2007年12月10日

越南紀-59:「何犬かはわかりません」

犬2まずビール。
勢いづけと、流し込み用?

犬が出された。
皮付き、肉との間に脂肪がタップリ。
「赤犬?」と聞く人がいるけど、肉になってちゃわからない。
そもそも、赤犬を知らない。
それで食べる食べないが決まるわけじゃない。

内臓も出てきた。
レバー?と腸に詰め物。

美味しいわけではないが、食べられないこともない。
だが、ここでT生くん脱落。

多少の臭み、かなりの硬さだ。
なんども噛みながら、「犬、犬、犬、…」と繰り返していたら、K彦さんも脱落寸前。

添え物は、米せんべい?と臭い野菜、くさいやさい、香草というより臭草。
K彦さんに止めを刺したのは、誰?いや「タレ」。
定番の塩コショウ系、チリ系は慣れたのだが、今回登場の「エビの醤」は強烈だ。
unkoironogeroaji? 食べたことないが、こんなかも知れない。
いや、味はこの海老ジャンの方が強烈だろう。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/51326304