2021年07月31日

いまだに言うか?「コロナゼロ」という幻想

FullSizeRender所説紛々のコロナ対策だが、ここに来て「コロナゼロ」を掲げる方たちがいる。
地方自治体も。

なんたる幻想。
せっかく知見を集めて終息を図っているのに、念力かよ。

こんなありえない理念には、方策の立てようがない。

目標は高く理想を掲げ、そうすれば達成できなくとも、ほどほどの合格点に着地する。
だから厳しめがいい。幻想じゃないよ。
そんなことしてるの?

そんな、絵に描いた餅の営業計画じゃあるまいし。
でもそんな体質あるよね。悲しいかな。
我が国は、施策も営業計画も(他人のこと言えんけど、、)
政策のレベルに達してない。
政策は実効性だよね。それと責任。  

Posted by brother_p at 14:50Comments(0)

2021年07月30日

「大谷翔平」という存在

FullSizeRenderyoutubeで見つけた。
ダラス・ブレイデン(元MLB投手)とジャレット・カラビス(野球ジャーナリスト)との対談。

FullSizeRenderテーマは「大谷翔平」。

その中でダラス・ブレイデンは、「大谷翔平はベーブ・ルースどころじゃない。まさにビートルズだね」、興奮してそう言っている。
FullSizeRender
ビートルズや、マイケル・ジャクソンが、
一人に集約されているような
そういう存在なんだ。
とね。
FullSizeRender同意だね。

ビートルズは、イギリスから出てアメリカを制覇した。
世界も制覇した。

FullSizeRender大谷翔平はもはや、MLBを制覇している。
そして、野球ファンにとどまらず、世界を制しようとしている。

まず、今年はホームランと打点の二冠王。
FullSizeRender投手では、完全試合かな。
最多勝は間に合わないし。

来シーズンは、エンゼルスのワールドシリーズ制覇。

そして2年後のFAで、超破格の契約でヤンキースに移籍。
ヤンキースでもエースで2番、ヤンキースも牛耳る。
まるで、ベーブルースがレッド・ソックスからヤンキースに移籍したように。
でも「ベーブ・ルースの再来」じゃないよ。
「21世紀のビートルズ」となるのだよ。

なんてね。
この漫画ストーリーの結末を描かせてくれた、良いyoutube対談だった。

  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)

2021年07月29日

部屋時間のお伴:JBL GO!

IMG_0728部屋時間を費やす、お伴グッズというかデバイス。

「JBL GO」
正しい名前は知らないけど、Bluetooth接続のデバイス欄にはそう出るよ。

IMG_0732部屋環境で(もうひとつ、遊び場環境もあるんだけどね。それは後日公開乞うご期待)Apple Music再生には、旧iPhone+BluetoothスピーカJBL GO。

見えての通り、エレキギターアンプとしては、YAMAHA THR10(現状いっこ旧式)とBose S1 PRO。
他のオーディオ再生はSONY SRS-XB23。
なんせ6畳の自室なんで、オーディオ環境とかスタジオとか言ってらんない環境、わかるっしょ。

FullSizeRenderだから取り上げたこのJBL GO。
オレンジの充電USBケーブルもかわゆしよ。
ちっこいし、かわゆし。

音質? 音?
なんて言ってるオーディオ・マニア諸兄。
音楽はスペックじゃござんせん。
生活もスペックじゃござんせん。
雰囲気っす。

私のペットっす。
手のりJBL。  
Posted by brother_p at 23:59Comments(2)

2021年07月28日

ミャンマー支援の功労者、続編「要注意人物は意外にも」

IMG_07246月8日例会で、近藤正俊くんの卓話をいただいたのだが、盛り上がるには時間が足らず、彼がホントは伝えたかった「うら報告」は言えずじまい。
そこで彼はCDを数枚配布し、「ここにミャンマー支援の実態アリ」と。

私はそれを受けて、「岡崎城南RCのWebに掲載します」と。
後で考えてそれはフライイング。
ミャンマー訪問団隊長(近藤くん)の苦労話を書き綴っているのだが、一部隊員への(愛を込めた)攻撃とも取られかねない文章満載のため、web掲載は撤回、数部冊子としてまとめ、「ミャンマー総括報告書」の副読本として、RC事務局への報告書に留めた。

FullSizeRenderその「愛と怒りのうら報告」よりの引用を紹介する。

「ミャンマー支援の功労者、続編」のタイトルの所以である。
それを汲み取っていただければ幸いである。

以下引用-------------------
上記新人4人に加えて、常連4人の8人でミャンマーに向かった。
事前評判では、新人の内1名は要注意人物(私のことらしい)で、運が悪いとミャンマーの軍隊に逮捕されるとの情報もあり、隊長は緊張していたのである。
そこで最初に書いておこう。
要注意人物はこの旅程中いつも機嫌のいい人物で、「いつものメンバー」達より遥かに団体行動を守り、時間を守り、文句も言わず、隊長には「最高の隊員」であったことを明記しておく。そして隊長に前評判を伝えた「いつものメンバーのあなた」達が、隊長を疲労困憊にさせ、体調を最悪にさせたことも付記しておく。プリンターO氏の名誉を回復しておこう。
--------------------------
なんと、愛に溢れた文章ではないか。

