2006年01月19日

法の目をかいくぐる。

東証「法の目をかいくぐる」というのは、合法なのか違法なのか。
合法だから、かいくぐれるんだよね。
かいくぐることが目に余ったら、法を改正する。
これが正しい手続きと思う。違うかなあ。

違法または違法性を感じながらやっているのは違法、または「ダメもと」。
よく、見つかってから「見解の相違」と言い逃れる経営者がいるが、これは間違い。
見解の相違ではなく「ダメもとでやりました」が正しい用法。
大きな違い、わかるよね。

わかったか! おろかな者ども!  

Posted by brother_p at 12:12Comments(4)TrackBack(0)日記

2006年01月18日

地方紙にコミPen

東海愛知今朝の東海愛知新聞に「コミPen」の記事が掲載された。

取材に来たのが昨日の11時、掲載が今朝。
さすが日刊新聞のスピード感である。
印刷会社としても、驚くスピードだ。

仕事として長く活字にたずさわっているにもかかわらず、自分のこと、会社のことが(活字となって)新聞等のメディアに載るというのはうれしいものだし、偉くなったような気までしてくる。

また、地方局だがNHKでも放映された。
経済レポートという番組の中で、7分ほど。
こちらもうれしいね。

次は「トレたま」?


コミPenサイトが、ちょこっとリニューアル。
マウスでペンタッチ。
社長としてはお気に入り。
  
Posted by brother_p at 14:31Comments(4)TrackBack(0)日記

2006年01月17日

ヒューザー小嶋社長国会証人喚問

小嶋う〜ん。
この作戦だったか!
「証言を拒否します。」
欲求不満がつのっただけの国会証人喚問。
弁論を武器とする「政治家」の実力とはこんなもんか。
かといって、検察や裁判官に対する期待も薄いけど。

実は、私の年初めの大事な「社長の仕事」に「謝罪」があった。
年末にあった当社の重大なミスに対しての、謝罪と対策の報告をお客様にするのは、「社長」の仕事である。
社外に委託、つまり外注でミスをした製品を、当社の検査で見逃し、お客様で(大事に至る前に)見つかったものである。

今回の「強度偽装」で考えると、
受注者、つまり元請ブラザー印刷は「ヒューザー」
当社担当者は検査機関である「Eナントカ」
外注先は構造設計者「A歯設計」
もちろん「悪意か過失か」という違いはある(まだ強度偽装事件は、犯罪かは明らかになっていない)が、仕事の仕組みは同じだなあ。
と、身を引き締める思い。

誤解のないように、
当社の外注先は悪意でもなければ、間違いを隠したものでもない。
一応、念のため。  
Posted by brother_p at 17:45Comments(0)TrackBack(0)日記

2006年01月16日

肉の価値・牛の価値

ももじろう焼肉を食べた。それも高い肉を選んで。

味オンチの私にもわかる流石のおいしさで、ん〜ん、満足。
ところで、
おいしい肉って何で高いんだろう。
高い肉って何でおいしいんだろう。

食べる「人間」にとって価値があるけど、牛にとってみたら肉がおいしかろうがまずかろうが、ウシ同士の価値に関係ない。

と、たまの贅沢に舌も脳も痺れて、わけのわからんことを考えてしまった。
気にしないでください。
「それは市場経済、、、」なんて言わないでね。  
Posted by brother_p at 20:12Comments(1)TrackBack(0)日記

2006年01月15日

たたずむ少女

こどもたたずむ少女。何がほしいのかなあ。

13日、14日の愛知県印刷工業組合50周年記念事業「プレゼン市場」コミPenは好評のうちに終わった。
2日目の午後には、「コミPen持ってないの?」なんて言葉が流行ったり(???)。

会場は名古屋栄ナディアパーク。
昼食には事欠かない盛り場のド真ん中。
昼食に行く道筋(豚骨ラーメンだったが)、一人の少女がウィンドウの前にたたずんでいる。
なにがほしいんだろ。
昼食の帰り、まだウィンドウの前に立っている。寒いのに。

