2005年12月17日

東京行き顛末

新幹線高松の夜の金崎さんから始まったコミPenトリオS・B・Fの超偶然。

今回も大小の「超確率現象」が起きた。
まず、高松から名古屋途中下車で本山ミーティング参加のFさん、東京までの切符を名古屋改札で取り忘れ。数時間後気づいてダメモトで名古屋駅に電話したら「え?有った!」

翌日は東京行き、名古屋駅新幹線ホームFさん以外は雪のため在来線の遅れ。絶望的に遅刻が新幹線も遅れ、Sさん悠々、私発車ぎりぎりセーフ。

東京駅で降りるつもりが、品川に変更。上ろうとしたホームの階段をゴミ捨てのため急遽変更したら「あれ!公○子ちゃん?」、確か知り合いとすれ違った?とケイタイみたら私には珍しく電話帳にある。
「今すれ違ったかも」と電話したら「懐かしいね。またいつか会いましょう。」
山手線、3人で座ったら、前に公○子ちゃんが立っている!
その後、何もなかったけど。

翌日、F社訪問の後、日本橋の創業100年の洋食屋さんで昼食。3人ともお金を払わず出て来た。わざとじゃないよ!

という旅を終わり、別々に東京より帰途についたのだが、その後FさんBさん激しい嘔吐と下痢。昨夜の生牡蠣かなあ。
私はなんともないよとメールしたのだが、その後時間差で超下痢。リキッド・タイプ。

コミPen、幸先良いやら悪いやら。22日発売。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
ペタンコ小人チャンこれはいかがなもんですかいのぉパカッぁ
パッパカッぁあれあれ【ぷぷりぷりモンブラン】at 2005年12月17日 19:47