と、結局「手前みそ」
いいんです。「伝道ヴァイブ」ですから。

で、何が言いたかったか?
結局は「認め合う間柄、芸風は違うけど」ってことね。  
Posted by brother_p at 22:55Comments(0)

2021年07月27日

てつろーの誕生日

IMG_0725今朝、Facebookからお知らせが届いた。

「今日はIkeda Tezrowさんの誕生日です。誕生日のメッセージを投稿しよう!」ってね。

池田哲朗は、昨年の12月15日に亡くなっている。
それを知ったのは、家族からの1月の寒中見舞い。

Facebookに届いてなかったんだよね。
それでも私は、誕生日のメッセージを投稿したよ。

「facebookで教えてくれなくても、私の中ではキミは生きているよ。誕生日おめでとう。」
ってね。

もう会うことはできないけどね。
君との付き合いは、死で終わらない。

「道・終わりかと思ったら、まだ途中だった」

ところで、Facebookは命日は通知が来ないね。
ちょっとブラックでした?  
Posted by brother_p at 20:11Comments(0)

2021年07月26日

ミャンマー支援の功労者、デブコンくん。

IMG_0596母の死と大谷くんの活躍の話題ばかりなので、ロータリーの話題でも。

写真は、岡崎城南RC例会前、卓話者の近藤正俊くん(岡崎城南OB)を囲んでの記念写真。
「はい、みんなマスク取って。オカダくんも!」としょっ中言われるのだが、私はコロナ騒ぎの7年?も前からマスク常習者。
「これが普通です」と相変わらずめんどくさい私。

FullSizeRender近藤正俊くんは、20年にわたる岡崎城南RCのミャンマー支援の中心人物であり最大の功労者だった。
だからこの度の「ミャンマー支援総括報告書」ができた折、記念例会として彼を招き、ミャンマー卓話を聴き、その場でクラブからの感謝の意を表したいという意図があったのだ。

すでに岡崎城南RCを退会されておりOBとして招くのだが、その誘いのメールに当初は断りの返信が入った。

原文のまま転載----------------
このたびは御招待有り難うございます。
しかしながら、誠に申し訳ありませんがこの御招待を辞退させて頂きます。

小生、卓話で話したいことも伝えたいこともありません。
このミャンマー支援については小生の壮年期の思い出として胸に残しておきます。

小生は、RC退会以後も個人的に現地奨学会へ寄付を継続し関わりを持っていますが、例のクーデター以降現地情報が入りません。当局の監視が始まりFacebookも3月5日から更新されず、生の状況が分かりません。胸を痛めています。

併せて報告書の創刊が出来ましたら三部下さい。
一部はモー君へ、他はミャンマーのキンララモーさんへ(いつ届くか分かりませんが)、もう一部は小生が頂きたい。
---------------------
私は、胸が熱くなった。(ちょっと大袈裟)

彼は既に岡崎城南RCを退会していて、OB。
その彼が、壮年期に情熱を注いだミャンマー支援、ミャンマー交流が、過去のものとなっている。
ミャンマーも軍事クーデターにより、民主化も後戻りをしている。
憂いはするが、心配もするが、それは「壮年期の思い出」なのである。

彼は同い年、高校の同級生。
同じ71歳としては、胸が熱くなろうってもんだ。

高校入学直後、他の中学から来た彼(と彼の仲間)は、私を一人トイレの裏に呼び出し、×××しようとした。
注)これは私の武勇伝ではないよ。彼のロータリークラブ入会の挨拶を引用だよ。


彼は能力ある人間である。
それはお互い認め合っている(と私は勝手に思っている)。
ただ芸風が大きく違っているので、私なんて嫌われていると思っている。

つまり「友人になろうとは思わない」ってやつ。

だけど今回、改めて彼を見直した、いや認め直したってことかな。

わあ〜、長文になっちた。
彼に見つからないよう、しらっとブログにアップしておこう。

その彼のロータリーでの卓話、退会してしばらく経ったので、昔の仲間と息の合ったやりとりが不足してたと思ってたか、不完全燃焼で卓話を終え帰っていった後ろ姿が寂しげだった。(これあくまで私の主観)

その件に関しては、後日のブログで。
  
Posted by brother_p at 13:26Comments(0)

2021年07月25日

持論を伝えるYouTube、気をつけないと。

IMG_0721家時間、YouTubeを見続ける日々。

相変わらず、大谷翔平君とギターと英語。
昨日は音楽理論のコンテンツを観てた。

今更なぜか?

