2005年06月10日

飲み会。今週は毎日。

昨夜(6/9)は、飲み会。今週は毎日。

ロータリー会員の親睦をさらに深めよう、例会以外でもみんな仲良くやろうという趣旨で十数名の宴会があったのだが、結局は気の合う(合いそうな)人を集めて。はは。

場所は、「侍」。いつも集まる居酒屋さんの串焼きの味に不満げに、「もっと美味い焼き鳥で一杯やりたい」との要望が出て選ばれたお店だけに美味しい串焼きだった。

と言ってもわたしは味オンチ。
みんなが美味しいと言うからそうなんだろう、くらい。
グルメとはかけ離れているのに、グルメサイトを始めた。ははは。

e8cc0dc2.jpg写真は、煙る居酒屋さん。
いつもカメラ目線のノリヤスくんの顔が欠けてゴメン。
一人3,000円とお値打ちだが、んなわきゃない。
だれか偉い人が余分に出してくれていたらしい。
K出さん、ご馳走様。

今日は午後から村上へ。外泊の週末。
飲み会は続く。  

Posted by brother_p at 09:34Comments(3)TrackBack(0)日記

2005年06月09日

マンドリンの調べ

4718287a.jpg昨日(6月8日)17時より、NF会でマンドリンの調べ。
NF(ニュー・フロンティア)会はUFJ銀行の声かけの若手??経営者の会。

年に何回か主に葵丘倶楽部(今回は岡崎ニューグランドホテルだったが)に集まって、会員の社長さんに順番に経営のスピーチをしてもらい、その後ささやかなパーティで情報交換をし、懇親も深める。

今回は南部薬品の南部社長の番だったが、講演でなく南部社長の趣味の域を超えたマンドリンの演奏。南部社長のマンドリンの師・南谷博一氏(マンドリン博物館館長)を中心とするトリオの演奏が部屋に響き渡った。
その後、南谷博一氏の講演。そして懇親会。

伊藤レーシングの棚橋さん、三浦園芸の三浦さん、富士ファインの持留さん、東海理化の古澤さんと、本当の「若い」優秀な経営者さんたちと親しく懇談できた。

 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
オモテ・ブラザーHP、ウラザーサイト、同人ブラザー、オカザキングのバナーを右トップ下に貼った。コマーシャルっぽいが、ごめん。  
Posted by brother_p at 11:58Comments(0)TrackBack(0)社長

2005年06月08日

オカザキング現る!

cb8e0c98.jpgオカザキング現る!
ブラザー印刷提供の岡崎グルメサイト。

PCでも、携帯でもOK。
現在、掲載は無料。ただし、自薦はダメ、他薦。
http://okazaking.com
QR OKAZAKIMG  
Posted by brother_p at 16:31Comments(4)TrackBack(0)社長

2005年06月07日

あいかん3人で食事

梅の花昨夜(6日)は友人と会食。
5月4日付ブログ「高松に行きました(2)」で紹介の、かつての有名人?愛環塾の3人で、昨夜食事をした。
水野雲宝くん、加藤清春くんと私の3人。
何年ぶりだろう、3人で会うのは。
少なくとも昨年は会ってない。
場所は、名古屋栄のゆば料理「梅の花」。
おじさん3人は興奮気味にゆばを作りながら食べた。
一人7300円の割り勘。

そのあと、カフェでコーヒーを飲んでおとなしく帰宅。

今日はいまからロータリークラブで卓話をする。
コミボを紹介しようと思う。
もうひとつ、新登場「オカザキング」の紹介。
オカザキング!?? 乞うご期待!!  
Posted by brother_p at 15:11Comments(0)TrackBack(0)日記

2005年06月06日

コミボの正体。

こみぼ1開発コード「コミボ」の正体をお教えしよう。
怪人物の正体に続いて、「正体」シリーズである。

開発中のものは、主に言語障害者さん(脳性まひ・筋ジストロフィー・脳梗塞等による言語障害、etc)向けのコミュニケーションツールである。
写真のようなコミュニケーションシートを用意し、それを特殊なペンでタッチする。
コミボ2シートには特殊な印刷技術でデータが刷り込んである。
ペンの先はUSBでPCにつながっていて、音を出したり、しゃべったり、写真が表示されたり、動画が動いたり(ダブってる)する。
プログラムを作動させることもできる。

