2016年03月31日

社長様へお渡しください。

image特にレイアウトに工夫があるわけでもない、訴求力という言葉から程遠いファクシミリ。

冒頭に手書きで、
「いつもお世話になっております。
  社長様へお渡しください」

つい手に取ってしまった社長の私、読みはしないけど。

我が社の営業方針も、「社長さん」に会える営業を目指している。
社長さんもしくは「意思決定者」狙い。
印刷発注窓口の「担当者」じゃなくてね。

「担当者」の手柄は単価低減。
「社長さん」の手柄は利益増。投資と回収。
粗く言えばね。
利益増を手柄と思う「担当者」さんでもいいんだけど……。

担当者に「ぜひうちも見積もりに参加させてください」じゃいかんのよ。
営業マンは、社長さんにどんな話をして差し上げられるかが実力となる。

私は社長なので、私に会う営業マンは「社長に会っている」ことになる。
面談を受け入れる時も、この営業マンはどうやって社長を攻めるのだろうという興味から会うことが多い。
自分ちの営業を思い浮かべながら。

なかなか、社長と臆せず話をするのもハードルの高い事なのだろうからね。
社長という人種も、他の会社構成員と違うし。

なんて事もあって、ファクシミリを手に取って見てしまうのだよ。  

Posted by brother_p at 22:34Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月29日

衝動買いも

image衝動買い派?である。
そんな派があるかは知らないが、調べて迷って比べて買うタイプじゃない。

アイドマとかアイサスとか、購買者の行動パターンには当てはまらないんだろうな。

衝動買いと言っても、ギターくらいかな、実害?のあるのは。
ぶらぶらとイオンに寄って見ようかなという時は、要注意なのだ。
楽器屋さんがあるのだ。

先日、会社の帰りにイオンに寄った。
そう書くと、ギターを買った言い訳かと思うでしょうが、そうじゃない。
行ったのは楽器屋さんでなくて、生活用品のコーナー。

気が付いたら買っていたのは、ダンベル。
2kg×2個セット、1,598円。

行って即買ったもんだから、その4kgを持って楽器屋さんに行ったり、結構ぶらついて帰った。
重かったなあ。

だったら、帰り際に買えば良かったじゃない、と言いたいところでしょうが。
そこが衝動買いの哀しさ、じゃなくてね。

ダンベルの機能目的って、重いものを持って体を鍛えるってこと。
ぶらついてる間、ずっと持ち続けるって、理にかなってるよね。
我ながら、納得?  
Posted by brother_p at 15:51Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月26日

テーマは「友情と寛容の話を広げよう」(RYLAレポート)

image今回のRYLAのテーマは「友情と寛容の話を広げよう」(サブタイトルだけど)。

それを元に若者たちが議論を繰り広げる。
その中で、リーダーシップを培っていく。
そんなセミナーなのだ。

今回も、海を見下ろす素敵な環境の美浜少年自然の家に、百数十名の若者が集まった。
高校生、大学生、社会人、インバウンド。

私は、開催委員会のメンバーとして、分科会のカウンセラーとして参加した。
カウンセラーの役目は見守ること、運営と進行は昨年までのRYLA修了生(ライラリアンという)の若者がリーダーとなって進めていき、また次代のリーダーを養成する。

今回取り上げた「友情と寛容」は、若者には難しいテーマだったかもしれないが、しっかり考え議論されていたように思う。

ポール・ハリスは1905年にロータリークラブを立ち上げ、「奉仕の理想」を追究していくのだが、これは新時代の価値観を作り出そうとしていたのだ。
今回、気づいた。(遅っ)

「強弱、収奪」でなく、「儲かる・儲からない」でなく、「超我の奉仕」(Service above self)により、新しい時代を作ろうとしていたのだっ!

残念ながら、閉塞状況から新しい価値観へとシフトするには時間がかかる。
1905年から111年かかって、今その真っ最中なのだ。

He profits most, who serves best.