人に音楽理論を教える必要があってね。
経験の中で音楽理論を学んで来た私にとって、正しいかどうかの確認と、わかりやすい教え方の学習のために、YouTubeを観ている。

音楽理論は、音楽を楽しむのに必ずしも必要はないのだが、知って上達が加速するものなら知るのがよいでしょって感じ。
特に今、私の生徒さんの課題は相対音階、「ルート音からの度数」の感覚を養うって段階。
そんな問題意識でYouTubeを観ていると、音楽理論のミスによく遭遇する。

この例は音階、音階とは「音名」と「階名」。
それの混同である。

「ドのシャープの音」なんて平気で使っている。
正しくは「Cの#の音」なんだけど、または「ハのシャープの音」が正解。
「ドレミファソラシド」=「階名」、=「I II III IV V VI VII I」。
「ハニホヘトイロハ」=「音名」なのだよ。
「CDEFGABC」は「音名」。

階名「ドレミファ、、」ならば、音程を歌で覚えられるのだよ。
音程マスター。

細かいこと言うようだけど、今私の生徒さんの「上達につながる課題」は音程の理論とマスターなんでね。



YouTubeは事実を伝えるというよりは、「持論」「自論」を伝える場なんだよね。
「ファクト」とは限らない。
だから、視聴者の判断力を問われるよね。


このブログも私の持論、間違っていたらご指摘を。  
Posted by brother_p at 11:11Comments(6)

2021年07月24日

画期的に増えた部屋時間(の過ごし方)

IMG_0720社長を辞めて、仕事時間が圧倒的に減った。
その分画期的に増えた部屋時間。

今の季節、日没前には帰宅している。
自室のデスクに座り、見上げるとこの光景。

ブラインド越しの西陽がいいね。
その前にあるのが、アース・ノーマット。
ミャンマーの子供たちのピンナップ。

空調嫌いの私は、窓を開け放っているけど、網戸はない。
写真のノーマットと、「空間にスプレー、おすだけノーマット」が頼りなのである。

空調がない網戸がない寝室も同じなのだ。

私の家時間、部屋時間。  
Posted by brother_p at 18:00Comments(0)

2021年07月23日

祝・東京オリンピック開会式開催

FullSizeRender本日午後8時から、東京オリンピック開会式。
開催にこぎつけて良かったね。

コロナ禍の中、そして直前に来て相次ぐ責任者の退任、2日前には肝心のショーディレクター小林健太郎氏解任。

FullSizeRenderそしてそれを追い風?にして、マスコミが誘導する開催反対世論の高まりとやら。
「学校行事が中止となる中、オリンピックを開催するとは不公平」
なんてわけのわからんことを言っている。
そんな衆愚相手に煽ってどうする。
「だったら高校野球もやめませんか」と言ってやりたい。

あれだけ国民が嘱望し、延期してまで待ち望んだ東京オリンピック。
コロナ禍の中での開催は「コロナチャレンジ」、これからどう生活していったらいいかのチャレンジだと私は思うよ。
政府の施策の効果測定にもなる。
選挙近いからいいんじゃないの?
かえってやばいか。

自粛のための自粛じゃなくて、そういった生活を取り戻すための自粛だし、ワクチン接種だと思うよ。

ワクチンもここまで来たら、若者優先に接種率を上げて、若者には自粛解禁大いに羽目を外してもらって、ワクチンの効果測定に資するといい。

とここまで書いたが、私は東京オリンピック開催に賛成だが、実はオリンピックそのものにはなんの興味もない。
もともと、オリンピックと高校野球甲子園と紅白歌合戦は見ない。
近頃テレビ見ていないから、それらはかすりもしない。

そんな私が、東京オリンピック開催に賛成する意味を知ってほしい。

パラリンピックなんてもっと意味わからない。
なんで体の不自由な人を「競争」させるのか。

あ、そんなこと書くと小山田圭吾氏のように炎上?するかもね。
差別じゃないよ。
「競争」が差別なんだよ。  
Posted by brother_p at 15:21Comments(10)

2021年07月22日

「世界一の選手になる」

FullSizeRender林元文参議院議員(元文部科学大臣)が、次の衆議院選挙に山口3区で立候補の考えを示した。
現職河村建夫議員と自民党分裂選挙となることから、派閥の親分二階幹事長は「処分も辞さない」と。

今や議員さんたちの気持ちは、オリンピックよりも、コロナ対策よりも、その待ち構えている衆議院選挙に向いている。
選挙というとテンションあがるよね、議員さんたち。
もうアドレナリン出ちゃってる。

まあ、それはどうでもいいんだけど。
「政治を志した以上は、総理大臣を目指す」
議員さんたち、そう言うよね。

「お前が言うかよ」と思っていたけど。

これ、やっぱ大谷君の話。
「世界一の選手になる」
という大きな目標を持って努力してきた。

それが、もう手の届くところに来ている。
なりかけている。

総理大臣になるより、難しいことかもしれないのにね。

私も心を入れ替えて「総理大臣になる」という野望を笑わないようにしよう(^^;)  
Posted by brother_p at 14:24Comments(0)

2021年07月21日

新支部長のもと、岡崎法人会南部支部役員会

IMG_0702昨夜は、新支部長のもと、法人会南部支部今年度初の役員会。

コロナ蔓延の中、どんな事業をしていくかということを、コロナ対策万全の役員会喜久鮨にて会議。
従来は、会議のあとは楽しい交流会なのだがそれもままならず、食事はお弁当を持ち帰り。

