2009年02月09日

ケビン

0206ケビン.jpg爆笑問題の番組で、体罰の法案を議論してた。

体罰というか、子供に愛の?ゲンコツはありか?というテーマ。

賛成派は「愛があれば」「理性で叱れば」是とする。
反対派は「暴力で育てられた子は暴力で物事を解決するようになる」と。

私は、「その場」に居合わせたら、「その場」で対処するんだろう。
法案(ルール)に依らず、風潮に依らず。

ところでこの番組で、満を持してのケビンの発言があった。
(彼は反対派)
「だいたい日本のお笑いはなんですか。あの頭のたたきあいは。頭たたかないと笑いがとれないんですか? 他の国では絶対しませんよ。」
例の如く、その発言は拾われず過ぎていったが(例の如く本論とずれていたようだが)、言ってることには同感だ。

この爆笑問題の番組、お笑いの出演も多いが、ケビンの話が拾われなかったのはそのせい?
いや、感じてないんだろうね、お笑いさんたち。
アタマどついてアタリマエ。

近頃、高学歴のお笑いが増えてきたけど、期待していいのかな。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/51796415