2017年02月28日

ライオンズ・クラブさんを招いて例会卓話

「そうだ、ライオンズクラブを例会に呼ぼう」と思いついたのは、いつだっけ?

保護司の会で「薬物」の話題になった時に、思いついたのだ。
そういう私は、岡崎城南RC現プログラム委員長。
今年度毎週行われる例会の卓話等、プログラムを企画する委員長なのだ。

image今年次第32通算第1310例会

2017年2月21日18時30分〜19時30分
岡崎ニューグランドホテルにて

卓話「我がクラブのアクティビティ薬物乱用防止教室について」
岡崎竜城ライオンズクラブ
会長 小林和好様
幹事 犬塚純子様

ロータリーだ、ライオンズだと、R村&L村では話題にするが、世間ではどーでもいいこと。
奉仕という同じ志を持つもの同士、交流しなくちゃね、と。

写真の岡崎城南RC天野会長曰く「歴史的瞬間」。
そうなんだ。  

Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月27日

「なぜ、脳は神を創ったのか?」

image「なぜ、脳は神を創ったのか?」

著者:苫米地英人
発行所:フォレスト出版

kindle版で読んだ。

神がいないことは証明されたと、著者は言う。
神と宗教から自由になる方法、差別のない世界平和への道を著者は説く。

民主主義と資本主義はセットじゃないんだよね。

難解だが、楽しい本だ。  
Posted by brother_p at 13:57Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月25日

ブルース・ハープ、10穴ハモニカ

imageブルース・ハープを買ったのだ。

理由は、再度やってみたくて。
きっかけは、ニール・ヤングの「心の旅路」を演ってたら、味のあるいい曲だなと思って。
ブルース・ハープ(ハーモニカ)がないと気分でないなと。

「G」と「A」の二本を買った。
「D」も欲しかったが、なかった。

楽器屋さんには、トンボとかホーナーとか3800円〜のものがあって、高えな〜。
ふと横を見たら、Yairiの1000円。
ヤイリなら、なんか音良さそうと、これにした。
店員さんに「なぜ安い?」と聞いたら「中国産で音程が甘いかもしれない」って言ってたけどね。

実は、ブルース・ハープは各種キーの何本も持っていたんだけど、部屋のどこかに埋もれてるし。
かなり前から吹いてなくて、埋もれていて、今更口にすると不衛生かとも思ってね。

ハモニカ・ホルダーも買っちゃった。
あの、ニール・ヤングやボブ・ディランでおなじみの。
吉田拓郎でおなじみの。

ところで、ブルース・ハープは「吹く」んじゃなくて、「吸う」んだよ。
Aの「ブルース」を演るときは、今回のように「D」のブルース・ハープを買って、「吸う」とAのブルースになるんだよ。
つまり、吸って「A7」になる。

今回、これが無かったのだ。
「A」を買ったのは、E-Blues用。

わかるかなあ?

ところが、「心の旅路」はキーがG、「Gのメジャースケール」の曲だから、「G」のブルース・ハープでOKなのだ。
普通にね。

わかるかなあ?鈴木くん。
ブルースは、深いのだよ。

?  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月23日

吉例、歓送迎会

imageO金融機関の支店長さん(たち)の歓送迎会。

支店レベルというか、地元4支店の支店長さんの異動を祝う会。
以前は、こう言った会があるのを知らなかった社長です、私。

それが、10年前岡崎南部に引っ越して来た頃、誘われて参加して知った。
地元密着、なかなかよい会だ。

O金融機関にはすっかりお世話になっているし。

今回の3氏も、多士済々。
面白くて、仕事の出来る? 個性派。
楽しい歓送迎会だった。

この後、二次会。
もちろんT氏の仕切りでね。
上司まで呼び出されてたし。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月22日

I have an Apple Pencil.