このロータリーのスローガンも、「"He"とはなんだ、差別だ」という時代の間の声も浴びつつね。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月25日

ふしぎなべ

image明日からの「RYLAセミナー」の準備も万端整い、場所をセミナー会場から前泊宿のやまに旅館に移動。
今回の開催スタッフと食事、明日からへの気勢を上げる。

ここ美浜町は、源義朝由来の地。
いただいたお料理は「源義朝 御膳」だ。

そのメニューの中にあったのが、この「源平鍋」。
火にかけると、白い鍋の汁が赤へと変わって行く。

源氏の旗色は、白。平氏が、赤。
ということで、赤に変わりきったところで豚肉をいただく。
美味なり、能書きあればなおのこと。

酒も進む。  
Posted by brother_p at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

準備万端

image美浜自然少年の家最寄りの内海駅に着いたのが、13時10分。

歩いて41分のつもりが、残念ながらタクシーで会場へ。
着いたのは13時30分、ジャスト。

ドヤ顏で入っていったら、地区RYLA委員会メンバーは半分以下の3人。
おいっなのだが、すでに準備万端は今回のお世話役の名古屋北ロータリークラブのメンバーにより、がんがん進んでいた。

やるなあ、名古屋北ロータリークラブ。
全員参加で、セミナーサポート態勢だ。  
Posted by brother_p at 15:00Comments(2)TrackBack(0)

美浜へ

image11時に会社を出て、目指すは「美浜自然少年の家」に13時30分。

愛知県の真ん中から、右下知多半島の突端まで移動だ。
電車の移動はいやじゃないが、出がけに岡崎で昼食を食べられなかったのが心残り?
途中で立ち食いそばかと決め込む。

土日の「RYLAセミナー」、今日は地区RYLA委員会として準備をする。
いつもは、遅刻して行って、「岡田くん、おはよう。もう準備終わったよ」なんて言われたりするもんだからね。  
Posted by brother_p at 13:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月18日

「出会い」の駅周辺を企画する。

image出会いの駅おかざき推進協議会理事会、新年度の総会前の役員会。
今年度を振り返り、次年度を企て、総会に向けての役員会だ。

行政、商工会も巻き込んでのこの会、岡崎警察署も岡崎駅も巻き込んで。
巻き込まれているのかな、いやいやWin/Win、地元のことだもの。

総会に向けてだけでなく、中期的な地元の行く末。
総合病院が来る、それに合わせて大型商業施設の進出。
それに向けての道路整備。
鉄道を越える(潜る)道路建設。
駅前広場の開発。

みんなこの10年のうちに起こる出来事。
地元の皆さんにも知らせなきゃと思いつつも、わたしゃその時何歳?って考えてみたり。
繋いで行く未来かな。

この会の楽しみの一つは、会議後の懇親会。
今夜も、6人のちっちゃな会だったが、行政の責任者さん、商工会議所の責任者さん、そして我々。
ノリの良い会となる。もちろん意義も大。

場所はJR駅前、たぬき。
前出の東岡崎駅前たぬきとは別の店。
1500円じゃ無理かな。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月15日

コンディション良く生きる。(富士山合宿)

image富士山の麓、富士カームは標高900m。
今年は例年の雪はなかったが、結構冷える。

トイレの便座があたたかい。
露出したお尻に、ありがたい。

コンディションって大事だよね。
近頃思う。

富士山見えて、空気が良くて、落ち着いた会議室で、食事も良くて、山梨ワインも美味くて、仲間もいて、ぐっすり寝られて、寝覚めもいい(ゆっくり出勤?できるからか)。
お風呂も絶景、なんと今回初めて入ったという私はシャワー派。
今回たまたま浴室のない部屋だったので、大浴場は初体験だったのだ。

環境って大事だよね。
コンディションが良くなる。

コンディションって大事だよね。
近頃知ったよ。

コンディションが良いと、頭も冴える。
コンディションが悪いとろくなこと考えないよ。
コンディションが良いと、心も上がる。

ところでトイレ、コンディション維持には良いが、「水圧が低いため、レバーはしばらく回したままにしてください」だと。
確かに出が悪い。
あちらの出はよかったのに。
これ標高関係あるのかな。  
Posted by brother_p at 15:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月14日

紙は自分で(富士山合宿)

image経営計画合宿の会場は8年続きの富士カーム。
経団連御用達の研修施設なので、大手企業の研修も多い。

写真は某企業の研修会場の無人?受付のホワイトボード標示。
さすがの大企業?やるじゃん。

,Δ韻弔
▲侫.ぅ襪發蕕
C翔る
げ拱置く
ダ覆箸

いいね。

「象を冷蔵庫に入れる」クイズを思い出したぜ。

MGの、「席は自由」とか、「どこの誰? なぜ来たか?」
「教えない」「教えさす」「紙は自分で取る」もね。  
Posted by brother_p at 04:40Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月13日

