2008年01月12日

DEAR BROTHER

dear brotherN印刷S社長からの年賀状。

DEARの後が、宛先ごとに差し替えて印刷されている。
しかも、単にテキスト(文字)でなく、イラストとなって。
これが噂の、S社の注力商品なのだ。

ブラザー印刷だからBROTHER、英語だし、イラストだし、それっぽ過ぎて(それっぽい+過ぎる)、普通に見えちゃう。

他の宛先もアルファベットなんだろうか。
DEAR SATOU とか、DEAR JOHN とか。
DEAR 佐藤かなあ。

なにが言いたいか。
日本人にとって、アルファベットはイラスト的に見えるなあ、ってこと。
よくデザイナーがそれらしく見せるために、アルファベット(英語らしきもの)を使うでしょ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/51381160
この記事へのコメント
よっ! 兄弟!ってなもんじゃないですか?
     と見えます。
Posted by 枠の外 at 2008年01月10日 11:41
以前、「オンデマンド印刷の品質は、オフセット印刷化しなくてよい」と伝道ってました。

「あれ、なんか変?」という方がクライアントさんとか、エンドユーザーの気づいてもらえます。

自分の名入れがしてあっても、好みの写真が載っていても、あんまりすんなり入っているとすんなり流されてしまったり。
Posted by 伝道POD at 2008年01月14日 09:43