2008年01月25日

Formosa! 台湾。その25「太魯閤渓谷、狭い空」

タロコ13時出発で、太魯閤渓谷へ。
日本語の(少し)わかる運転手さんのバンに乗り込む。
10人乗りに3人だけ?

他のホテルに回って、他の客を拾って現地へ向かう。
まず若いカップル。
私とI橋くんの後ろのシートに座った。
日本人のお嬢さんと、日本に留学経験のある台湾の若者かと思われる。
聞き耳を立てて聞いた話の内容から、(私とI橋くんの)意見が一致した。
時々、若者が間を置いて何度もあくびするのが気になった。
私もI橋くんも。

あと、3人の家族連れ。
一番後ろのシートで、素性はわからず。
日本語でない言語(中国語)をしゃべっていた。

1時間余りして、車は太魯閤渓谷の入口に着いた。
門に「東西横貫公路」とある。
太魯閤は台湾の東側、北から3分の1あたりにある。
そこから、切り立った山中を西へと向かう。

このあたりで、以前も来た事を思い出した。
そういえば、故宮博物院も行ったことあるし。

そんなことを思っていると、車は渓谷沿いの狭い道を、どんどん山中へ走る。
大理石の崖に穴が開いて、そこから川へ水が流れ落ちるのがよく見られる。
恐るべし、水のパワー。

切り立った渓谷、どんどん空が狭くなって行く。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/51407593