が少し不自由になった。
その方の病気は脳梗塞かどうかは忘れたが、手書きの文字が胸を打った。
ていねいに、ていねいに、きっちり書こうという意志に溢れていた。

プリンタの文字との優劣・良否を言ってるのではないよ。

寿命が延びると、患う病気も変わって来る。
みんな長寿を望み、めでたいことと言う。
でも、生命は永遠でないというのも真実。
昔は「人生50年」。
長生きすればするほど、喜びも悲しみも、良いことも悪いことも、増える。
それも級数的に増える。
それを受け止めるものは何か。
体の健康がもちろん大事だが、心の健康も大事。
いろんなことが起きる。
受け止める心の耐久力が大事。  
Posted by brother_p at 23:47Comments(0)TrackBack(0)日記

2005年12月31日

大晦日にボツネタ。

ワレナベニトジブタ。オオミソカニボツネタ。

この1年を振り返る大晦日。ふさわしいこと書かないとね。
10大ニュースと言っていた時代が懐かしいほどの昨今の連発する事件。
100大ニュースが適当なくらい。
今年の「人」に各局・各誌でトップランクは、ジャンルを超えて「HG」フォー。
ある局ではコイズミさんを抑えてダントツ1位だった。
あとはやっぱり「インリン様」。
12月25日ハッスル・ハウス・クリスマスでは、「涙のラストM字ビターン」で引退した。
私もつい涙が。
そして、イン卵を産んで高田総督に委ねた。
私に希望の光と泣き笑いが。「今までありがとう」。

事故さて本題ボツネタ。
写真は、確か春、夏前に一瞬ブログに登場したのだが、「あ、個人情報? ヤバイか?」と速攻で削除した「幻の名作」。
でも、どうしても見せたくて蔵だしボツネタ。
問題ないよね。ナンバーも隠れてるし。

あ、私がフロントガラスに映ってる。  
Posted by brother_p at 17:00Comments(3)TrackBack(0)

2005年12月30日

Roll Over Beethoven

第九明日は大晦日。

なぜか我が国日本では、一年中で一番、世界中で一番、いわゆる「第九」正確には「交響曲第9番合唱付」が演奏される日。
楽しみにし、また今ごろ準備に余念がない方々に水をさす皮肉な話に聞こえたら申し訳ないけど、書きたくなった。

「第九」の中の「歓喜の歌」の主題がEU(欧州連合)の国歌として選ばれ、憲法草案に盛り込まれている。
ということは、なぜか我が国「日本」は大晦日に「他国」の国歌を歌い上げる習慣(風潮)?を持ち合わせるという、奇異・奇怪な国になるということである。
またそのことを疑問にすら感じない国民が大多数としたら、この国のミステリアスさには世界中が唖然とすることだろう。

ってのは、この押し詰まった大晦日イブの「私の小さな懸念」である。  
Posted by brother_p at 14:27Comments(2)TrackBack(0)日記

2005年12月29日

1年間ご苦労様でした。

くりすますいぶ昨日は仕事納め。

午後から忘年会。
「クリスマス・イブ」というレストランを借り切りで食事会。
年中「クリスマス・イブ」という名のお店だが、クリスマス以降年内はなんとなく照れ臭い名前かな。
なくなくない?
ケーキ当社の忘年会は、アルコール無し。昨年からそうしている。
車社会なので、会社行事はノンアルコールが方針。
ノミニケーション(いまどき言わないか)は死語。

会の始めに「社長挨拶」。
「実は私、昨年末の忘年会ではこっそり飲んでました。」とカミング・アウト。
言えて良かったあ「桜の枝を折ったのは私です」。
これで、すっきりと新年を迎えられる。
と、せこい社長。  
Posted by brother_p at 16:13Comments(0)TrackBack(0)日記

2005年12月28日

年末状

年末状当社は年賀状を出さず、出すのは年末状。

年賀状だと、他の年賀状にまぎれて印象が薄い。
それに、年末・年始は会社も休みだから、見てもらえない。
せいぜい、1月5日。

年末状は、12月27日あたりに届くように投函する。
郵便局が、(半端な民営化で?)妙に気を利かせて元旦配達をしないように願う。
25日までに届くと、クリスマス・カードと勘違いされる。
もう届いてるはず。
届かない? 心配ご無用、私個人は年賀状。

そんなリスクを背負った今年の年末状を、ブログでもご覧ください。

明日から会社は正月休み。来年もよろしく。
でも、Blog Goes On!  
Posted by brother_p at 11:34Comments(1)TrackBack(0)日記

2005年12月27日

バック・オーライ!

バックオーライ大雪のあと、2日ほど寒さも和らいだ日が続いたが、今朝はまた雪がチラホラ。

写真は、数日前の朝
フシギな写真でしょ。
社屋横の行き止まり通路に駐まる通勤車。

タイトルをいろいろ考えた。
いつか来た道
車庫入れ、よーし!
Back To The Future.

