2006年04月07日

ミャンマー紀行-58:ネコも痩せてる。

25ネコミャンマーの人は、みんな目鼻立ちがはっきりしていて美人さんが多い。
こどもも、それにかわいさ、純真さが加わって、見ていてうれしい楽しい。
他の東南アジアの子供もかわいいのだが、東南アジアの子供から生意気さを引き算するとミャンマーの子供っていう感じ。
他の東南アジアには失礼な言い方になったが、大雑把に言うとそう。

ミャンマーの魅力に、「譲る」国民性を見たのは私だけだろうか?
わたしの周りのミャンマーの人がたまたまそうなだけなんだろうか?
そうならば、それはそれでいい。

何かに、「ミャンマー人は謝らない。言い訳が多い。」って書いてあった。
わたしにそんな実感はないが、確かに日本人は「謝る」ことへの評価が高い。

鳩もカラスも犬も痩せていたが、ネコも痩せている。
日本に連れて行ったらどうなるんだろう。
幸せかなあ。

このネコは痩せているのか、子猫だからこうなのかわからぬが。
無知なわたし。
------------------------------------------------------------(2/5)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/50397061
この記事へのコメント
この猫、なんかおかしいねー。
猫に伝道のタイガーマスク被せちゃったみたいだねー。。。


香港の友達が言ってたよ。
「どうして欧米の赤ちゃんは静かでかわいいのに、
 香港・中国の赤ちゃんはこ憎たらしいのかしら。」
思わず笑った。
「赤ちゃんは世界中どこでも同じなのでは?」
ステレオタイプ万歳!

でもさ、赤ちゃんはきっと世界中どこでも同じで生まれてくるはずなのに、
その後出来上がる人間は確かに国によって特徴あるよね。
やっぱり子供は親をみて育つんだろうね。
Posted by 庭のトマト 次女 at 2006年04月09日 13:12
親って、ひょっとして私?
Posted by 伝道元保護者 at 2006年04月10日 00:40
親を見て育った自信あるよ!私!!
Posted by 長女 at 2006年04月11日 13:33
娘を見て育った自信あるよ!私!!
Posted by 伝道反面教師 at 2006年04月13日 18:38