2008年05月21日

菊田義久写真展「プロレス」

0521大谷.jpgライターさんに、写真展の案内状をもらった。

大谷晋二の顔面ウォッシュの助走に入るシーンのショットだ。
最高!

見に行きたいが、さいたま市開催。
出張のフリして行っても、ここに書いたら(社員さんに)ばれちゃう。

プロレスには、「野蛮」「八百長」とネガティブな言葉がつきまとうが、実は次元の高いものなのだ。

女性は知らないだろうが、あらゆる運動部の練習の休憩時間に、男どもはもれなくプロレスごっこをやっている。
男どもは忘れたかもしれないが、あらゆる運動部の練習の休憩時間に、男どもはもれなくプロレスごっこをやっていた。

そんな崇高?なプロレスだからこそ、写真によってこのようにも昇華する。

もらった案内状を、窓辺のもらい物コーナーに置いてみた。
なんとしっくり溶け込んでいることか。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
わぉ!仕事のフリして社長室覗きに行こうっと。
     潜水艦になりたい・・・
Posted by じっくりコーナー at 2008年05月22日 10:33
このお嬢さん、ロープをまたぐ長州みたいですねえ。
Posted by 伝道切れてないっすよ at 2008年05月22日 13:47
はじめまして。
ライターのシモムラさんの友人です。
今回の個展を担当しております。
このように取り上げて下さってありがとうございました!
本日初日を迎えましたが、菊田氏ならではの素晴らしい写真を22点ほど展示しています。
出張のフリをして、是非ご覧いただきたいところです!
Posted by 楽風の高峯小枝子 at 2008年05月22日 14:18
プロレス写真展を見て、ジョンレノン・ミュージアムに行って、スーパーアリーナで総格を見て、そんな派手な出張のフリもいいかも知れません。
Posted by 伝道ツアー at 2008年05月22日 17:02