顔を覗き込んだら、目も鼻もない。
それどころか、顔は真っ黒。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(2)TrackBack(0)日記

2006年01月14日

プレゼン市場(いちば)

プレゼン市場「プレゼン市場(いちば)」は愛知県印刷工業組合50周年記念事業。1月13-14日開催。
「プレゼン市場」「セミナー市場」の2本柱。

「プレゼン市場」は業界の展示会なのだが、従来展示会と言えばメーカー・ディーラー主導で、Fフィルムとか、Xロックスとか、Hイデルベルグなんてところが出展していた。
ところが昨今は「あなただけのソリューションをお届けします。」という風潮なのだが、展示会で周知することとは、矛盾が生じるよね。
印刷会社がみんな採用したら、「私だけ」にならない。

ということからか、近頃は印刷会社自身が独自の技術・商品を出展する展示会も増えてきた。
しかし、なかなかオンリーワンとはなり得ず、単なるサプライヤーそれもよくある商品の、なんてことになりかねない。

ご安心! 我が方にはコミPenがある!  
Posted by brother_p at 19:38Comments(0)TrackBack(0)日記

2006年01月13日

小さな偶然も

モデル超確率現象といかないまでも、群発地震の如く小さな偶然連発。
写真はコミPenのデモ用コミュニケーションシート。
1月9日、コミPenデモに行ったK野瀬印刷でこのシートを見て木野○社長、
「あ! この女の子知ってるよ。」
(ン? このシートは高松で印刷したはず?)
イタリア料理の本を持ってきて著者の写真を示し、
「ほら!」
(ホントだ。)

13日、コミPen出展の「ビジネス市場」。
出展者参加の夜の交流会の向かいの席に、Yタカ印刷のS谷社長とコラボレートしているシステム会社の二人。
Yタカ印刷は旧知の会社。システム会社はなんと高松の会社。
コミPen開発のF社も高松。H市社長もことも良く知ってるんだって。

偶然も続くと驚くよね。
偶然も続くと慣れるよね。
  
Posted by brother_p at 23:35Comments(0)TrackBack(0)日記

2006年01月12日

超確率現象・あいさつ回りの編

岡崎市史超確率現象・あいさつ回りの編
いただいた1本の電話からお付き合いが始まった出版社J舎さん。わたしは初めての訪問。
長野で出版社勤務をされていたI社長が独立して名古屋で設立したというJ舎さん。アパートの1室で4人で仕事をされているファミリーな会社だ。
どうしてこの会社に(営業につれられて)あいさつに行くんだろうと思いながらの訪問だった。
社長さんと話しているうち、話題が妙にかみ合ってくる。
J社さん刊行の「○○の古い町並み」といったような豪華本を見ながら、
「こういった古い町並みの写真を、たまたま地域のお役目柄で私も持っているんですよ」と私。
I社長はその瞬間に興味ありげにもうすでにメモを取り始めている。
(この仕事がすきなんだなあ。)
歴史本の編集の話題となり、
「弊社は岡崎市史を印刷させていただいていて、編纂室の先生には非常にお世話になりました。」と私。
「その方のお名前は?」
「岩月榮治先生です。」
「私のおじです。」と岩月社長(そうか!)。
なんという偶然。

帰り際、同行の担当営業に、「なんで(数あるお得意さんの中から、それも4人の)J舎さんを選んだの?」
「誘われて行ったJ舎さんの飲み会がすごく楽しかったもんですから」
なんだよ、それ!  
Posted by brother_p at 21:02Comments(0)TrackBack(0)日記

2006年01月11日

印刷物の賞味期限、情報の賞味期限。

プロレス誌今日は終日、担当営業に同行して(少し遅いが)年始回り。
あるお得意様で、月刊広報誌の印刷納期を従来の3週間から2週間に短縮して欲しいとの要望があり、もちろん了承した。
(社長がお得意様を回ると、難問を受けてしまうことがままあるが、これはその類ではない。と言い訳?誰に?)
3週間では(原稿収集から広報誌発送までに)情報が古くなって、用をなさないと言うのである。
その通り。用をなさないものは、不用となり、不要となる。