RYLA委員会の帰り道

image地区ロータリーのライラ委員会は、豊田福祉センターで行われる。
往路は大抵、愛環線で行く。
昨日は無人駅の六名(むつな)から、どうやって運賃精算するんだろうと、少々戸惑いつつ。

委員会の議題は、3月末に行われる青少年向け研修会の打ち合わせ、これをRYLAセミナーと呼んでいる。

その帰り道、交通機関にもいろんな選択肢がある。
時間も早かったので、ちょいと豊田駅前のデパ地下に行ったり。

選んだ帰路は、中岡崎まで愛環で行って、歩いて名鉄岡崎公園前に、そこから名鉄で東岡崎駅、そこからバスで自宅、そんなコースのつもりで。

中岡崎についたら、駅の前にタクシー。
あら、こんな?駅にもタクシーが居るんだ。
と、思わず楽しよっと乗ってしまった。

乗ったら運転手さん、異様に喜ぶ。
「実は、午前中から駅に詰めていて、お客さんが今日初めてのお客さんですよ。ありがたい」時計はもう午後7時に近い。

「JR岡崎駅に〇〇台、名鉄東岡崎駅に●●台なんですけど、この中岡崎駅はたった一台で、私の当番なんです」とベテランの運転手さん。

でも、勤務態勢を愚痴ってたわけじゃないよ。(本人の名誉のためにも)
やっと来たお客さんをありがたがっていたってこと。
仕事だもんね。
会社って、組織って、仕事ってそういうもんですよね。ありがたい。  
Posted by brother_p at 02:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月12日

まるは食堂の話

image昨夜は、第3回「新しいビジネスモデルを考える研修会」印刷工業組合マーケティング委員会の催しだ。
講師は、(株)まるは 代表取締役坂野豊和氏。
40歳の若き社長さんだ。
「新しいビジネスモデル」というより、「昔ながらの食堂」を進めておられる。

自己紹介から始まって、会社紹介、沿革。
ここは大抵さらっとやられるところだが、「まるは食堂」さんの場合は、この沿革が面白い。
創業、発展、挫折、そして改革、再生、成長という65年の歴史。
そして今や、エビフライ年間130万本。

講演後は、栄に場所を移して10人ほどで懇親会をした。
場所はもちろん、まるは食堂ラシック店、締めはエビフライだった。

ところで、この「まるは食堂」の創業者相川うめさん(1910-2008)は、「ほうれんそう」の元祖だよ。知ってた?  
Posted by brother_p at 08:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月11日

3月11日に届いた「植樹証明書」

image3月11日にAIUさんから「植樹証明書」が届いた。
「瓦礫を活かす『森の長城プロジェクト』への支援」参加証明書である。
AIUに払った保険料の一部が、被災地のへ役立ちとなっている。

それを、AIUさんが「3月11日」に持参してくださった。
企業の立場でのお役立ち、我が社も一端を担わせていただけた。
企業力というのだろうか、ありがたいことだ。

5年経った「3月11日」、忘れてはいけない色々なこと、大事なこと。
たくさんある。

あれは決して災害ではない、事故ではない。  
Posted by brother_p at 18:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月10日

効果の如何にかかわらずって

image堺市は、元職員による全有権者の個人情報約68万件が流出した事案に対する再発防止策として、個人情報を扱うパソコン端末約1000台のUSB接続口を物理的に塞いだ。

としながらも堺市は、マウスやキーボードのためのUSB接続口は塞いでいないのだそうだ。
そうかもね。
だろーね、でも塞げよ。

所詮、意識を高めました程度の効果しか期待してないんだろうね。
対外的な申し開きなんだろう。対策しましたって感じ。

ところで、
ケータイ持ち込み禁止の会社って意外とあるよ。スマホも。
大手企業中心に。
私社長だから、この辺の情報に興味持ってるよ。

線を引かなきゃならない立場なんでね。
意識の問題って、片付けりゃ気楽過ぎる。

仕事に必要か?とうことと、リスク管理の立場で。  
Posted by brother_p at 13:08Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月09日