現在、ソフト開発と並行して、障害者さんへのヒヤリング、販売ルートの開拓など、進行中なので、情報のある方はお寄せください。

そんなツールを今年の9月リリースを目指して開発中なのだが、印刷屋さんが多角経営ですか?と問われれば、いいえ、当社の守備範囲ですと。。

「コミュニケーションの支援」「シートは印刷物」であるからして、ウチの仕事なのである。
  
Posted by brother_p at 15:59Comments(1)TrackBack(1)社長

2005年06月05日

怪人物の正体。

正体5月27日付の疑問にお答え。怪人者の正体。
休日のバカネタで失礼。
でも、これやらやらないと、私的には酸欠状態になる。

写真は、「真実を写す」と書く。





 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
ポスカ同人BROTHERオープン!
同人作家さん向けオンデマンド印刷
小ロットポストカードの決定版


オンデマンオンデマン登場!
ウラザーサイト「ブラザー印刷のオンデマ!」開設


 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)日記

2005年06月04日

やっぱり、馬場が好き。

ドリー中杉印刷の佐藤社長は5月30日が誕生日。彼のブログで、渡辺恒雄ナベツネが同じ誕生日と知った。そこでお祝いのポストカードを送った。ナベツネの撮った鳥の写真のポストカード。
翌日5月31日の佐藤社長のブログは前日の貴乃花の死。彼は自分のかつてのヒーローの死を悼んでいた。彼は自分の誕生日にヒーローを亡くしたことになる。
ばばフィギュア待てよ。私の場合は?と、ジャイアント馬場さんをGoogleしてみた。亡くなったのは1999年1月31日、私の誕生日とちがった。佐藤社長がうらやましい。

Googleしてみたら、人格者として評価されていたジャイアント馬場さんに対して、いろいろな記事?が出てきた。
いわゆるネガティブ情報。私は免疫があるから??大丈夫なんだけど、2チャンネルというか、にちゃんねるというか、兄ちゃん寝るというか、それ系のサイトで興味深い(という余裕をかまして読んでいただきたい)書き込みがあった。
私にはどうでもいいけど、、、系の話。
馬場さんはおおらかに見えて、結構セコかったとか、金づるはどこだとか、奥さんの影響力が多かった(D球団のO監督みたい)とか。
興味は無いけど(ありうる話だから)、話題性の話として、日本プロレス時代には大仁田篤(当時NWAジュニア世界チャンピオン)を愛していて、晩年は三沢だったとか、実は力道山も馬場を愛していて、猪木はそれを嫉妬していたとか。。。
みーんなそれは「アリ」の話。
真実でも噂でもいいのである。
プロレスだから。。
  
Posted by brother_p at 22:45Comments(6)TrackBack(0)

2005年06月03日

時計の針は、うなぎパイ。

針うなぎパイ工場の時計の針は、うなぎパイ。
うなぎパイファクトリーと浜松ビジネスウィーク2005の見学視察に行った。
夜のお菓子うなぎパイの意味も今回わかった。(写真参照:エッチな意味ではなかったんだあ)と言いながら、ほんとはシモだったんじゃないのって、実は思ってるんですけどね、、、

夜Q夜A







うなぎパイデカうなぎパイと記念撮影。
うなぎパイ見学ツアーのコンパニオンさんに、「写真撮影の時には、チーズじゃなくて、うなぎパイーって言うんですよー。」とご指導いただいたが、私はマスク。
誰もツッコミを入れてくれず、いつもの孤独なボケ。(と言いつつシャバにケンカ売ってます。)