IMG_0040もってる、持ってるアップル・ペン。
と思ったけど、違ったpencilだった。

良かったね、Apple社さん。
例の便利屋、じゃなかった弁理士に商標権押さえられて、名前使えなくなるとこだったね。

「Apple Pencil・おなじみの形が革命を起こします」

買ったけど全く使わず、従って「革命」は起きてない。
スマート・フォンやタブレットに、周辺機器やアクセサリーは似つかわしくない。
「それだけで完結」しなくちゃ。

なんて、使わない言い訳?  
Posted by brother_p at 09:20Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月19日

「ボブ・ディラン語録」

IMG_0039「ボブ・ディラン語録」
静寂なる魂の言葉

ジョー横溝・著
セブン&アイ出版(2016/12/31)

ディランのノーベル賞受賞を受けて、そのタイミングで出された語録なんだろう。
私もこれを機に「ボブ・ディラン」をなぞってみようと。

彼の最大?の話題といえば、ノーベル賞ではない。
1965年7月25日ニューポート・フォーク・フェスティバルに、エレキギターを抱えてステージに立ったこと。
場内の大ブーイングの中、「Like A Rolling Stone」を歌った。
その時のバックは、ザ・バンドかな。

彼は自身を「フォーク・シンガー」と考えていなかったのだ。
この本の中でも、「彼の音楽の目覚めは、ビル・ヘイリーの『ロック・アラウンド・ザ・クロック』を聴いたこと」と書いてある。
フォークでなく、ロックンロールなのだ。

吉田拓郎も、自身を「フォーク歌手じゃない」と言っている。
両方とも、フォーク者にとってみたらショックな事実かな。

(わ、また私のフォークいじめか…)

ところでこの本、コンビニで買った。
ネット以外で買ったのは久しぶり、それもリアル書店でなくコンビニなのだ。
書店よりコンビニの方が、本に手が伸びるのだよ。

そうなのだ。

ちなみに全国の書店数は、13,000店。
20年前は、25,000店あったと思う。約半分。  
Posted by brother_p at 11:08Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月18日

OBの日、いーや現役ですよ。

image霞ヶ浦から、黒田さんが訪ねて来られた。
土日をかけた西方面への出張の途中なのだろうが、会社に9時過ぎと言うことは、とんでもない早朝に出られたのだろう。

私が、愛環塾なるものをやっていて、脳力開発の研修の講師をお願いしたのが30年前からの10年間ほど。

有名な?私の「明元素・暗病反」のポスターとキャラクターも、ここに端を発している。
image
以来、私を「盟友」とまで呼んでくださって、交際が続いている。

そんな黒田さんの来訪理由は、ブラザー印刷と私の今の確認。
生きているうちに会っておこう。
もう二度と会えないかもしれないと言って来られたのだが、また今年会おうと言ってお昼過ぎに帰って行かれた。はは。

黒田さんと別れてしばらく休日の午後を過ごした後、「RC地区研修委員会OB会」に名古屋へ出向いた。

名古屋駅前集合の後、お店のマイクロバスで小牧の「大蔵」へ。
私は研修委員会には所属していなかったものの、数年ディスカッション・リーダーとして研修のお手伝いをしていたので、宴にお誘いいただいた。

image美味しいお料理をお酒とお土産(金山寺味噌ときゅうりとチョコレート)をいただいた。

今後、地区の研修委員会は様変わりをするので、旧研修委員会のOB会として続けて行く旨の決議。
毎年2回開催することとなった。
その内1回は、定例この「大蔵」にて。

楽しみなことである。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月17日

スズキ会

今年度のロータリー例会後のオカダ会という名の飲み会は、開催頻度が低い。
というもの、オカダ会メンバー?のほとんどが理事役員になっているので、月イチの例会後19時30分からの理事会に出たりなどで、飲んでる暇などない?らしい。

そう思っていたのだが、例会日のこの日は理事会がないにもかかわらず、皆さん行かないと言う。
そこで、病み上がりのNくんを誘い、S木くん、T村くん、S田くんと飲みに行ったのだ。

imageオカダ会でなく、S木くん主導?のスズキ会だ。
5人が行ったのは、焼き鳥の専門店「鳥S」。

メンバーが違えば、飲み方・食べ方・話し方?も違う。
飲み代も、違う。

imageいつもの「たぬき」なら、だいたい一人1,500円のセレブな会なのだが、この日は一人4,800円。
いつもの3倍超だ。

いつもと違う若者ペース?で、私もタッタカタッタカ頼んじまった。
写真の「山川光男」なるユニークはネーミングとラベルのお酒など、調子こいて頼んでしまったりね。

なーんて書くと、派閥色の濃い城南ロータリークラブのように思うかもしれないけど、そんなことはないよ。
私が勝手に「オカダ会」を名乗ったりしてるだけさ。
(命名は、板倉幹事だけどね)