今年度より、新支部長山本惠一子さん。
前年度までは私が勤めていたが、今回交代。

ブラザー印刷の社長もそうだけど、新しい女性のリーダー、しっかりしてる。
頼もしい、というより私が余りに出来が悪かった。

反面教師としての役割は果たせるかな。

会議を終えて、お持ち帰り弁当を持ち帰らず、お店で広げて軽く?一杯やりつつ食事。
先日に続いて立派なお弁当、美味しかった。

天ぷらを筆頭に、小麦粉たっぷりのメニューだったが、これも先日同様に一回くらい良いかと。
やはり小麦粉入りは美味しいね。
小麦粉は、味とコクと粘りのもと。

でもまだしっかり続けるよ、グルテンフリー。  
Posted by brother_p at 12:00Comments(0)

2021年07月20日

「道・終わりかと思ったら、まだ途中だった」

FullSizeRender仏壇の父と弟。
向かい合わせで、納骨を待つ母の遺影。

その仏壇の前に「道」と書いてあるカード。
「道・終わりかと思ったら、まだ途中だった」

父の字ではないし、弟が亡くなった時に遺したのか。
市販のカードのようだ。
弟が気に入って手に入れたものなのだろう。

でも父も弟も、「途中」だと思ったが「終わり」だったようだ。
謎かけのような言葉。

FullSizeRender母の遺した亡くなる4年前頃に書いていた日記。
震える手でたどたどしく書いている。

2016年の12月28日の記、明けて2017年1月1日は実家に親戚・孫たちの集まる日、楽しみにしている様子。
「美容室に行った」心躍る出来事が書いてある。

1月2日、ごちそうのお寿司屋さんへの支払いを気にしている文で、絶筆。

年が明けて、母の体調は悪化して行く。
でも、これこそ「まだ途中」なのだが、今となっては終わってしまった。

いいや、本人は終わってしまったのだが、実は「まだ途中」なのでは?
謎かけ。
来世があるってことじゃないよ。(あってもいいけど)
本人にとっての人生は一区切りなのだよ。
生きてるか死んじゃったかは、「遺された人たち」の問題。

つまり、美代子さんは亡くなったけど、私の中では生きている。
だから、父一秀さんも、弟起佳も、亡くなったけど私の中では生きている。
「まだ途中」の3人が居る。

じゃあいつ死ぬの?って。
遺された人つまり私が亡くなるときに、一緒に死ぬんだね。

そして私は、遺された人の中で生き続ける。
これが、謎解きの答えかな。

「道・終わりかと思ったら、まだ途中だった」
  
Posted by brother_p at 15:01Comments(2)

2021年07月19日

70歳の、地球の歩き方:「大また」「外また」

FullSizeRender年相応の「高齢者トーク」

高齢者は、大またで歩くが良いと知った。
膝を上げてあるくのではなく、体がブレない程度に「大またで歩く」。
なるほど、筋力がつきそう。

高齢者は、外またで歩くが良いと知った。
脚の筋力が弱っているので、よろけ防止のために「外またで歩く」。
なるほど、踏ん張りがききそう。

躓かないよう膝を上げるのが良いと思っていたが、やっぱ躓くしね。

近頃体重も減って、風の強い日はよろけたりするよ。
飛ばされないよう、外またで歩こう。

さっそく、今朝から。  
Posted by brother_p at 09:00Comments(0)

2021年07月18日

マンダラは成功の鍵

FullSizeRender近頃ブログは、お葬式と大谷翔平。

今日は大谷翔平マンダラ。
この件は、前にも何度も書いたよね。

もう、「大谷翔平+マンダラ」を3話くらい取り上げてる。

IMG_0700マンダラは思考法だったり、フレームワークのことなんだけど、私は1990年ごろ愛用してたよね。
経営に活用?してた。

でさ、マンダラ使えば誰でも大リーガーになれるってわけじゃないよね。
目的達成するわけじゃない。

高1の時、大谷君とともに先生から指導を受けた同級生たち、みんながみんな成功したわけじゃない。
使う「本人」次第だよね。

大谷翔平は、マンダラがなくても大リーグで成功しただろうしね。
私ゃ、マンダラがあっても経営が下手だった。

ちなみに私と大谷翔平の共通点、「マンダラ」と「グルテンフリー」。  
Posted by brother_p at 14:08Comments(0)

2021年07月17日

続くなあ。

FullSizeRenderまたお葬式に来ている。

母を亡くして20日後、母の実家の惣領さん。
続くなあと思ったが、もう20日も経ったのかとも。


お参りに集まった従弟たち。
親の代が続いて淋しくなった。

次は20年後あたり、私たちのが続くのかなと。


夏の雲。
真夏の暑さだ。

田舎のお葬式。
みなさんクルマ。

私は、バスとJRとタクシーを乗り継いで。
黒ネクタイと上着を脱いだ喪服姿。
両手にたくさんの荷物。

初七日のお膳は、コロナ対策お弁当で持ち帰り。

家に帰って、冷えたビールとともにいただいた。
小麦粉使っているけどまあいいか、とね。

美味しかったなあ、豪華なお弁当。
食後の副反応?が楽しみ。

グルテンフリーの効果がわかるってもんだ。  
Posted by brother_p at 14:30Comments(0)

