2007年01月19日

A-Formation #8:「オウム真理」

オウムコアラのみが主役ではない。
オーストラリアの動物はタレント揃いである。

極彩色のオウム。
オーストラリアの植物は生臭いが、オーストラリアの動物は「絵的」である。
我々との関係も、植物よりかえって穏やかな感じさえする。

オーストラリアは男性の同性愛者が多いらしい。
かつて国では禁止していたが、今では世界大会が定期開催されている。

往路のカンタスもフライトアテンダントの紳士諸君はみんなそんな雰囲気だった。
若くして引退の、イアン・ソープもそうらしい。

このオウムの手つきも、そういえばカマっぽい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/50700956