会長・幹事・会長経験者・幹事経験者ばかりの会だが、通常1,500円、たぬき価格。
セレブだかなんだかわからん。
みんな小遣いが少なそうではあるけどネ。

良い会なのである。(強引か)  
Posted by brother_p at 16:37Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月16日

叙勲のお祝いWeek

image月曜と木曜に、叙勲の祝賀会があった。

日頃勲章とは縁のない私だが、縁ある人が受賞し、その祝賀会が催されるというので出席した。
月曜は政治の道を歩まれたAさん。
木曜は、地域経済に貢献されたFさん。
image
栄に浴された方の喜びの姿を拝見するのも良いもんだ。
幸せな気持ちになれるね。

なんて書くと、アレ岡田さん?って思われるかも知れないね。
勲章なんて否定?しているように見られそうだしね。

確かに、どーでもいい存在と思っていたことがないでもない。
でも、現場に居ると、祝福する気持ちが湧くし、幸せ気分にもなる。

オリンピックのメダルと勲章とどっちが価値があるのかな?と考えてみたりもした。
どちらかの受章者からは、怒られるかな?
どちらからかわからないのでね。

それこそ、どーでもいい比較なんだけど。

何書いてるの?私。
知らない世界だけに、新鮮な気分になれたさ。

この二つの会で二つとも顔を合わせる出席者もちらほら。
なんでもこの日曜にもあるらしく、三連続の方も。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月15日

校了の宴

image1月中旬に入稿し2月末上梓と、かなりハードな工程で制作中の本がこの度校了となるので、印刷前の最終確認に名古屋へ出向いた。

企画・製作のエコ・ブランチさん鶴田夫妻と編集者の戸上さん。
綿密な打ち合わせを済ませた後、「校了の宴」に中華料理店へ。
入稿(脱稿)の時はお寿司屋さんだったが、今回は戸上さんのリクエストで中華料理となった。

美味しい調理と上海ビール・紹興酒をいただいて、本のことなど、その他の話題も熱く語る時間が過ぎた。
なんか私は、持論の「禁煙運動ヒステリー論」をくどくど訴えていたようだ。
「禁煙運動は憲法違反だ。基本的人権を守れ」ってね。
タバコを吸わない私が。

それはともかくとして、本づくりの楽しさを味わっていただけたようだ。
原稿を書き、推敲・校正をし、デザインを確認し(仮縫いみたいなもんだ)、完成を待つ。
家づくりみたいなもんだ、額は10分の1、100分の1だけどね。
楽しみは、似てる。

作る方も楽しいよ。
編集し、レイアウトし、デザインをし、装丁・仕様を企画し、お客様に気に入ってもらう。

まさに、「想いをかたちに」
プロの力で、お客様の想いを現実にして行くのだ。
楽しくないわけがない。
ワクワクしないわけがない。

と、楽しみつつ完成の2/28を迎える。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月14日

教育環境賞

image岡崎城南ロータリークラブの例会で、環境教育賞の授与。

城南RCでは、環境に貢献する教育を行なっている小・中学校を対象に賞を設け、表彰を行なっている。

今年は、「地域と共に未来を創る小豆坂小の子の育成」と題した小豆坂小。
そして、「環境を見つめ、考え、働きかける新香山中生」を謳った新香山中。
その2校を表彰し、例会ではその中身の発表をしていただいた。

小学校は担当の先生、中学校は生徒さんに発表していただいたのだが、驚いたのは新香山中学校の生徒さんの発表。

「時を守り、場を浄め、礼を尽くす」
中学生の口から、そんな言葉が出てきた。

森信三先生(1896ー1992年)の言葉だ。
岡崎の教育界は森信三先生の教えを引き継いで来た所だ。

私は、その岡崎だからということでなく、学校で習ったのでもなく、社会人になってからこの言葉に出会った。
森先生の教えも知った。30歳代の後半かな。

「腰骨を立てる」
「履物を揃える」
そういった語録も遺され、私の本棚にも数冊の著書と共に並んでいる。

そんな私は今、
腰骨を立てず、姿勢がわるいし、
履物を揃えるなんて、特に取り立てることもないと思い、
時は守るが、時には遅刻し、
場を浄めようと、部屋のゴミ屋敷解消に着手したところだし、
相変わらず、無礼な態度をよしとするような傾向もある。