2021年07月16日

大谷翔平、成功のきっかけは「DX」練習法とグルテンフリー、センサーで動作解析する最先端技術

FullSizeRenderねえ、見て。
このネット・ニュースの記事。

タイトルは「大谷翔平、成功のきっかけは「DX」練習法とグルテンフリー、センサーで動作解析する最先端技術」
3000字を超える記事で、成功のきっかけの一つに「グルテンフリー」を挙げているよ。

(記事全文は、このタイトルをコピペして、Googleで検索してみてご覧)

グルテンフリーってダイエットの手法じゃないんだよ。
体質改善、健康法だよ。

なんか私流が裏付けされたみたいで、嬉しよ。  
Posted by brother_p at 21:24Comments(0)

2021年07月15日

母への差し入れ「梅干し」

IMG_0600あれは、母が亡くなる10日ほど前だったか?
いや、もっと前だったか。

施設「ふくろうの家」に預けてあった梅干しとプリン、コーヒーゼリー、、、
「梅干し」は母の塩分不足を補うために、妹の差し入れ。
「プリン」は、食事を採らないことが多くなった母に、甘いものなら食べるかと、妹の差し入れ。
(私も差し入れしたよ)

「美代子さんお食べにならないので、古くなってしまうしお返ししておきます」と、受け取った。
だから、梅干しには預けた日付が書いてある。

そのことが、「お亡くなりになる日が近いです」というメッセージだとは気づかなかった。
いや、気づいてはいても、そう思いたくなかったのだろう。
食事を食べる力がなくなっても、まだまだ生き続けると自分に思い込ませ、妹にもそう言っていた。

それで、持ち帰った梅干しは私の深夜の酒のつまみとなっていた。
妹のご主人の漬けた漬物とともにね。
発酵食品は体に良いと言いながら、体に悪い?酒を飲んでいた。

マジックでケースに「6/12」と書かれた梅干し。
ちっとも古くなんかないんだよ。

酒を飲みながら、ふくろうの家からのメッセージを知らぬふりをしていた。
そんな日々は、すぐに終わってしまった。

「まだまだ1年や2年、生きるんじゃないの?」
根拠のない励ましを妹にしてしまった。ごめん。  
Posted by brother_p at 14:45Comments(0)

2021年07月14日

今、MLB人気回復の切り札はオオタニ君

FullSizeRenderMLBのオールスターは1試合。
これぞ「夢の球宴」。

その1試合、昨年は中止だったから2年ぶりの1試合に、まず1番打者大谷翔平。
セカンドゴロに倒れたが、その裏に先発大谷翔平。

先頭打者なんて、タティスJrだよ。
レフトフライに打ち取った。
1イニング投げて、3者凡退。結果勝ち投手。

FullSizeRender打者としては、2打数凡退。
だったけど、しっかり存在感を示し、役割を果たしたよ。
オールスターの目玉、そしてMLBの切り札という役割をね。

ア・リーグホームラントップ33本の「バッター」が、「ピッチャー」としてオールスターのマウンドに立って、ナ・リーグホームラントップ28本のタティスJrを打ち取ったわけだよ。

ミッション完遂。オオタニ君。

MLBも本気で目玉大谷翔平のマーケティングに取り掛かったってわけさ。
ルール変更までしてね。


来年のオールスターの目玉は「投手大谷翔平と打者大谷翔平の対戦」だねっ。  
Posted by brother_p at 19:00Comments(0)

2021年07月13日

MLBホームランダービー、オオタニくん1回戦敗退

FullSizeRenderいやあ大谷君、緊張していたよね。

1回戦でソトに敗退。
2度の延長戦の末、31本対28本。
レギュラーシーズンでは、オオタニくんは断トツの33本。ソトなんて11本。FullSizeRender
優勝候補の大谷君楽勝と思いきや、いい勝負の末敗退。
まあ、こういう結果もあるよな。

さあ、明日本番のオールスターゲームで、リアル二刀流に期待だね。

FullSizeRenderこれも、よくできたオータニ・ストーリー。

ソトも良かったけど、オオタニ君のレギュラーシーズンの33本は、相手ピッチャーが「打たせまい」と投げた球を打ったもの。

このホームランダービーは、「打たそう」として投げた球を打つもの。

だから、33本と11本の実力の差は、とんでもなく大きいよ。
ほんとに、負け惜しみでなく。

優勝は、アロンソ。
レギュラーシーズンでは、17本。
ほらね。  
Posted by brother_p at 14:51Comments(0)

2021年07月12日

吉例半日人間ドック、「対策」は「改善」なり。

IMG_0644毎年7月は、半日人間ドック。
今年はコロナ対策で密を避けて、一度に多くの人を入れない工夫。
まばらな受診者で、滞留をつくらない。

なのに(だから?)進行はスムーズ、いつもより短時間で終わった。
これ「対策」が「改善」につながったよう。
私なんて会社負担の「標準コース」に加えてオプション検査5項目、15,000円も自腹してても早く終えられた。

