2008年01月09日

Formosa! 台湾。その9「あてにならない守護霊」

0102守護霊私の買った切符に信用が無いのか、不安げに道路標識に目をやる二人。

ワンマンバスなので、降りる時のピンポン(実際はジリリィ〜ンなのだが)をいつどこで押せばいいのかという不安も襲って来ているようだ。

そんなI橋くんの状況を助けようと、守護霊が顔を出した。
写真に写っている。
I橋くんも急に安心の顔となる。

だが、よく見るとK彦さんに見える。

守護霊でなくて、さらにI橋くんを不安に陥れる呪縛霊だったようだ。
これで言い知れぬ不安の原因がわかった。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/51382896