舞台は変わって、こぢんまりした浜松ビジネスウィーク2005。
浜松発情報発信コーナーつまり展示会もそこそこにセミナーに潜り込んだのが、海外ベンチャービジネスセミナー。
ノーネクタイの三人の講師はシリコンバレーで会社を経営する若き社長たち。
しかし、ノーネクタイの似合わないベンチャー社長。ホリエモンみたいに似合ってない。(見てくれに関しては救う余地の無い、ですよね。京子さん、直子さん。)
畑違いの見学会のように思われるかもしれないが、技術開発委託とか、当社開発商品の展示プレゼンのイメージとか、大変いい情報が得られた。

その後、岡崎に戻って、懇親会つまり宴会のはしご。
一色屋」さんと「みなみ」さん。  
Posted by brother_p at 16:06Comments(1)TrackBack(0)

2005年06月02日

中根洋写真集『絹の道−シルクロード20年の旅−』

f3b6e616.jpg中根洋写真集『絹の道−シルクロード20年の旅−』が刊行された。
印刷はもちろん技術の!ブラザー印刷。
242×257mm、176頁、フルカラー。
中根洋先生は大正15年生まれの79歳。高齢にもかかわらず、この20年に28回もシルクロードを訪ねられ、その集大成が今回の写真集。巻末「おわりに」の結びの言葉で、
「私のシルクロードの旅はこれで終わったわけではない。まだまだ行かなければならない遺跡がある。これからのも老骨に鞭打って続けていきたいと思っている。」と語る。

この写真集の刊行に合わせて、下記写真展も開催される。というよりは、毎年定期開催の写真展に合わせてこの写真集が刊行されたのだ。
c919578c.jpg-------------------------------------
写真展「シルクロードの旅−20年の足跡」
平成17年6月9日(木)〜6月14日(火)
画廊まる庄
この写真は、「朝の鳴沙山と莫高窟」
-------------------------------------



<広告>ニューサイト・オープンというか。リネーム、リニューアルでアル。下記。
 ☆  ☆  ☆  ☆ 
ポスカ同人BROTHERオープン!
同人作家さん向けオンデマンド印刷
小ロットポストカードの決定版


オンデマンオンデマン登場!
ウラザーサイト「ブラザー印刷のオンデマ!」開設
  
Posted by brother_p at 20:11Comments(0)TrackBack(0)社長

2005年06月01日

軽装で変わるか霞が関 『ネクタイ=ちょんまげ論』

クールビズ「軽装で変わるか霞が関」とは衣替えの今日の報道。「クール・ビズ」とかなんとか言って、国会議員がノーネクタイで照れ臭そうにご出勤。
小泉さんのご満悦も照れの裏返し?
TV報道では似合うとか、似合わないとか。まあ、望むのも無理。

私は、月に25日位はノーネクタイ、仕事でも。
何故だか参加のロータリークラブも、たまにネクタイをしていくと冷やかされる。
「ネクタイをするといい男だね。きりりと締まる。」だと。
ネクタイをしないと締まりがなく見える(感じる)らしい。ロータリアンも、国会議員も。

『ネクタイ=ちょんまげ論』?と言うのがある。
ルポライターの山根一眞(やまね かずま)さんが言っていた。
文明開化で帯刀を止め、ちょんまげを落としたとき、そのザンギリ頭を見て、
「なんとしまりのない。ちょんまげはキリリとしていたのに。」と嘆くコンサバ諸兄。
ちょんまげもネクタイも、前の時代の遺物。たしかそんなことを言ってたと思う。
なんか痛快で、よく使わせていただいた『ネクタイ=ちょんまげ論』。


<広告>ニューサイト・オープンというか。リネーム、リニューアルでアル。下記。
 ☆  ☆  ☆  ☆ 
ポスカ同人BROTHERオープン!
同人作家さん向けオンデマンド印刷
小ロットポストカードの決定版


オンデマンオンデマン登場!
ウラザーサイト「ブラザー印刷のオンデマ!」開設
  
Posted by brother_p at 17:07Comments(0)TrackBack(2)日記

2005年05月31日

ニューシティ岡崎協同組合解散

70ff5008.jpg14時からニューシティ岡崎協同組合(略称:NCO)の第14回通常総会。この総会議事承認後、解散が決まった。JR岡崎駅東土地区画整理事業の進展のもと、14年間まちづくりに取り組んできたNCO、私は最近3年間それも事情のわからぬまま、いきなり副理事長として参加して来たがその間、ホームページの開設、よさこいグループ「きららえんくう」の立ち上げ、「岡崎の南ウォーキング・プラン」といろいろ経験させていただいた。

