2011年06月08日

デストロイヤーVSスーパーデストロイヤー

ふと見た光TV、懐かしの名勝負。

おお、ジャイアント馬場・ジャンボ鶴田組VS大木金太郎・南海山組。
次の試合は、おおおっ、デストロイヤーVSスーパーデストロイヤー、US覆面世界一王者決定戦、昭和51年。

スーパーデストロイヤーが一本目フォール勝ち。
そう当時は60分三本勝負なのだ。

no title二本目はデストロイヤーの逆転フライイングボディーシザーズ。
おや、地味な。
決勝三本目は、お約束の4の字固めでデストロイヤー勝利。

今見ると懐かしさと物足りなさ。
でも当時は緊張と興奮で見てたなあ。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
必殺技が必殺技だったいい時代ですね。
テレビに向かってイノキコールをし、気合だーっ!の人に、本気で「ふざけんなよ、コノヤロウ!」と怒ってました。
プロレスLOVE!
Posted by EL MASCARA DE 66 at 2011年06月09日 22:24