2005年05月05日

高松に行きました。(オマケ)

1d31be62.jpg私は愛知県岡崎市の住人である。
岡崎駅を訪れた方に、岡崎の人口を聞かれると、
「7万人です」と答える。
「意外と多いですね」と来訪者。

そんな話を地元の人にすると、悲しい顔をするか、なんてひどい答えをするんだといった顔をする。
ディープな岡崎人は、「(JR)岡崎駅だからそういう印象なんだ。(名鉄)東岡崎駅に来てもらえ」と言う。
「え、昇降客は東岡崎より、JR岡崎駅の方が多いんですよ」と皮肉な私。

岡崎の人、安心して。
ちゃんと「36万です」とネタバラシをしている。

高松は34万都市である。(正確には338,238人・平成17年4月1日現在)
街の規模というか、にぎやかさ、華やかさは、岡崎の数倍といった印象。これは私の印象のみならず脇さん(岡崎在住)もそう言う。
これは、高松の古市さんもそう言う。
高松の街中を車で移動中も、そんな話題が何度も出た。
県庁所在地であり、官庁の建物があったり、企業の地方の本部があったり、また、港があったりという要素もあるのだろう。

でも高松が特別なのではない。岡崎が特別なのだ。
高松VS岡崎でなくても、小樽VS岡崎、青森VS岡崎、豊橋VS岡崎、同様に感じる。なんでだろうね。

でもいやじゃない。
で、私は今日も「7万です」と答える。

<高松のオマケトピック>
街の飲食店の看板に「ライスカレーうどん」ってのがあった。皿にライスとうどんが盛ってあり、そのボーダーあたりにカレーがあるんだろう。
車を止めて食べようとは思わなかったが、ネタにいただいて帰った。

<岡崎のオマケトピック>
そんな岡崎がいやじゃないが、「みどりの窓口」が1箇所だけってのは勘弁してほしい。列の前に自動券売機ぎらいのおばちゃんが「○○までの往復切符?下さい」なんてやってたら、電車を乗り過ごす。
36万都市のJR駅に1箇所なんてありえない! 
と、ブログに書いてても効果ないか。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/21028047
この記事へのコメント
ライスカレーうどんは、神戸産でした。
Posted by 伝道管理者 at 2005年06月07日 14:49