プロレス雑誌がある。
よくコンビニで売られてるやつだ。
ドームとかでプロレスの大きな興行があって、その結果がカラーを含む100頁ほどの雑誌に印刷され店頭に並ぶまで、なんと3〜4日。
印刷に携わるものとして、いくらDTP・CTPが進んだとはいえこのスピードはスンゲエなあ、と感心していた。
ところが、近頃その雑誌の発行部数が急激に減っているという。
試合結果は瞬時にネットで情報が得られ、ウンチクも誌上でなくネット上で語られる時代が来たということ。
印刷会社が、機械の大きさとスピードを誇り、納期は重要な「品質」と誇った時代は、急速に去ろうとしている。  
Posted by brother_p at 21:36Comments(3)TrackBack(0)日記

2006年01月10日

なくていいもの。

サスケ成人式成人式が、また荒れた。

地方自治体主催の成人式なんてなくていい。
もちろん国主催でも。
官でなくて民がやれば、騒ぐ人は来なくなる。
騒いだら警察呼べばいい。
レストランで騒いだら、そうするでしょ。

ほかになくていいもの。
・甲子園
・紅白歌合戦

なぜって、共に観ないから要らない。
ないほうが世の為、なんてことも思ったりする。  
Posted by brother_p at 11:05Comments(0)TrackBack(2)日記

2006年01月09日

総立ち三題。

収穫祭新年なのに古い話からごめん。

古い話。
足腰弱いな、と思ったのが数年前の加山雄三ベンチャーズバンドのツアー。
K田さんに誘われて名古屋市民会館へ見に行ったら、観客は全員着席。
小田和正の勝ち(負け?)。

もっと古い話。
10年以上前、高校生だった長女Mと二人で、なぜか平日に行ったマイケル・ジャクソン・ジャパンツアー東京ドーム。
コンサートが始まって、即立ち上がったら「お父さん、止めてよ(恥ずかしい)。」
「何いってんの。周りみんな立ってるよ。」「!」
少しは(お父さん)尊敬されたかな。父親Y。
多分、その直後、冬休みに入り同級生と行ったマイケル・ジャクソンでは、「慣れてんのよ」といった感じで自慢げに長女Mは立ち上がってたはずだ。間違いない。

昨年末の話。
吉田に負けた小川。
「一緒にハッスルしてくれ」と小川の誘いを吉田は拒否したが、小川の「それでは皆さん起立をお願いします。」というハッスルの誘いに会場総立ち。
吉田が勝ったか(負けたか?)知らないが、「ハッスル」は支持された。
今年はイン卵がどうなるか、注目のハッスル。今年一番の楽しみ。
  
Posted by brother_p at 21:55Comments(6)TrackBack(0)日記

2006年01月08日

私じゃない私、発見。

白黒第九--------------------------------------
いつまでも変ることのない友情を
勝ち得たもの、
誠実な妻を得たものは、
誰でも歓びの歌に入ろう
そうだ、少なくとも一つの魂を
自分のものと呼べる人は
そしてそれができぬ人は全て
涙して友達の輪から去りなさい。
(ベートーヴェン「交響曲第九番」岡田吉生氏訳)
--------------------------------------

おいおい、なんてこったい!
私じゃない私がこんな事をしていたとはね。
水を差してバチでも当たったか。
もうしませんので許してください。

子供の頃「晴れたる青空、ただよう雲よ」と習った私です。
岡田吉生です。
未だ昨年からの話題を引っ張ってる私です。
ヨシオです。  
Posted by brother_p at 00:08Comments(2)TrackBack(0)日記