いけませんね。
中学生に負けてますね。
ってことじゃなく、思うところの多い「環境教育賞」だったよ。

いいこと知っても、学ばなくちゃいけませぬ。
身に付けなきゃ、いけませぬ。
人にも言えぬ。

コロンビアで活躍の横井研二さんのエピーソードを知っちゃってね。泣けたよ。
ってことも、なぜか付け加えて書いておこう。
修身。  
Posted by brother_p at 20:30Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月13日

「ご自由にどうぞ」

image朝の通勤路、閉店した酒屋さん。

店先に、「ご自由にどうぞ」
味付け海苔かな、営業中は店に並べられていた乾物だよね。

なんか、哀しね。

店頭に並べられていた飲み物等の自販機。
3台あったのが、今は1台。
タバコの自販機だけが置いてある。

切なっ。  
Posted by brother_p at 10:36Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月12日

空き地が増えた。

image裏のお宅が解体され、空き地になった。
角の広い駐車場も更地になったかと思ったら、住宅?建築が始まった。

前述のように、会社の周りも建築中の住宅や空き地が目立つ。
そう思って見ているせいか、市内に目立つ空き地や建築中。

特に住宅。
代替わりかな、老朽化かな?
住んでた土地を売って、マンションにでも入るのかな?

そんな世代の変わり目を感ずる。
40年前のことを考えたりする。

住まいに資産でなく、機能性を求める?
少子化も進むし。
それも見据えてのリストラクチュアが、社会生活でも行われている。

投機効果なんてない時代だしね。  
Posted by brother_p at 16:33Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月11日

少人数、「やっすあん」

image「急な話ですが、明日ワカメしゃぶしゃぶ如何ですか?」とメールが入った金曜の朝。

急だろうが何だろうが、空いてれば行かぬ訳はない。
土曜の夕方、市民病院への見舞いを終えた後、そのまま向かえばいい。
見当違いの土地勘で納得しつつ、開始の17時ちょい遅れてY則くんの別荘?「保庵」に着いた。

居たのは、Y則くんとK彦くん。
「みんな、遅れてくるの?」

いや、今宵の宴はこの精鋭3人らしい。

メニューは、いきなり「ワカメしゃぶしゃぶ」から。
美味、そして体によさそうだよね。

ビールで始まるが、時間を待たず秘蔵の「日本酒」に変わる。
この人達と付き合うと、自然と美味しいお酒にありつけることになる。
味の分からぬ私にも、確かに美味しい。

次に「豚しゃぶ」、そして「鱈鍋」。
鍋のピッチも早ければ、酒のピッチの早いこと。

特にK彦くん、ここぞとばかりに飲んでいる。
だが彼、自分では早いピッチの自覚がないよ。

鍋のシメは麺とオジヤのダブル。
しっかり出汁が出ている、効いている。絶妙。
たらふく食べて、しっかり飲んで、嵐のような飲み会は終わったのは、やはり10時過ぎ。
やっぱり、5時間超。

少人数でも、長時間。
長くなければ、保則庵じゃない。
No Sake, No Life.  
Posted by brother_p at 22:58Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月10日

分かり易く伝える。

image




image


  
Posted by brother_p at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月09日

会合がダブってるのは良いとして、、

imageこの日は、16時からU銀行の年定例の会。
経済講演会と懇親会。

そして、18時から会場を変えて、岡崎法人会南部支部の役員会。ダブってる。
南部支部の役員会は、私が支部長を務めているから、もちろん出席。

なので、U銀行の方は経済講演会のみ出席して、急いで会場移動の段取りだ。

ところが、U銀行の会場のに行ってみたら受付に名札がない!
出席の申し込みをしていなかったのだよ。

また、やっちゃた。

しかし、せっかく来たし、席はあるしと、講演会を聴講させていただいた。
次の会場へはタクシーで移動。
会場のホテルのフロントに予約しておいて、講演会に入ったのだが、これもありえない時刻を言ってたことを気づいて講演会の最中に抜けて、フロントに訂正に行った。
これを、なんと2回。情けない。

講演の内容はとてもわかりやすく、評価できる講演だった。
出席させてもらって良かった。
そんなドタバタしても、居眠りしてても、よくわかったよ。

で、タクシー移動。
法人会支部役員会には、間に合った。

相変わらずの、ボケ日記となってしまった。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月07日

麻雀が良いらしい?