どれもしっくり来ず、バック・オーライ。  
Posted by brother_p at 17:20Comments(4)TrackBack(0)日記

2005年12月26日

なんか似てるよね。

ライフセイバー姉歯事件:構造計算プログラムソフト耐震データの改ざん問題。チェックシステムが働かず。
みずほ証券事件:ジェイコム株の誤発注。訂正しようとしたがシステムが利かず。
織田信成オリンピック代表取り消し:フィギュア全日本男子表彰式後に採点ミスが発覚。システム導入の不備。

なんか似てるよね。
コンピュータを使っているけど、人間が振り回されている。

人類には、無理なんじゃないの? 
これって、ほんとに過渡期なの?
この「IT」とやら。

40歳代の経営者の論調にこういったものがある。
「団塊の世代の定年とともに、日本の企業のIT化は飛躍的に進む。」
だそうだ。
五十過ぎの親父たちが邪魔してるのだそうだ。
ほんとかねえ。そうかもしれないねえ。
私にはわからないが、
「そもそも人類には向いてない」説を支持したい気持ち。  
Posted by brother_p at 20:48Comments(2)TrackBack(1)

2005年12月25日

サンタが現れた!

サンタ12/24のクリスマス結婚式。
サンタが現れた。トナカイ連れて。

いつも思う。
サンタクロースって、クリスマス・イブは忙しいだろうなって。
よい子のいる家には、必ずこの夜やってくる。
それも世界中に。時差があるけど。

神様もそう。
昔、東京ヴェルディのビスマルクという選手が、ゴールをするとひざまずいて、必ず神に感謝していた。
その時神様は、確かに彼の前に現れて「よくやったね」と労っていた。
忙しいだろうに。

そんな荒唐無稽な話でなくても、昔、松下の社員は松下幸之助に思いを馳せると、幸之助の思いに触れることができた、ということである。

忙しく社長をやっていると、そんなことをよく考える。
有体にいえば、次元が高い人?は時間の使い方がうまいということ。

その極にあるのがサンタさん。でしょ?

コイズミさんも、激務にかかわらず、ちゃんと?執務をこなしているのだ。
どこ(の家)でサンタしてるかは知らないが。  
Posted by brother_p at 00:07Comments(4)TrackBack(0)日記

2005年12月24日

オンデマ・クリスマスバージョン

オンデマンクリスマスオンデマ・クリスマスバージョン。角つきオンデマン。
中味もリニューアルしています。

ところで、
このサイトのデザイナーはなんと今日結婚式!
天皇陛下の誕生日とイエス・キリストの誕生日の間の1日に結婚式をするとは。
Oh,Jesus!
天皇陛下万歳!
今日の幸せを永遠に!  
Posted by brother_p at 00:01Comments(0)TrackBack(0)社長

2005年12月23日

雪の朝

雪の朝今回の寒波襲来の中でも、たぶんピークの昨夜の豪雪。

一夜明けて、雪の朝
2階の寝室の窓から雪景色を撮ろうと、ケイタイのシャッターを押した。
写った写真が、コレ。

網戸が写ってる! はは。

写真は己を撮る、という。
深い意味はないけど。

「ああ、またアクセス数を減らす記事?を書いてしまった雪の朝」
かなり字余り。  
Posted by brother_p at 10:10Comments(0)TrackBack(2)日記

2005年12月22日

2005年プロレス大賞!

HG対インリン2005年プロレス大賞が発表された。

MVPは小島聡(全日本プロレス)
ベストバウト賞 小橋建太(ノア)VS佐々木健介(健介オフィス)
う〜ん。
MVPはインリン様、ベストバウトはインリン様 VS HG
とばっかり思っていたのだが、残念。
救いは、話題賞のインリン様は他の賞の受賞者をしのいで最高の得票率だったということ。
あたりまえです!

素晴らしいのは、
最優秀タッグ賞 曙(武藤部屋)、武藤敬司(全日本プロレス)
新人賞 曙(武藤部屋) 

よかったねえ。曙。  
Posted by brother_p at 20:23Comments(2)TrackBack(0)日記

2005年12月21日

コミPenリリース!

8debb193.JPGお待たせしました。
本日、コミPenリリース!

本日社長みずから、20本ほど荷造り発送。
そして夜は、UFJ銀行の若手?経営者の会「NF会」で1時間弱のコミPenプレゼン。

今、当社の旬の商品二つをご紹介。
コミPen:http://brother-p.jp/comipen/
ドキュメントスキャンサービス
:http://brother-p.jp/scan/

よろしく。  
Posted by brother_p at 22:05Comments(4)TrackBack(0)

2005年12月20日

みかん、バナナ。

ネクタイ某団体RCのクリスマス会。
我バンドは今回演奏せず、これも当会会員がメンバーのベンチャーズバンドの演奏。
演れない欲求不満からではないが、写真のビートルズネクタイを締めての参加。
これが意外と好評で、調子こいて悪乗り一発ギャグを乱発して大うけして(顰蹙をかって)いた。
(想像してごらん。)
締めたネクタイを上から下にテンポ良く指差しながら、「ジョン、ポール、ジョージ、リンゴ、みかん。」
悪乗りして、「ジョン、ポール、ジョージ、リンゴ、みかん、バナナ。」そのときちょうど指先は、、、

このネクタイ、うちの香港ガールのお土産。
好評につき(ひっぱられ、絞められ、奪われそうになったので)、香港娘に携帯からメールで注文した。8本。
迷惑だったかな、遠いところで売ってるみたいだし。  
Posted by brother_p at 23:48Comments(3)TrackBack(1)日記

2005年12月19日

雪に弱い?

