2017年10月23日

法人会秋の講演会は「悩む力・心の力」姜尚中

image法人会秋の講演会は「悩む力・心の力」、講師は姜尚中。
テレビのクールな姿と違ってテンションも高く、笑いもバンバン取っていたよ。

話の多くは漱石の話、漱石の夫婦の話。

「自由だから悩む」うむ、ナルホド。


実はこの日の午前中、母が入院先から退院。
その89歳の母は、姜尚中の大ファンなのだよ。
顔が好きだって言ってたような。

姜尚中に会ったよと言ったら、羨ましがってくれるかな?  

Posted by brother_p at 21:58Comments(0)

2017年10月19日

似てるよねー、中川家と。

image似てるよねー。

誰にって、楽天ゴールデンイーグルスのエースとストッパー。
則本投手と松井投手、お笑いの「中川家」(写真)似てるでしょ。

image近頃、劇場映画をよく見る。
その流れで、ネットの映画やドラマも結構見るようになった。

今回は、ドラマじゃないけど「M-1グランプリ2001」を見た。

第一回の「M-1グランプリ」は、17年前だったんだ。

014_51055137bbl1401151207005-p1その第一回チャンピオンで1000万円獲得したのが「中川家」。

現在でも「楽天家」と似てると思ってたが、若いころの彼らを見たらさらにその感を強くした。

似てるでしょ?
似てないか?
  
Posted by brother_p at 14:00Comments(0)

2017年10月15日

「而立会音頭」を披露した。

image60周年の会の締めで、恒例「而立会ソング」を歌う。

私が出席しているときは、いつも定番で私(シスター・岡田)が歌うこととなっているる。
心遣い?がありがたいことだ。

今回は、作曲者のジョーカー・棚橋が出席していたので、登壇して一緒に歌うこととなった。
もちろん会場のみんなも、声をそろえて歌う。

imageせっかくの棚橋君がいることだし、「而立会ソング」の前に「而立会音頭」を披露することとした。
棚橋君はいやがってたが、「而立会音頭」は彼の父君の作った曲。
ここを逃してなるものかと。

而立会メンバーは初めて聞く、「而立会音頭」に聞きほれて、いやあっけにとられていたようだ。
なんと、30数年ぶりに、「而立会音頭」が歌われた。
ただ、「而立会ソング」はしっかりしたオケが作ってあるが、「而立会音頭」は手拍子のみ。

次回はライブでやりたいね。
棚橋君キーボード私ギターとボーカルで。
ベース水谷君、ギター鬼頭君、ドラム後藤君も入れて、而立会バンド復活もいいね。

以下に、今回歌った「而立会音頭」の一番の歌詞を載っけて置こう。

「而立会音頭」
作詞:大河内秀一
作曲:棚橋峻

ハァ日本晴れだよ名古屋の城に
金の鯱(シャチホコ)キラリと光る
男で立とうじゃないか
明日に向かっていこうじゃないか
明日に向かって明日に向かって
而 立 会  
Posted by brother_p at 15:50Comments(0)

2017年10月14日

名古屋而立会60周年記念行事

image名古屋会が60周年ということで、記念講演会と記念式典・懇親会に出席した。

私はOB会長という立場もあるが、而立会は印刷会社の経営者として3、40代を過ごした所、共に祝いたくて参加した。
色々心に残る場面の多い催しだったが、私の印象に強かったのは「伊藤会長」の挨拶。
はっきりと元気よく、噛まずに、しかも内容もよかった。

なんせ、しっかりとわかりやすく話すというのは、近頃の私のテーマなのでね。
「人前でうまく話せるようになりたい」と、ね。

聞くところによれば伊藤会長、4月総会時の会長挨拶がカミカミと、人からもそういわれ、自分自身も大いに反省。
そしてこの日があった、とか。

而立会の思い出・エピソードは多い。
それをまとまった?話として以下に記す。

この日の周年の特集紙(業界紙「オール印刷)に掲載された、私のお祝いの言葉である。

======
「名古屋而立会60周年を祝う。」
〜ここに来れば君の笑顔に会える〜
            ======  続きを読む
Posted by brother_p at 23:30Comments(2)

2017年10月13日

今年は1ゲーム(で勘弁してやろう)

image恒例の、金融機関ユーザー会(南部ダリヤ会)の「ボウリング大会」
毎年25レーン、スタッフを入れたら100名になる盛大な会である。

いつものように、77歳73歳67歳(これ私)の長老3人で1チームを形成する。
あれ?この3人、南部6人衆のうち年齢上から3人だ!

2ゲームマッチだが、今年は1ゲーム投げたら救援プレーヤーに委ねようと、弱気なスタート。

結果は写真の通り。
なんと、
スペアの後、G(ガター)
ターキーの後、G(ガター)
はは。

情け無〜。
ターキー出しても、スコアは「106」
2ゲーム目は、リタイア。

ところで、Gを「ガーター」という人が多いけど、「ガター」だからね。
ガーターじゃ、靴下止めだよ。
(と腹いせ?)


