2012年01月02日

「好きなことを仕事にする」ということ

11年連続200本安打を達成できなかったイチロー。
心が折れた年だったとも。

「大好きなことを仕事にしてるんだから、とんでもなく辛いことが起きるのは当たり前」

私は、「好きなことを仕事にしないほうがいい」と言って来た。
例えば、私は音楽とか歌が好きだが、「下手だ」なんて言われるとめげちゃう。
好きだからこそ。
だから、趣味を仕事にするより、仕事を趣味にするほうがいい。
私、イチローじゃないし。

タモリもそんなことを言っていた。
でも、イチローもタモリも同じことを言っているのだと思う。

向かない仕事、合わない会社、嫌な上司、そんなことを言ってる人は、仕事に辛いことが多いように思っているかもしれない。
でも実は少ないのだ。
好きなことをするほうが、辛いことが多いのだ。

高いハードルを超えてまで、好きなことをする。
嫌な?仕事も楽しくやって、ハードルを低くする。

どちらも「仕事」の達人。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52238996
この記事へのコメント
【きょうの名言】好きなことを仕事にする意味―【私の論評】好きなことだけをする人は、大成しない、大成するには、規律が不可欠である!!

ブログ名:「Funny Restaurant  犬とレストランとイタリア料理」

こんにちは。グリー創業者の田中良和氏が、好きなことを仕事にすることの意味をツイートしています。たとえ、好きなことであっても、仕事であれば、成果をあげなければなりません。成果をあげるためには、規律が必要だということです。規律なしには、どんなことでも、大成はしないということです。 田中良和氏の言っていることは、そういうことだと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2012年01月25日 15:14