2006年04月12日

ミャンマー紀行-63:カレー・マッサージ

26カレーマッサージタイトル訂正。カレーとマッサージの間違い。
カレーマッサージではちょっとつらい。
ローションやオイルならイケてるけど。

カレー嫌いのN士が帰ったので、晴れて昼食はカレーとなった。
本格的なカレーバイキングの店で野菜カレー、ビーフカレー、チキンカレー、魚カレー(あったっけ? あとは忘れた)をトッピングして、ご飯、ナン、それから煎餅のようなものと組み合わせて食べる。

食べていたら、軍隊の人(つまり軍人)がどやどやと入ってきた。
軍人さんに不慣れな私はちょっと緊張。マッチョに弱い。

昼食のあとはマッサージ。
この旅の中で多い人は数回マッサージしてもらっているようだが、私は興味なし。
肩こらないし、もまなきゃならないほど体が疲れない。
でも、みんなマッサージ大好きのようだ。
わたしも、たまにはと付き合った。

若い女性が薄着?で現れて、わたしをどうにかしようとする。
わ、わ、どうなっちゃうんだろう。
顔を見ると、カワイイ。わ、わ。

数分後、やはり恐れていたことがおきた。ヤベ!

い、痛い! 止めてほしい。
我慢するべきか、でも痛い。
こんなの体にいいはずがない。
アユルヴェーダみたいなのはしてみたいとおもうけど。
------------------------------------------------------------(2/6)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/50407987
この記事へのコメント
全員のマッサージ代は私のオゴリだった。と言っても一人1時間4000チャット(?00円)。あの技術で!安いよなア〜。ちょうど日本の10分の1相当額だから、日本価格だとヤンゴンでは10時間出来る。次回挑戦しようッと??

N士にも、おごってやりたかったなあ〜?−ウソ!
Posted by マッサージ大好き隊長 at 2006年04月12日 21:05
電動マッサージとはリアルでした。
中学のころ、父のヴァイブレータでオイタをしていました。
ブログの名前もその影響かも。
(電動改め伝道マッサージ、あ逆か)
Posted by 電動マッサージ at 2006年04月12日 22:24