相変わらず、ボケ日記状態が続く。

先日は、夜は暗いし、寒いし、バスで帰ろうとバス停に向かったのだが、なぜかバス停を通り越してしまった。
当然、バスには乗れず。

おかげで家まで歩くことができた。ハハ。

集中力、注意力不足。
それを喚起して、ボケ?と戦おう。

ということで、しばらくぶりに「ネットの麻雀」ゲームを再開した。

以前やってた時も、注意力(集中力)散漫の私は「アガリ〜!」という表示が出ても、喜びすぎてその表示を「ポチッ」するのを忘れ、役満を見逃したりしてた。

でしょ? 集中力の訓練になるっしょ?

imageそのゲームは、ネット上で瞬時に面子が集まり、1/4荘をする。
この日の面子は、初段の私に対して、初段・三段・五段の強者との対局だ。
(以前私は、ネット五段まで行ったのだ)

imageドラの「三萬」が暗刻になり、7巡目に(ナント!)間八萬でリーチ。
9巡目でロン! 満貫だ。

昔30年も前、「新編・いろはがるた」を作ったことがあったが、その中の一つ。
「論より証拠」じゃなくて「ロンより放銃」って、私の作があった。
でも、やっぱ上がるのが嬉しいね。

賭け麻雀じゃないよ。
プラスをし続ければショバ代(ゲーム代)が入らないのだよ。

ボケ防止にもなるし。  
Posted by brother_p at 16:48Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月06日

名古屋行き

image  
Posted by brother_p at 11:06Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月05日

驚きの57歳

image昨日、岡崎竜城ライオンズクラブ主催のチャリティーコンサートに行ったよ。

ライオンズクラブのお歴々が、入場者をお迎えし、お世話しているのが新鮮?だった。
行ったのは、音楽への興味はもちろんだが、今月末我が城南RCに竜城LCの会長幹事をお招きして卓話をしていただくということもあってね。
タイトルは「薬物乱用防止教育について」
薬物乱用防止は、ライオンズクラブの大きなテーマ。

しかし、ロータリーとライオンズの交流はタブー?なのかしら。
多少の驚きをもって見られる、岡崎城南RCプログラム委員長の私です。
当日の岡崎城南RC Facebookへの反応も楽しみだ。

今回、チケット買って(アタリマエ)行ったのだよ。
交流と音楽だね。
写真は、コンサート冒頭の竜城ライオンズ小林会長のご挨拶。

さて、音楽の方は、、

「Soulful Valentine Concert」
出演:Acoustic Whether Report
クリヤ・マコト(p)
納 浩一(ac-b)
則竹裕之(ds)

ゲスト・ボーカルは、マリーン。
聞いてたのは30年以上前、懐かし。
驚きの57歳、衰えぬボーカル、いやパワーアップ。

負けてはならぬ、67歳。私。  
Posted by brother_p at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月04日

部屋の整理整頓、始まる。

image社長室のゴミ屋敷解消からはや3年が経とうとしている。
やっと自宅の我が部屋にも環境整備、つまりゴミ屋敷解消の動きが始まった。

まずゴミを捨てる。
次に、楽譜や本や雑誌の整理整頓。
捨てるもの、スキャニングしてから捨てるもの、残して棚に納めるもの。

imageということで、本を片付けていたらこんな本が出て来たじょ。
表紙い法著者竹村健一と小池百合子の写真。
その下には、小池百合子の書いた書評だ。

本の名は「基本19語の英語術」竹村健一著(1981)
36年前のベストセラー?
小池百合子、若っ!

そして今、千代田区長選挙小池VS内田の代理戦争は小池百合子圧勝。
都議会のドン内田茂は、引退に追い込まれる。  
Posted by brother_p at 23:03Comments(0)TrackBack(0)

通過儀礼、YAMAHA NTX-700

imageK君に渡ったギターは、YAMAHA NTX-700。

既報の通り、(貸して)いただいたギターの10分の1、いや20分の1の値段のギター。
サウンドホールに機番が見えてるから、価格わかっちゃうね。

だって、彼の望みは、
・押さえ易い。
・指が痛くならない。
・サイズが大きくない。
ということで、
・ネック(指板)が細い。
・ガット弦(実はナイロン弦)
・ちょっと小ぶりのシングル・カッタウェイ。
それに該当するギターが(たまたま)安かった。