NCOこの解散を機に、かつて当組合で催した「JR岡崎駅周辺地域・いまむかし写真展」「JR岡崎駅周辺地域・いまむかし語り」を編集し、写真300点と文と解散時のホームページを編集したDVDを制作することになった。
ホームページ(今リンクさせているが、近々このHPは消滅し、「見つかりません」の表示がでる。)は弊社で制作させていただいたり、今回のDVD制作もブラザー印刷でさせていただくことになった。ありがたいことである。

と、婉曲にウチはこんな電子メディアもやれることを、それとなく宣伝させていただいた。と言うわけ。。。

NCO総会のあと、名古屋で「コミボ」の打合せ。
4人で食事をしながらなんと4時間。前向きな人との語らいは、あっという間に時が経つ。
ちょこっとバラすと、「コミボ」は、障害者さん向けのコミュニケーション・ツール。
9月リリースに向けて開発中。乞うご期待。

 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
オンデマンオンデマン登場!
ウラザーサイト「ブラザー印刷のオンデマ!」開設
  
Posted by brother_p at 15:16Comments(0)TrackBack(0)社長

2005年05月30日

アカシアの大連はいま

f402735f.jpg愛読の雑誌に『人民中国』がある。日本語で書かれているが、編集・印刷は中国。毎号毎号印刷品質が良くなっている。2005.6月号の特集は『新旧が同居するアカシアの大連はいま』。
昨年のちょうど今ごろ5/23〜5/29、アカシアの花の香る大連と新陽、北京を訪ねた。山梨の井上社長、うちの社員の王くん、私の3人旅行。
記事を読んで、1年前がよみがえってきた。

南満州鉄道大連で雇ったガイドは確か超さん。40歳くらいの小柄のお嬢さん。「翻訳」>「通訳」と職業を変え、いまは「ガイド」。外国語を操る同じような職業かと思ったら、まるで違うようだ。
その超さん、子供の頃貧乏で食べるものもなく、お母さんは(食べられそうもない)アカシアの花を食べて、体中が痒くなったような話をしてくれたことを思い出した。それで、超さんは一生懸命勉強して今の仕事に就いたそうだ。

「日本では、魚と一緒にアカシアを食べると大丈夫ですよ。」と、私。
「知りませんでした! どんな魚ですか?」と、超さん。
「サンマ!」と、私。

超さんにはウケず、井上社長と王くんには無視された。


 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
オンデマンオンデマン登場!
ウラザーサイト「ブラザー印刷のオンデマ!」開設
  
Posted by brother_p at 16:32Comments(0)TrackBack(0)社長

2005年05月29日

詳説 ほほえみマスク V.1.0

今日は、ほほえみマスク V.1.0の解説をしよう。

中学生だった私に衝撃を与え、母のミシンで作り、学校へかぶって行ったのは「デストロイヤー」のマスク。
今回ミキくんが作ってくれたのは、デストロイヤーのアメリカンプロレス型のマスクと違って、メキシコで飛んだり跳ねたりプロレスの「ルチャ・リブレ」型。
ミル・マスカラス、ドス・カラスに代表され、代表技はフライイング・クロスチョップ。メキシカン・ストレッチなどの技も渋い。この流れにタイガーマスク、獣神サンダーライガーもこの流れといえないこともない。
ほほえみマスク V.1.0もこれ系。