2006年01月07日

Sponsored by TOYOTA

toyotakaikan昨日今日とトヨタ自動車とトヨタ関連各社にお年始。
社長のお仕事。
今日?土曜日? そうトヨタカレンダー。

トヨタ会館のロビーにイチローの柔道着と谷亮子のユニフォーム、あ逆だ。
イチローのユニフォームは、もらった役員が寄贈。
谷亮子はトヨタ自動車所属。

そういえば、サザン・オールスターズの年末ツアー(の録画)を見て知ったのだが、ツアーのスポンサーはトヨタ。

小田和正クリスマスライブ、中居くんがゲストで出たやつも録画を見た。
観客総立ち・立ちっぱなしのサザン・ライブ座席いらねえじゃねえの?と違って、小田和正ライブは圧倒的に座ってる観客が多かった。ような。
年齢層か、足腰が弱そう。

つけたし:
トヨタ年始懇談で「駅伝を見ず電車男を(初めて)見た」同じ正月の当社担当GMさん。  
Posted by brother_p at 17:24Comments(0)TrackBack(1)日記

2006年01月06日

足折れ、カタナ尽きても

駅伝来た年賀状の添え書きに「第九も年末の風物詩」。
そうですね。
コメントの「通りすがり」さんも昨日通りすがりに来社された。

第九と同じような「水をさす」ようなネタ。駅伝。
考えてみたら、二日間「電車男」は二日間箱根駅伝の裏番組、オタク駅伝(ゴールはもちろん、秘密の場所・屋上)の企画と絡めてた。
今ごろ気づいた。
と言うほど、私は駅伝に興味なし。
感動のドラマとやらにも。

足が折れても走る。脱水症状でも走る。
足が折れてる走者に、沿道の観客は「頑張れ!」と言う。
走者は走れなくなっても、走ると言う意志を示さなければならない。
残酷だなあ。次の走者にタスキを届けないと「負けちゃう」。
連帯責任? いいや監督の裁量・能力だよね。
走者のがんばりに期待する監督なんていないと思うが、心配。
1600mリレーとはわけが違うのよ。監督が問われる。

長年、日本特有のスポーツ?だった理由もこの辺かも知れないなあ。

水差し発言、ゴメン。
電動水差し。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)日記

2006年01月05日

垣間見る新年

垣間見る昨年12月28日、当社の忘年会はショートケーキのデザートで、15時には終わった。
アルコールを入れないと年忘れできない数人は2次会へと向かったのだが、いかんせん早すぎ。
「社屋予定地を見に行こうか」との私の提案に賛同して、夏前にはできるはずの(今は姿かたちもないが)建設予定地を見に行った。
簡易フェンスで囲ってあって、中が見渡せない。

隙間から覗いた。
「広いっすねえ」
「楽しみですね」

今年は、新社屋とコミPen。
フェンスの向こうに未来を垣間見る。

さあ、明日は仕事始め。  
Posted by brother_p at 19:35Comments(0)TrackBack(0)日記

2006年01月04日

赤信号、みんなで渡ればなお怖い。

交差点1月4日朝、8時30分。
出かけようとバス停までの道、当社前の(正確に言うとイオン・ショッピングセンター前の)交差点に来ると、まるでクルマの姿が見えない。
昨日1月3日の大渋滞とはえらい違いだ。
正月に出疲れたか、まだ仕事を始めてる会社が少ないのか。

わたしは急いでいたこともあって、赤信号で5車線道路を渡った。
あ、渡っちゃうんだ、といった感じの自転車に乗った高校生君が二人いたが。
自己責任、事故責任。
そこにいたのが、幼児か小学生だったら渡っていなかったけど。
もうひとつ、急いでいなかったら渡っていなかった。

分離帯のシグナルが、たぶん事故だろうね、破壊されていた。
クルマもこわれたんだろうなあ。
人はどうなったのかなあ?

1月4日朝、8時30分。

当社は、1月6日より営業。  
Posted by brother_p at 23:12Comments(6)TrackBack(0)日記

2006年01月03日

キターーーーー(゜∀゜)ーーーーーッ!