そして、エレガット。
ピックアップとイコライザー内蔵。
アンプ/スピーカをつなげて、拡声できる。
これは、オマケの機能かな。

imageで、渡す前にしっかり弾いておこうと、手元に置いていた。
S君との練習にも持って行ったりして。
その練習の時、ギターの上にカポタストをコツンと落として、小さな穴をあけた。
貫通はしてないが、塗装はしっかり取れた。
軽傷、軽傷。

これ、よくやるんだよね。
ギターを買った新品のうちに、よくやる。
通過儀礼のようなもんだ。

買って来たギターのをギターケースから出す際に、ケースのバックルの爪にギターを「ガリッ」とやってしまったり。
弾く前に、傷付けてる。
あれも確か、ヤマハだったなあ。

扱いが雑なんだよね。
手入れもしないし、拭きもしない。

だから、S君の所に持って行ったり、置いてくるといいんだよね。
ピカピカになる。弦も新しくなるんだよ。  
Posted by brother_p at 11:27Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月03日

これ、酢豚!?

image恒例の「愛環塾」食事会は、名古屋錦の「芳蘭亭」にて。
愛完熟じゃないよ、愛環塾。

前回昨年9月は天ぷら、今回中華。
店選びの基本は、美味しくて高い店。
(皮肉でも悪口でもないよ。褒めことば)

image写真のような驚きの酢豚が出てくる。
定番のフカヒレは出てくる。
しっかり、中華。
老酒が合う。

美味しい!と私が言っても、他の二人には信用してもらえない。
「本当に美味しいの?」じゃなくて「本当に美味しいって感じてるの?」なのだ。

なんせグルメ度(味がわかる度)は、M君が「10」ならば、K君が「8」かな。
そして私は「3」。
それが私へのグルメ度の評価。

imageK君から8月に借りた超高級ギター。
そのお返しにやっと「弾き易い」ギターを持参して参加のこの食事会。
そのギターはヤマハのエレガット。
借りたギターの10分の1、いや20分の1の価格のギターだけど「弾き易いよ」と。

私が「芳蘭亭」まで持ってきたギターを、K君が持って帰った花金(古っ)の名古屋錦の夜。  
Posted by brother_p at 23:02Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月02日

閉店

image社長室にこもりっきりで仕事をしていたので、散歩がてらちょいと急ぎの封書を投函に。

歩いて3分ばかりの、酒屋さんの前にポストがある。

店に近づいた時、すれ違った我が社の営業車から営業のO君が降りて来た。
「社長、ポストは撤去されてますよ」

封筒を2通プラプラさせて、寒さの中を歩いていた社長を見兼ねてね。
結果、投函はO君に委ねた。

image確かにポストは無くなって、痕が残っていた。
見上げると、シャッターに閉店の貼り紙。

「店じまいしたんだ」
たしか、老夫婦でやっておられた。

会社が近所に引っ越して、もう10年を経過した。
その頃から、お酒はあまり置いておらず、乾物等おつまみが並ぶ店内。
店頭の3台の自販機ばかり目立っていた。

よく10年、持ち堪えたというべきか。
筋向いの薬屋さんも、2年前に閉まった。

住宅地の中の店舗。  
Posted by brother_p at 22:49Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月01日

トイレの貼り紙シリーズII「実力の差は努力の差」

image午前中にWebデザイナーさんの事務所で重要な面談を済ませた後、ランチに入った岡崎駅前の「粋楽」。

注文もそこそこに、トイレに駆け込んだ。
そこで眼前に貼り紙。
なんか、私のブログに取り上げるには「ヒネリ」不足の感があるまじめ文だが、「トイレの貼り紙シリーズII」ということにしよう。
そこで、2016年12月7日付ブログも、後付けで「トイレの貼り紙シリーズ」にした。

今回の貼り紙は:--------------
実力の差は努力の差
実績の差は責任感の差
人格の差は苦労の差
判断の力の差は情報の差

真剣だと知恵が出る。
中途半端だと愚痴が出る
いい加減だと言い訳ばかり

本気でするから大抵なことはできる
本気でするから何でもおもしろい
本気でしているから誰かが助けてくれる
------------------------------------------------------
私の芸風とは違う、フツーに為になる文章。
でも考えてみれば、今暗礁に乗り上げている案件の「解」がここにあるよな気がして来たぞ。

ふーん。
そうだな。  
Posted by brother_p at 23:43Comments(0)TrackBack(0)