ジョージ・マーティンも死んじゃった。

imageジョージ・マーティンも死んじゃった。
90歳。

The Beatlesを見出し、プロデュースした人だ。
彼が居なくて、ビートルズは無い。
(したがって、私も無い。)

プロデュースしたというより、私の印象は「教えた」。
ビートル達は、彼から多くの物を学んで「The Beatles」と成った。

ビートルズ公認の追悼動画が配信されたが、ちょいと気に入らん。
YesterdayやEleanor Rigbyにストリングスを添え、(ビートルズの)曲の格を高めたみたいなことになっていたから。

ジョージ・マーティンの最高の実力発揮は、ビートルズを世界のビートルズに高めてデビューさせたことだよ。
彼らの曲に花を添えるなんて功績じゃない。
ビートルズに作り上げた功績じゃよ。  
Posted by brother_p at 13:48Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月08日

ビジター占拠、オカダ会

imageオカダ会というからには火曜日ロータリー例会の後のこと。
いつもは最大レギュラー6名の弱小派閥?
この夜は、2名欠席で4名ビジターいやゲストで、8名の盛会。

場所はいつものたぬき。
いつも1500円のたぬき。
飲んでつまんで1500円。

この夜も、ビジターにそう説明するのだが、まー信じてもらえない。
ふぐ刺たのんで、刺し盛り他たのんで、一人3杯以上飲んで、1800円(だっけ)。
ヒジター諸君、驚いてた。

ロータリーと言えども、セレブじゃないのだ。

ところで今日のこの写真。
今の私の家呑みの定番、芋焼酎一刻者(いっこもん)の赤、そしてマッコリ。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月07日

どうなってもらいたいか。(富士山合宿)

image三角形を書いて、「マーケティングとは」
「誰に」(顧客)
「何を」(商品)
「どうやって」(チャンネル)
と、〇〇のひとつおぼえのように唱えて来た。

今回、富士合宿で一つ付け加えた。
「お客様をどこに連れて行くか」というか、「行く先」「効果」「目的地」みたいなこと。

それは、「商品」に「提供価値」として含まれていれるかもしれないが、取り出して(取り上げて)見た。

「誰に」「何を」「どうやって」の三角形、我が業界(我が社)はまるでその視点がなかった。
今ですら、言ってピンと来てるかなと心配してるのに、一つ増やしてわかるかな。

つまり、「ウチと付き合うと何処に連れて行ってくれるかを明らかにする」ってことなんだけど、わかるよね。  
Posted by brother_p at 08:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月06日

孵化=負荷(富士山合宿)

image経営計画合宿の実りのひとつに、社長さん同士の懇談がある。

今回も「教育とは」の話題となり、「教育とは孵化を促すことなり」と。
そこで、白板に「孵化=不可」と書いて、いやいやそれではと「孵化=負荷=不可」。
おまけに、最初に「付加」と付加してみたり。

ホワイトボード大活躍?の経営計画合宿。

そういえば昔(30年ほど前だっけ?)「教育はすべての業務に優先する」と言った人がいたっけ。
滋賀ダイハツの後藤会長か。

「今日やるから教育、今日行くから教育」と言ったのは、O田Y生さんだっけ。  
Posted by brother_p at 00:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月05日

今年の「額縁の富士」(富士山合宿)

image今年も来ました、富士CALM。

今年の額縁の富士は、朝食時食堂からの眺めだ。
残念ながら、山頂は雲で覆われているが。

お勉強部屋はいつもと違って北向きの会議室。
つまり、富士山の見えない側、寂しいけど。
見える部屋は富士山に向けて全面ガラス窓、温室状態になる。
暑いと窓を開けると、花粉が強烈に舞い込んで来る。
今年は北向き快適。

今年の方が環境が良いね。
富士山は逃げやしない。  
Posted by brother_p at 08:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月04日

「長篠設楽原」で、「きしめん」(富士山合宿)

image金曜日の朝、始業と同時に富士吉田へと向かう。
もう11回目となった「中期経営計画合宿」。
3日間、富士山の裾野で「考える」。

開通した部分の新東名の新サービスエリア「長篠設楽原」で、水野社長と恒例の「うどん」いや「きしめん」だった。

これで、11回目。
富士山では、8回目。
勝手知ったる「富士CALM」  
Posted by brother_p at 10:30Comments(0)TrackBack(0)