2005年10月23日

新米社長に学ぶ。

toyotasta今日は早くから岡崎を出て、豊田スタジアム。
といっても、サッカー観戦ではなくロータリークラブの地区大会。ン千人のロータリアンが集まるので半端な会場じゃあ無理。それで42,000人収容の豊田スタジアムでの開催となったのである。
昨日からの急な冷え込みの中、屋根はあるものの野外の良さとをうまく組み合わせたスタジアムは、老骨が長時間にはさすがに辛いものがあった。
渡辺社長
しかし、午後からはトヨタ新社長の渡辺捷昭氏の講演「豊かなくるま社会をめざして」。早引きを常とする不良ロータリアンの足止めとなっていたようだ。

渡辺捷昭氏はこの6月に社長に就任したばかり。
奥田さん、張さんときて、チョーさんのあとはカトちゃんかと思ったら、ナベちゃんだった。

話はさすが。
ゴーンさんほどのサービス精神?ないものの、内容は充実。
静かな語り口の中に迫力と自信が感じられた。新米社長なのにね。

自信とは、トヨタという企業に対する自信。
そして、そのトヨタの舵取りをやっていく自信。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
 本日の担当業務は、記念  講演の講師としてお招き  した養老孟司先生の送迎。  朝5:30に担当業務を  ご一緒する平地区幹事が  ご自身の車(これがまた  かっこいいBMW [:車:] )で  迎えにきてくださり、札幌駅  へ。  6:07に到着する青森から  ...
地区大会 第2日  養老先生の送迎【国際ロータリー第2510地区ガバナー事務所 新世代部門】at 2005年10月24日 09:10