雪の京都昨日からの雪。

全国的に大寒波の襲来らしい。
大雪のニュースが新聞でもテレビでも、目の前も。
またもや雪に弱い人間生活が露呈した。
台風に弱い、ハリケーンに弱い。
水に弱い。多くても少なくても。
話題の耐震構造も、それを上回る震度の地震が来たら無力。

そもそもの話が、定期的な水害により生活はすべて洗い流されるが、肥沃な土も運んで来るってこと。
天災・人災続きの昨今、不謹慎に聞こえるかも知れない。
でも、そういうことだよね。

写真は、岡崎の雪景色でなく、風流な雪の京都。
友人からのケイタイメール。
日曜日宴会明けの朝、驚きの雪景色レポート。  
Posted by brother_p at 19:30Comments(2)TrackBack(0)日記

2005年12月18日

盗難! 2トン、6億円。

Hムーア15日の夜、ブロンズの彫刻が盗まれたという。

ヘンリー・ムーア作「横たわる人体」2トン・6億円!
6億円と言えども、盗むのは大変だったことだろう。
でも、盗んでどうするのだろう。
善意の第三者に売るんだろうか?
この場合、第三者は善意なんだろうか?
または自分で所蔵し、鑑賞するのだろうか?
私なら(彫刻が好きなので)そうするだろう。
場所があれば。

なお、
作品を所有するヘンリ−・ムーア財団は、発見や保護につながる情報には相応の報酬を出すと言っているので、写真を参照されたし。
見つけやすそう。6000万円だよ、きっと。  
Posted by brother_p at 17:51Comments(2)TrackBack(0)

2005年12月17日

東京行き顛末

新幹線高松の夜の金崎さんから始まったコミPenトリオS・B・Fの超偶然。

今回も大小の「超確率現象」が起きた。
まず、高松から名古屋途中下車で本山ミーティング参加のFさん、東京までの切符を名古屋改札で取り忘れ。数時間後気づいてダメモトで名古屋駅に電話したら「え?有った!」

翌日は東京行き、名古屋駅新幹線ホームFさん以外は雪のため在来線の遅れ。絶望的に遅刻が新幹線も遅れ、Sさん悠々、私発車ぎりぎりセーフ。

東京駅で降りるつもりが、品川に変更。上ろうとしたホームの階段をゴミ捨てのため急遽変更したら「あれ!公○子ちゃん?」、確か知り合いとすれ違った?とケイタイみたら私には珍しく電話帳にある。
「今すれ違ったかも」と電話したら「懐かしいね。またいつか会いましょう。」
山手線、3人で座ったら、前に公○子ちゃんが立っている!
その後、何もなかったけど。

翌日、F社訪問の後、日本橋の創業100年の洋食屋さんで昼食。3人ともお金を払わず出て来た。わざとじゃないよ!

という旅を終わり、別々に東京より帰途についたのだが、その後FさんBさん激しい嘔吐と下痢。昨夜の生牡蠣かなあ。
私はなんともないよとメールしたのだが、その後時間差で超下痢。リキッド・タイプ。

コミPen、幸先良いやら悪いやら。22日発売。  
Posted by brother_p at 19:40Comments(0)TrackBack(1)日記

2005年12月16日

コガネもちのオヤジが、

ギター弾き中学生あたりからポップ・ミュージックを好み、ギターで歌ったり、バンドをやったりしていた。

大学生の頃、お金がなくていい楽器が買えなかった。
そんなとき、コガネもちのオヤジがほいほいブランド楽器を買って行くのを見て、
「弾けもしないのに、下手なくせに、オヤジがあ〜」と思ってた。
ところが近頃、弾きもしないギターをほいほい買っている自分がいる。
そして、(私より若い)バンドのメンバーに自慢したりしている。
(楽し〜い!と思いながら)反省もしている。

近頃、D-45を買ったオヤジがいるらしい。
高校以来だそうだ。
CとAmくらいしか弾けないとか言って買うなよ、D-45。
私なんて、FもGも楽勝弾けるのに、持ってない。

買おっ!  
Posted by brother_p at 20:36Comments(4)TrackBack(0)日記

2005年12月15日

優しい道具たち

道具1道具2







道具3道具4







道具5道具6







顔マウス212月13日に東京障害者ITサポートセンターで出会った「優しい道具たち」です。
「かおマウス」はこちらが現物。
先日紹介したのはパンフの写真。
ディスプレイと比べると、でかさ加減がわかるよね。

違いは眉毛があることだ。
眉毛を下げると、目を押し下げロックして「ドラッグ」となる。
左目=左ボタン、右目=右ボタン、鼻と口はポインタの移動である。

楽しい。  
Posted by brother_p at 21:00Comments(3)TrackBack(0)日記