マスク解説<左上>前から。目と口部分はメッシュで大きくとってあり、激しい戦いの際の通気性を確保している。視界も良好だが、飲食はできない。この写真からは確認しづらいが、鼻の部分はメッシュなし。
<左下>上から。額部分には「ほほえみマーク」。次のバージョンでは凶器頭突きのコインが入れられるよう、ポケットにしてくれと注文しているのだが、デザイン上の制約から却下されそう。
さくTシャツ<右上>横から。ベースの色は、オレンジの桜庭カラーを使っているのがよくわかる。耳に当たるところに、ブラザーロゴマークの「フライイング・B」があしらわれている。(反対側でないと「B」と読めないか)
<右下>後から。ほほえみマスクの正体は興行政策上トップ・シークレットなので、編み上げの紐で厳重に剥がしにくくしてある。


 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
オンデマンオンデマン登場!
ウラザーサイト「ブラザー印刷のオンデマ!」開設
  
Posted by brother_p at 18:29Comments(2)TrackBack(0)日記

2005年05月28日

Drive, Ride, Walk

昨日(5/27)は社団法人岡崎法人会の通常総会。総会議事があって、講演があって、懇親会。4月5月は総会の類が多い。
懇親会の席、H南部支部長(本会では副会長)が、同じ南部支部のTさんとSさん(共に本会では理事)と私(ペー)に、「今後、南部支部の会合は自転車にしようよ。」と提案。
TさんとSさんは同意。クルマをとっくに放棄した私は、もちろん異議のあろうはずが無い。
Hさんの意図は、スローな生活顔の見える街づくりとこれからの社会のあり方を見据えてのこと。

e21a0073.jpgちょっと待てよ。私はすでに歩いている生活。歩いていけるところに自転車に乗っていく必要はない。時間が節約できるか……。歩くのと自転車に乗るのをどこで切り替えるんだろう。悩むほどのことじゃないが。
考えてみたら、クルマの人は歩くと乗るをどこで切り替えてるんだろう。想像だが、私が自転車に乗ろうという距離よりも、クルマを選ぶ距離ってかなり短いにちがいない。
クルマは何かを奪ってる(と偉そうに)。

私は、いろいろな交通手段から「自分の足」を選ぶことが多い。もはや運転することは選択肢にない。運転免許はもっている。わたしのようなペーはこれがないとビデオ(古い)を借りるときに身元証明できない。

今は仕方なく、歩いているが、
お金が許せば、自転車を買い、
さらにお金が許せば、バイクを買い、
さらにお金が許せば、軽自動車を買い、
さらにお金が許せば、普通自動車を買い、
さらにお金が許せば、高級国産車を買い、
さらにお金が許せば、高級外車を買う。
ってことが「きまり」じゃないけど、
「きまり」のごとく思ってるひとが(ほんのひとにぎり?)いる。

交通手段は、会社の役職とか、兵隊の位とかような序列じゃないし、ましてや人間の価値じゃない。

「私は自転車が好きでのってます」なんてお嬢さんがいたら、カッコイイし、うれしいね。

「俺もクルマが好きで乗ってるんだ」って人は、自分より高級車に引け目を感じたりしないよね。  
Posted by brother_p at 17:54Comments(1)TrackBack(0)日記

2005年05月27日

ほほえみ仮面(仮称)Version I

384aa93c.jpg昨日のネタを引きずって、、

ミキくんがマスクを作って持ってきた。
ほほえみ仮面(仮称)Version I である。眉間に輝くレッドのほほえみマーク。
かぶってみたら、私としては満足な出来なのだが、ほほえみマーク近辺のシワが気になるという。Version II を作ってくるという。気のすむようにしたらいい。私には止められない。

写真は、正体不明の怪人物が社長室でマスクをカブっているところ。
後ろのポスターは、私のイラストとサイン、誰かの顔と誰かのサインに見えるが、櫛の通ってない髪は確かに私だし、サインは Yoshio Okada と読める。
パクリと取られる向きもあるが、印刷会社の社長がそんな知的所有権を無視するようなことをするはずがない。右下に見えるロゴも BEATLES に見えるが BROTHER である。
間違いない。

 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
オンデマンオンデマン登場!
ウラザーサイト「ブラザー印刷のオンデマ!」開設
  
