2005年08月21日

愛・地球博、四たび。

出口4回目の愛・地球博は、某奉仕団体Rの例会
大雨というか豪雨の中。
会場へ向かう中、随所に写真のような案内板が見られる。
まず、日本語。
そして英語、韓国語、??語の4ヶ国語。でも何故日本語2箇所?と思ったら、いやこれは中国語だ。
出口は、日本語も中国語も出口。

じゃあ、??語は何語だろう。
ポルトガル語(当地はブラジルの人が多いから)か?スペイン語か?
聞いてみた。
会場内のブラジル・レストランで聞いてみた。
「Saidaってポルトガル語?」「……?」
ブラジル人かと思って聞いた相手が、日本人だった。あちゃ。
他のスタッフに聞いてもみんな「?」。ブラジル人は一人もいなかった。なんだよ。
じゃあ、スペイン語圏に!と、キューバ、メキシコ、スペイン館に狙いを定め、一番すいているCUBA館の案内のお嬢さんに聞いてみた。
「Saidaってスペイン語?」「……?」と首を傾げられたあと、
「スペイン語で出口は、Salidaです。」と教えてくれた。
そうか、スペイン語じゃないんだ。
と、ポルトガル語が最有力ということで、会場を後にした。

この記事へのトラックバックURL