検査の後の食事提供も今年はなし。
かわりに、クオカード500円分をくれた。

朝飯抜きで来てくれてご苦労さん、ってなことで食事つきだったんだろうけど、いらないよね食事。
その分安くしてくれたほうがありがたい。

ところで検査結果、メタボ関連のものは当日データを渡してくれる。
その結果をもって、そのまま健康相談が受けられる。
でも私、結果が良いので相談受けられず。

腹回りなんて、2年かけて11cmも減ってるし。
体重も10kg減っている。
せっかく、健康相談で相談員の方に褒めてもらおうと思っていたのに、、、、残念。

オプション検査の腹部CT(内臓脂肪測定)も、もう内臓脂肪なくなっちゃったから、来年は検査やめとこ。

ところで「身長」毎年4mmずつコンスタントに減っている。トホホ。  
Posted by brother_p at 14:12Comments(2)

2021年07月11日

ゴマダラカミキリが居たよ。

IMG_0634今朝シャワーを浴びてたら、なにやら窓にうごめく影が。

よく見たら、カミキリムシ。
ゴマダラカミキリだ。(詳しいっしょ)

ひょっとして母の化身。
IMG_0638(Tくんならそう言いかねない)
んなわきゃないね。
母はカミキリムシっぽくないし。

ところで、カミキリムシってかっこいいよね。
カブトムシよりも、クワガタよりも。

虫って「いいもん」と「わるもん」に分かれるって思わない?
カミキリムシは「いいもん」、ゴキブリは「わるもん」みたいに。
カブトムも、クワガタも「いいもん」だよね。
蝶は「いいもん」で、蛾は「わるもん」

考えてみたら「わるもん」かわいそうだよね。

人間にもあるか、「ベビーフェイス」と「ヒール」、ちょっと違うか。

なんにしても、朝カミキリムシに会えた日は、いいことがありそう。

ところでこの写真の「風呂の窓」汚れてるよね。
掃除しよっ!(私担当)

これもカミキリムシのお告げ。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)

2021年07月10日

母の他界と、私の体重変化

FullSizeRender










7月10日朝、母が亡くなって丁度2週間。
そうだよね、昨日が(一応)二七日法要の日。
法要って「あれから何日(何年)?」と分かりやすくなってんだ。
生活の知恵、宗教?の知恵。

ところで、
毎朝測っている体重、推移のグラフ。
亡くなった26日はさすがに測ってないが、直後2kgほど激減し、その後回復し60kg弱の目標体重に戻った。

心労と忙しなさなんだろうけど、「食べなきゃ痩せる」ってのが改めて得られた知見だよね。
減量の持論「食べなきゃ痩せる」。

こんな時にこんなプライベートなこと。
今のこと記しておきたくてね、ブログに。

あと50年。
ときどきのこと、書き続けるつもり。


IMG_0625ちなみにだけど、月曜12日は人間ドック。
問診票に「20歳の頃の体重:58kg」と印字されていた。

それが70kgとなり、こりゃいけないと1年かけて60kgに減量。

60kgを切りかけた今、目標を58kgに設定して、70歳(今年12月72歳だけど)のスタートラインとしよう。あと50年のね。

20歳58kgがスタートラインの50年が終わったことだし。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)

2021年07月09日

コロナ禍の中のお葬式を終えて(今日は二七日法要の日)

IMG_0544コロナ禍の中のお葬式ということで、通夜式・告別式は親族のみで済ませ、一般の方のお参りはそれぞれの式の前に焼香のみとした。

そっけないかなとも思ったが、焼香の方一人ひとりに親しくお話が出来、母の顔も見てお別れを言っていただけた。

母とブラザー印刷時代を過ごしたOB・OGの方にたくさん来ていただいてありがたかった。
母も喜んでいると思う。

お香典・供花も辞退にした。
お参りのあとに振る舞う食事もなし、後日のお返しもなし。
コロナ蔓延さなかという理由だけでなく、費用のかかるお葬式を避けたかった。
従来の良さも残しつつね。

で、どうだったか。
よいお葬式になったと思う。


今日7月9日は、実は二七日法要の日なんだけど、お寺にお任せです。  
Posted by brother_p at 09:27Comments(0)

2021年07月07日

頑固な日本人、メジャーリーグ? 測り具?

FullSizeRender←この写真、ヤンキー・スタジアムをバックにしたとても素敵な写真なんで、また使います。

「オオタニさん、ニューヨークに登場」かな。
松井秀喜なら「ゴジラ、ニューヨーク上陸」が合ってるけど。
マンハッタンは「島」だし。
(正確には「洲」)

相変わらず大谷翔平と(彼に引っ張られて)エンゼルスの快進撃が続いているけど、唯一のつまずきはヤンキース戦先発で1イニング持たずにKO。
それも「大谷翔平物語」のトピックに過ぎない。
その試合だって、大逆転勝ちしている。

と書くと、また大谷ネタかというと、そうじゃない。

ここにも書いたけど、「エンゼルス」と「ヤンキース」。
実際には、「エンゼルズ」と「ヤンキーズ」。
つまり、「ス」じゃなくて「ズ」
(このことは、何度も書いてるね。くどいか)
「エンジェルズ」とまで言わないけど、せめて「エンゼルズ」。

なぜ日本人は、わざわざ本来の発音と違うものをカタカナ英語化するんだろう。
意味わかんない。
なんて頑固な、なんて意固地な。

「ズ」が発音し難いって?

