2009年04月23日

「平和を我等に」じゃ、レベル低いっしょ。

0421peace留守録してあった「英語でしゃべらナイト」を見ていたら、ショーン・レノンが出てきた。
言わずと知れた、ジョンとヨーコの息子である。

ジョンとヨーコの映像も流れた。
「Give Peace A Chance」の曲をバックに。
テロップには「平和を我等に」、「Give Peace A Chance」の邦題である。

おや、「英語でしゃべらナイト」としたことが。
「邦題」だから仕方ないのか?

当時のレコード会社が間違って?訳したんだろう。

「Give Peace A Chance」=「平和にチャンスを与えよう」でしょ。
「平和を望む」ってことじゃ大差ないって言うかも知れないけど、大違い。

「平和を我等に」じゃあおねだり、受身じゃんか。
さすがヨーコと結婚した後のジョンの「言葉の冴え」と思わせる「Give Peace A Chance」との表現の差は天と地ほどもあるよね。

わかる?

「英語でしゃべらナイト」としても辛かっただろうなあ。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
それも含めてネタかもよー。
分かる人には分かるよね、ぷぷぷ。って。
Posted by 長女 at 2009年04月24日 11:15