Posted by brother_p at 10:57Comments(4)TrackBack(0)日記

2005年05月26日

Keep off the grass. J+Y

b35499ff.jpgうちの会社の後ろには、イオン・ショッピングセンターがでんと控えている。みんなにはイオンの前でジャマしてる会社と言われている。
その地の利があってか、時々仕事中にふらりと散策にいく。

タワレコに行ったら、ビートルズ・コーナーに「30cm LP」らしきものがあった。手にとって見たら本! 『ビートルズからのラブ・レター[日本語版]』、リンゴ・スターと他の3人がやり取りした51通のポストカードの本だ。
原題は『POSTCARDS FROM THE BOYS』。

ミキくんに電話して、ダブらないのを確認して買った。というより、先に買って見せびらかしたいのだ。

BOYSの手書きのPOSTCARDSが見開きに1通(裏表)ずつ! 汲めど(掘れど)尽きないお宝がよくも次々に発掘されるもんだ。

KEEPOFFなかでも気に入ったのがコレ!
『Keep off the grass. J+Y』

「芝生に入るな!」かと思ったら、
「マリファナは控えなさい! ジョンとヨーコ」。

「J+Y」が「ジョンとヨーコ」てのもいいね。


 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
オンデマンオンデマン登場!
ウラザーサイト「ブラザー印刷のオンデマ!」開設
  
Posted by brother_p at 21:13Comments(2)TrackBack(0)日記

2005年05月25日

オンデマン登場!

弊社の今年度のキャッチフレーズは、「On! Demand」

On Demand は、「要求の毎に」と言った意味だが、「オンデマンド印刷」On Demand Printing または、Print On Demand(POD) といったネーミングで、弊社は主に印刷物を「必要な時に、必要な物を、必要な形で、必要なだけ」お届けするサービスを提供している。
極端に言うと1冊でも。本音は5冊から。

デジタル・コンビニエンス・ビューローDTPDPT(ディティピ・ディピティ)というShopを開設し、オンデマンド印刷を始めたのが1997年だから8年間になるのだが、今年は改めてお客様の需要を喚起しよう、「需要にスイッチ・オン!」ということで、上記「On! Demand」を掲げた。弊社のコアスキルにも「オンデマンド印刷技術」を謳っている。
ところが昨年のIBMのテレビCMで盛んに「On Demand」、それもスイッチのオンをイメージさせるものが流れていた。
パクリじゃないよ、という宣言?のためにもここに記しておこう。

3f87bc02.jpgそこで今、オンデマン登場。

このページ右に弊社HPバナーが貼ってあるが、これは「オモテ」のブラザーで、もうひとつ内緒の「裏ザーサイト」と称する「ウラ・ブラザー」HPが存在する。
HPにあまりコテコテと並び立てても、一般ネチズン(古い表現!? 知ってる人なんていない?)は読む気を無くしてしまう。
そこで! ヘビーユーザ、パワーユーザのためのコテコテ「ウラ・ブラザー」を作っている。

そのウラザーのひとつ、「ブラザー印刷のオンデマ!」サイトが本日リリースしたのでご覧いただきたい。

オンデマンオンデマン登場!
ウラザーサイト「ブラザー印刷のオンデマ!」開設
  
Posted by brother_p at 13:30Comments(6)TrackBack(0)社長

2005年05月24日

「ペット」 作:社長、絵:木河

98e58e24.jpg


20日で退職した木河くん。
在職時に、伝説?の4コマまんが「ペット」という漫画を描いた。
作:社長、絵:木河、である。
伝道ヴァイブ的な漫画なのでここに掲載する。

社長・木河コンビで、毎日1作ずつ出し続けるプランがあったが、「ペット」を含む2作しか出来なかった。原作担当の私が書き続けられなかったため。

この、幻の4コマまんがのシリーズタイトルは、
「起承転々」。


漫画家「木河 楊(キカワ ヤン)」を今後よろしく。

また、ブラザー印刷もマンガ同人作家さん向けのポストカードセットを提供しています。  
Posted by brother_p at 14:44Comments(2)TrackBack(0)社長