日本球団の「ドラゴンズ」言えるじゃん。
(昔のファンは「ドラゴンス」って言ってたっけ)
「ライオンズ」、「スワローズ」、「バッファローズ」、言えるじゃん。

もう、日本球団は許そう。
「タイガース」、「イーグルス」
だけどね、これだけ日本のマスコミに出現してるメジャー球団は受け入れてよ、発音。
「カブズ」「ドジャーズ」etc。

あ!「メジャーリーグ」、「メジャーデビュー」もそうだ。

Major Leagueだから「メイジャ」でしょ、どう聞いても。
譲っても「メイジャー」。

「メジャー」じゃ、「何を測るの?」(measure)って聞かれるよ。

私も、ブログは「ヤンキース」って書いてるし、「エンゼルス」って書いてるけど、「ヤンキーズ」って書こうもんなら「なにスカしてんの?」ってことになるからね。

頑なな方々から「村八分」にされる。
もともとされてるか、私。

冒頭の写真に戻るけど、「ヤンキースタジアムの前の大谷翔平」。
FullSizeRender
これは、ヤンキーススタジアムではないからね。
「ヤンキー・スタジアム」Yankee Stadium。
「ス」が多いんだよっ!  
Posted by brother_p at 20:04Comments(5)

2021年07月06日

梅雨明け間近に、雨が続きます。

IMG_0566これ多分、前にも書いたネタだけどバス停前、背後のマンションの軒下は貸しません。

セキュリティーの問題とか、防犯の観点からとか、意味はよくわかるし、それに関して私はニュートラルなんだけど(つまり、それぞれに納得できる主張があるって意味でね)、私も何が良いとはノーアイデア。

そこで、今回の熱海の土砂災害。
行方不明者の安否確認が遅れているからと、マスコミが不明者の個人名を報道。
それにより、多くの人の安否が判明した。

個人情報という壁を乗り越えてね。

いつも(前回のブログで書いたのも)思うのは、阪神淡路大震災の震源地淡路島では、一人の犠牲者も出さなかった。
そこの家庭では、「おばあさんはどの部屋で寝てる」みたいなことまで、筒抜けの「村社会」だったから。

軒下を貸すのか、防犯の観点から拒むのか、いま我々は判断を迫られているよね。
為政者も経営者も、意思決定が仕事とはいえ、辛いところだよね。

決めて不条理だったり、うまくいかなかったりすると文句いわれるし。

私も、経営者の看板を下ろしたからこそ、改めて言えるよね。

社長は辛いよ、って言いたいわけじゃない。
でも、総理大臣って大変だよね。
決めて進まなきゃいけない。
(諸外国に比べて)報酬もそんなに高くないのに。(これ想像)  
Posted by brother_p at 02:18Comments(0)

2021年07月05日

お通夜の夜(夜、ダブってる?)コロナ葬儀雑感

IMG_0524お通夜の夜(夜、ダブってるって!)、一人で、いや母と二人で泊まったけど。

夜のお供は、お酒と母。
あ、逆だ。母とお酒。

だけどお酒は既に、妹と二人で空けちゃったし、持ってきたバーボンのポケット瓶も何か違うし。

じゃあ、控室にある(定番の)テレビでも見るかと、電源をONにしたものの、、

実はテレビ、昨年の12/28に家の居間のテレビが壊れて以来、一切テレビを見ていないのだよ。
一瞬たりともね。
テレビ漬けの私だったけど、そこはきっぱり。

この夜も、点けたもののつまんなくて、即OFF。
もはや、テレビはオワコン。
とっくに、テレビはオワコン。

この国の人がコンサバなのが故に、世界から取り残されたように、未だにテレビに権威?を感じているようなら、またもやオワコン、オワミンゾク。
未だに居るよね、テレビに写されたことを自慢にする一市民。

で、結局テレビは消してどうしてたかというと、ネットでオオタニくんの大活躍を見まくってたさ
これぞお通夜に最適コンテンツ。

だよね。
でしょ。  
Posted by brother_p at 00:00Comments(0)

2021年07月04日

みんなが取り返してくれて、今日は自分で取り返したいという気持ちでいきました。

FullSizeRenderエンゼルス、サヨナラ勝利後のヒーロー・インタビュー。

「一昨日はみんなが取り返してくれて、今日は自分で取り返したいという気持ちでいきました。」
FullSizeRender
ピッチャー大谷大乱調を、大逆転で勝利を納めたヤンキース戦。

一日おいて、オリオールズ戦。
大谷くんは2番DHで出場。
FullSizeRenderそしてなんと、29・30号ホームラン連発で、HR争い3本差の単独トップ。

ただこの日のハイライトは、7対7同点の最終回に訪れた。
四球で出塁の大谷くん、すかさず二盗。

FullSizeRenderそしてウォルシュの浅いライト前ヒットで、長躯生還。

クロスプレーだったが、確信のセーフ。
俊足とスライディングは完璧、ひっくり返り方もかっこいい。
FullSizeRender
8対7のサヨナラ勝ち。
なんてこったい。

シナリオ出来過ぎ。
「事実はアニメよりも奇なり」

まさに、感動のストーリー。
私の辛い日々?を癒してくれるかのよう。 くどいか。  
Posted by brother_p at 00:00Comments(0)

2021年07月03日

新型コロナウイルスワクチン予防接種済証

FullSizeRender6月26日に、2回目のワクチン接種。

ファイザー製は2回目接種後1週間経たないと免疫ができないとかで、引き続き、自粛・要注意だったよ。

そして今日、解禁?
ワクチン効果94.8%

これで、
「かからない」
「うつさない」
「どこでもいける」

近所平和・葵の御紋?

