2008年04月23日

この道は、いつか来た道。

0423centerline.jpg名古屋は一向に減らない交通事故対策として、狭い道のセンターラインを取るという施策に出た。

これにより、事故が減ったという。
なまじセンターラインがあると、スピードを出す傾向がある。
センターラインを無くすと、用心しながら運転するというのだ。

こういう発想って、好きだ。
効果も出てるというし、的を射たアイデアだ。

同じ名古屋の交通事情の話。
広小路通の片側2車線を1車線に車線減少し、歩行者のための空間をつくる計画があった。
妙案と思っていたが、反対も激しく、実現が危ぶまれている。
な〜んだあ、やればいいのに。

都市の道路計画では、こういった案は近頃よく聞く。
だが、(渋滞を引き起こす?と)クルマ族の反対も強い。

現時点での便利さ、得さをベースに考え、長期的に考える頭のない人たちは、しょーがねーなあ。

同じことを堂堂巡りしている。

この記事へのトラックバックURL