2005年05月23日

バス車中にて

af924009.jpgクルマに乗らない私はバスに乗る。バスカードも持っている。5000円で5750円分乗れる。クルマを運転するのは好きでないが、バスに乗るのは好きである。いろいろな人が乗っているのでおもしろい。だから乗るのという訳ではない。クルマがないので重要な移動の手段なのだ。

昨日乗ったバスの中での出来事。
高校生くらいのお嬢さん(バスにあまり乗ったことがなさそうだった)がバスを降りようとして、5000円札を両替機に入れた。(つまり、降りる時払いのワンマンカーである。)5000円札は両替されず、戻ってきた。

「5000円は両替できないよ。」と運転手さん。
「えーっ! どうしよ。お金ないよ。」とお嬢さん。(もっと今風のセリフだったが、おじさんはうまく表現できない。)
「ないんじゃしょうがないね。こんど乗ったときに払ってね。」運転手さんは50歳過ぎくらい? (当然ながら)少しも咎める風もなく。
「え? ……。?」
「だからサ(とやさしく)、次に乗ったときに払ってもらえばいいよ。」
「あ、あの。この整理券を見せるんですか?」
「ん、まあ。今回は180円だから、今度乗ったら余分に180円払ってもらえばいいよ。」
(次にったって、払う気なかったら払わずに済んじゃうんじゃない)と思ったんでしょうね。そんなんでいいのって。
運転手さんの反応が、本当に意外(マジ意外)だったみたい。

特別お人よしの運転手さんじゃないよ。普通の運転手さんだよ。『おとな』はみーんなそうするよ。
それで『こども』は次回(忘れちゃうか、払うのが恥ずかしくて)払わないかもしれない。払うかもしれない。どっちでもいい。

言いたいこと。
お嬢さんは、圏(レルム)の橋を渡るチャンスを得たみたい。この幸運を掴んで欲しいね。幸せな人生のために。

マジ老婆心の注1) やさしい運転手さんの「美談」の話じゃありません。念のため。
注2) 会社からクルマを買ってもらってない社長の私は、バスカード代を会社からいただいている。あはは。
  
Posted by brother_p at 19:27Comments(5)TrackBack(0)日記

2005年05月22日

また行きました。愛・地球博、雨。

turkyそんなにいい万博ですか?と言われても困るが、また行きました、愛・地球博。
今回はロータリークラブ例会を「ロータリー館」で開催するというので。うちの例会は午前中に終わり、そのあと世界中の囲碁の大会?をこのロータリー館で催したことを夕方のテレビの(ローカル)ニュースで知った。

berry今回のトピックは「トルコ・レストラン」。
シシケバブやトルコビールよりも、目的はベリーダンス。40分後のショータイムを目指して、私OYとINさん、KYさん、AKさん、KY(その2)さん(彼が一番ノリノリだった)、FSさん、WAさん、MTさん、IHさんの9人は、ステージ一番前の席に陣取った。踊りのあとKY(その2)さんは、激しい腰の振りで踊り子さんの衣装からはずれ落ちたビーズを拾っていた。どうするのだろう。
前回と違って今回は、(意識的に)群れから離れることなく、私にしては珍しく、上記数名の団体行動に従った。以前団体でUSJに行ったとき、数名と一緒に行動を(共にしたがる習性が我が民族の多くにあるようで)共にしたことがあったが、時間の大半をお土産あさりに費やされ閉口した。今回は、どこのパビリオンに行こう、あのレストランに行こう、と言うと、並ぶのイヤだの、おもしろくないだのって人(Wさん、Fさん)がいたが、このお二人も含めてメンバーに恵まれ楽しく回れた。
といっても、午後になってとんでもない大雨になり、不人気パビリオンは「雨宿り」大混雑となっていた。不人気パビリオンにとっては幸運。入場者も意外なパビリオンを見る機会が出来、幸運。お天気の神様もなかなかやるじゃん。
mexico
注1)雨の対策をしてでかけましょう。でないと私のように(MEXICO音楽の野外ライブを見てたため)芯までずぶ濡れになります。それと、晴れても日差し対策は万全に!
  
Posted by brother_p at 21:15Comments(4)TrackBack(1)日記