でも、引き続き気をつけましょう。
何で?
変異株もあるし、94.8%だし。
マスクは続くよ、花粉症だし。


忌明けは、7月30日。
忌明けと納骨と初盆をまとめてやりますよ。

関係なかったか、いやあるよね。
法事もコロナ対策しなくちゃ、だものね。  
Posted by brother_p at 00:00Comments(7)

2021年07月02日

アニメ・ストーリー「オオタニさーん」は続く。

FullSizeRender「アニメのようなストーリー」とこのブログに書いたら、SNSにKさんからの即コメ。
「ワールドシリーズの最終回にDHの大谷がピッチャーとのアナウンス聞きたいです。」

「さすがの感動のストーリー、さすがのKさん。」と返したら、第2戦は27号、28号と2本打っちゃった。
試合は負けて、エンゼルス対ヤンキースは1勝1敗。

そして3戦目、大谷先発。
さあ盛り上がるアニメストーリーと期待した。
1回表先頭打者、バッター・大谷は凡退。
1回裏先発投手、ピッチャー・大谷。

FullSizeRenderそれがなんと四死球連発で降板7自責点。

アニメのストーリーは崩れたのか、いやこれこそアニメのストーリーなのか。

1回目の雨による中断、中止になれば大谷の負けが消える。
2回目の雨による中断、コールドゲームとなれば、大谷が敗戦投手。
まさに雨の慕情。二転三転。
FullSizeRenderところが、大どんでん返しが最終回に待っていた。
9回4対8の4点差、ヤンキースのクローザーはチャップマン。

FullSizeRender万事休すかと思ったら、まさかのチャップマン。
四球連発は、どこかで見たシーン。
初回の大谷が、9回のチャップマンに乗り移った?
FullSizeRender挙句の果てにウォルシュが満塁ホームラン。

あのチャップマンが、ボコボコにされた。
栄光のチャップマンの、最大の屈辱。

FullSizeRender大谷くんの憧れ、地上最速投手170kmのチャップマンを、エンゼルス打線がオオタニくんのライバル・レベルに引きずり下ろした。

←見てよ、この写真。
IMG_0572
←見てよ、このスコア。
初回大谷が7点取られ、最終回チャップマンが7点取られ、「点対称」って行うのコレ?

FullSizeRender(まあなんと、下手くそな長文の実況中継になっちゃった。アニメなら、もっと劇的に場面は運ぶよね。)

これで、エンゼルスの2勝1敗。
ところが第4戦は、大雨の恐れがあると言うことで、なんと中止。

ヤンキース、ボコボコにされることを避けたな。
この屈辱から逃げたな。

ということで、チームメートに救われた大谷翔平。
まさに、感動のストーリー。
次はオールスター、そして投手復活から栄光の道へ。
まさに、感動のストーリー。

私の辛い日々?を癒してくれるかのよう。 くどいか。  
Posted by brother_p at 00:00Comments(0)

2021年07月01日

ふくろうの家から実家に引っ越した。

母の荷物を引き払おうと、ふくろうの家に行って驚いた。

綺麗にちゃんと整頓されて、いつでも運び出せるようになっていた。
そして、施設の車で運搬までしてくださった。
ふくろうの家には、本当に感謝しかない。

思えば三年と数ヶ月前、2018年の初めの頃だったか、喜久鮨でのこと。
大将から、くらしの杜に介護施設が出来るという話を聞いた。
もうその日が、施設の説明会だったような。

ぜひ母を入居させて欲しいと、お願いをした。
そして、幸運にも入居することができた。

弟はその知らせを聞かずに逝ってしまったのか、知らせを聞いて安心して逝ってしまったのか、記憶が定かでない。
日記で確認してみよう。

その2018年4月から約3年と3ヶ月、母の暮らしたふくろうの家。

しおれきっていた切り花が、ふくろうの家の生活で水を得て生き生きと蘇ったようだった。
つい数ヶ月前、母は「みんなに守られて幸せ」と呟いた。
ほとんど、他に言葉は出なくなっていたのに。

そして6月26日亡くなったお昼、施設のお別れの会で葬儀場へと送り出し、葬儀を経て今日7月1日母の荷物の引き取り、引っ越し。

IMG_0591今日からは、母が70年間暮らした実家で忌明け・納骨の日を待つ。
せめて「ここから」の旅立ちは叶うことが出来た。

写真はその祭壇。仮住まい。
仏壇にはまだ入れられない?んでね。

位牌ははずして写真を撮ったさ。
「戒名が短い!」という人がいるからね。

納骨準備で墓誌に母の名が入り、そろそろ復元されるけど、そこに並ぶ3人の戒名を見て、シンプルでいいなあと言っておくれ。
  
Posted by brother_p at 23:30Comments(2)