で、この日の筋肉痛はいつ出るのかな。

という訳で、南部3連荘の締めでした。
結局、田中さんとは3連荘。  
Posted by brother_p at 23:48Comments(0)

2017年10月12日

愛称「出会いの杜公園」で提言。

image南部三連荘の中日は、「出会いの駅おかざき推進協議会」役員会。

岡崎シビックセンター会議室に集まり、志賀会長のもと岡崎駅周辺の「街づくり」の報告・審議など。

imageこの日内覧会のあった、明日開業の「ララシャンスOKASZAKI迎賓館」前の岡崎駅東1号公園は、来年3月24日オープン。
愛称は「出会いの杜公園」を提言することとなった。

この日は南部6人衆?勢ぞろいとあれば、会の後吉例懇親会。
一次会で済むのかな?
私は帰るけど。
  
Posted by brother_p at 20:30Comments(0)

2017年10月11日

「相続と遺言の大事な話」岡崎法人会南部支部主催研修会

image公益社団法人岡崎法人会南部支部主催研修会

「相続と遺言の大事な話」
★相続を争続にしないために必要なこと★

開催日時:平成29年10月11日(水)午後2時〜午後3時30分
講師:片岡大輔氏大輔氏
岡崎信用金庫営業店支援部
資産活用グループコンサルティングデスク係長

imageたくさんの地元の方々に集まっていただけた。
岡崎市総合学習センターの会議室にいっぱいの、地元のお年寄りを中心とした80名。
関心の高い話題なのだろう。

本研修会は法人会南部支部の開催によるものだが、本会岡崎法人会でも先週、そして来週と「相続・継承」についての研修会が予定されている。
にも拘わらずたくさんの参加者、よほど身につまされるテーマなのだ。
講師のわかりやすく、そして的を射た話により、参加者も熱心に聞いていただけた。

この研修会により、「相続」が「争続」とならなくなることだろう。
やはり、平和が一番。

ところで、今日明日明後日(10月11日、12日、13日)と三連荘で「南部」の催しが続く。
今日の「法人会南部支部研修会」、明日は「出会いの駅おかざき推進協議会役員会」、明後日は「南部ダリヤ会ボウリング大会」だ。

いつもの南部6人衆?は連日顔合わせかと思ったが、この日参加したのは田中さんのみで。あとは代理出席。
てことは、田中さんとは密接の3日間なのだ。
  
Posted by brother_p at 18:00Comments(0)

2017年10月07日

連載、英語のしゃべれない私が思うこと2

image「フューチャーが気になる編」に続いて「ICBM」

今時気になる「ICBM」
北朝鮮がいつブッ放すかも気になるけど、今回は発音。

「ICBM」=大陸間弾道弾 intercontinental ballistic missile なのだよ。
みなさん、ICBMのBってなんだっけ? それが多いか。

でも今回は「missile」日本語で言う「ミサイル」
あえて日本語って書いたけど、発音は違うもんだからね。
実際はどう聞いても「ミスル」。

マクドナルド現象かな。

カタカナ表記すると「ミサイル」なんだけどどこの国の人も、英語が外国語の国でも「ミサイル」とは言ってないよ。

まあ、それはそれで日本「方言」でいいんだけど、論点は前のブログに続いて「テレビ」の場合。

アナウンサーも「ミサイル」って言っている。
放送の発音ルールで決まっていて、喋らされているんだろうけど。
女子アナなんて帰国子女もが多いし、どう思って発音しているんだろう。
日本語だと思って喋っているわけだ、きっと。

「ムクダーヌル」って言わないよね、「マクドナルド」。

「お前、どれだけ自分の発音が良いと思ってるんだ」と言われそう。
英語のしゃべれない私が思うこと、オシマイ。  
Posted by brother_p at 10:41Comments(0)

2017年10月06日

英語のしゃべれない私が思うこと

image多くの情報をなんとテレビから得ている私の思うこと。

テレビは、リアルにその人の行動・所作がわかるよね。
例え脚色されていても(偏向しているが)、された上でのその人が見える。

な〜んて大袈裟なことじゃなくて……

communicationを「コミニュケーション」と発音し、simulationを「シュミレーション」と発音するのは、さすがに見られなくなったけど。
「コミ」じゃなくて「コミュ」だし、「シュミ」じゃなくて「シミュ」だし(知ってるか)。

近頃気になるのは、
「今回の特集は、××さんをフューチャーし……」
フューチャーって「未来future」でしょ。
それフィーチャーfeatureだし、知ってるか。
でも、この例よくあるよ。
タレントさんはほとんど。

アナウンサーは流石にないか。
職業だし、帰国子女も多いし。

なんてね、英語のしゃべれない私が思ってます。  
Posted by brother_p at 10:09Comments(0)

2017年10月04日

3日続きの、ONGH。

image3日続きの岡崎ニューグランドホテルだ、なんて言ってた昨日。

そう言いながらバスで向かう途中、岡崎商工会議所前で降りるところだったよ。
降りる時、マナカ(交通系プリペイドカード)を「ピッ」とした時にそこに居たK田さん!?
「あれ? 同じ会に出るのに、降りないの」
そう思ったが、すぐに気づいたさ。

「ピッ」はしちゃったけど。

出がけに、私の「ボケ」具合が話題、いや非難?されていたハナっから。
ボケ自慢してる場合じゃないよ。

今日の岡崎ニューグランドホテルは、法人会の会議と懇親会。

三日続きだけど、食事はそれぞれ。
ご安心ください。  
Posted by brother_p at 22:58Comments(0)

2017年10月03日

「写真で見るミャンマー」

image「ミャンマー」と言えば思い浮かぶのは、この夕陽。

岡崎城南ロータリークラブの今宵の卓話は、「写真で見るミャンマー」
スピーカーは鈴木豊くん。

これらの写真は、そこで披露された。
imageもう何年前だろうか?
(って考えりゃわかるけど)初めてミャンマーを訪れた時に見たのが、この夕陽だ。

托鉢の小坊主くんたち。
今でも心に焼き付いているよ。

それを思い出させてくれた、今宵。
オカダ会なしで、飲まずに帰宅した。  
Posted by brother_p at 22:41Comments(0)