1ee74e21.JPG二日連続で「電車男」を観たので、ブログも二日連続で「電車男」。

涙、涙の完結まで一気に観た。
これでハッピー・エンドじゃなかったら、しょーちしねーぞ、と。
ヲタクでもドラマニアでもない私を落としてくれる「創リモノ」の嬉しさよ。
サンボマスターの「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」、歌も良かったが、レスポール・ジュニアの音が良かった。

おかげで、松嶋菜々子米倉涼子松たか子と、伊東美咲の区別はつくようになった。
絵文字“キターーーーー(゜∀゜)ーーーーーッ!”も書けるようになった。
二度と書くこともないが。乙。  
Posted by brother_p at 23:58Comments(0)TrackBack(0)日記

2006年01月02日

キターッ!

電車男何の予定もない正月二日。

10時少し前から、つい見てしまった「電車男」11本一挙放映。
16時少し前まで、席を立って見そびれそうなところは、HDD録画・追っかけ再生でしっかりと観た。
連ドラの不得手な私は、オンタイムでは全く見ていなくて、それを一挙に見ようとは、オドロキ。
電車男の顔がだんだんイチローに見えてきて、エルメスの顔が知り合いの美人さんに見えてきて、ドキドキするようなシーンで15時45分、また明日!
また明日?
今日一日で11本じゃないんだ。
なわきゃないよね。
明日は9時15分から。
Gコードで予約録画を入れておいた。乙。  
Posted by brother_p at 18:50Comments(0)TrackBack(0)日記

2006年01月01日

震える字

年賀状元旦、年賀状が届いた。
宛名は直接プリントが圧倒的に増えた。
「筆ナンタラ」とか言うソフトのせいか、筆字もそっくり同じ岡田吉生が目に付いたり。
それはそれで価値の下がるものでもない。

そのなかに、震える手で懸命に書いた宛名の年賀状があった。
当社創業時から、父・伯父とともに当社を支え育ててきた方からの年賀状。
数年前に、病気になられてリハビリされてたとも聞く。

父は6年前脳梗塞で亡くなった。
伯父は年末に軽い脳梗塞になり、右手が少し不自由になった。
その方の病気は脳梗塞かどうかは忘れたが、手書きの文字が胸を打った。
ていねいに、ていねいに、きっちり書こうという意志に溢れていた。

プリンタの文字との優劣・良否を言ってるのではないよ。

寿命が延びると、患う病気も変わって来る。
みんな長寿を望み、めでたいことと言う。
でも、生命は永遠でないというのも真実。
昔は「人生50年」。
長生きすればするほど、喜びも悲しみも、良いことも悪いことも、増える。
それも級数的に増える。
それを受け止めるものは何か。
体の健康がもちろん大事だが、心の健康も大事。
いろんなことが起きる。
受け止める心の耐久力が大事。  
Posted by brother_p at 23:47Comments(0)TrackBack(0)日記

2005年12月31日

大晦日にボツネタ。

ワレナベニトジブタ。オオミソカニボツネタ。

この1年を振り返る大晦日。ふさわしいこと書かないとね。
10大ニュースと言っていた時代が懐かしいほどの昨今の連発する事件。
100大ニュースが適当なくらい。
今年の「人」に各局・各誌でトップランクは、ジャンルを超えて「HG」フォー。
ある局ではコイズミさんを抑えてダントツ1位だった。
あとはやっぱり「インリン様」。
12月25日ハッスル・ハウス・クリスマスでは、「涙のラストM字ビターン」で引退した。
私もつい涙が。
そして、イン卵を産んで高田総督に委ねた。
私に希望の光と泣き笑いが。「今までありがとう」。

事故さて本題ボツネタ。
写真は、確か春、夏前に一瞬ブログに登場したのだが、「あ、個人情報? ヤバイか?」と速攻で削除した「幻の名作」。
でも、どうしても見せたくて蔵だしボツネタ。
問題ないよね。ナンバーも隠れてるし。

あ、私がフロントガラスに映ってる。  
Posted by brother_p at 17:00Comments(3)TrackBack(0)