2012年02月12日

ミュージカル

no title長女に連れられて、ミュージカル観劇。

ラ・カージュ・オ・フォール
ー籠の中の道化たちー
LA CAGE AUX FOLLES

当然、鹿賀丈史主演。

場所は愛知県芸術劇場。
「ここの小劇場は舞台に上がったことがあるのだよ」
とムスメにちょい自慢。

10数年前、全国印刷緑友会セミナーで自前の劇を上演したのだ。
制作・脚本:K印刷K社長
コメンテーター:K社長と私
音楽制作:KコーポレーションT社長
演目は「印刷業に明日はない」と「会社はだれのもの」の二本立て。

その模様は全編ビデオに収めて全国の印刷会社に販売の予定が、当日ビデオ係の仲間が眠ってしまって撮れず。
結局、後日再度会場を借り、役者も(プロ)再度集め、ビデオ撮りをした。
無事?ビデオも販売に至ったのだが、それには幕間のコメント(ミニ講演)は入っておらず。
私の晴れ舞台は。

話はミュージカルに戻して。
このラ・カージュ…の幕間の休憩時間に席に居たら、「あれ、オカダさん。なんでココにいるの?」と背後から声。
なんと偶然にも、ソノK社長とT社長。
そちらも当時のことを話題にしていたところ、まさか私もいようとは。

話はミュージカルに戻して。
ミュージカルは今まで(過去ムスメに誘われた「ジキルとハイド」も含めて)数度観劇したが、今回は感激。
ミュージカルっていいなあ、とまではいかなかったが、十分楽しめた。

鹿賀丈史と共演の、市村正親のオカマのボーカルにも興味津々で見られた。

「籠の中の道化たち」とは、オカマのショーの話、ステージ場面のキャストはすべて男優が女装してという倒錯の世界の話。

更に、ミュージカルなる西洋歌劇を日本人が演ずるというW倒錯も楽しめた。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52248395
この記事へのコメント
ありがとーぅ。
Posted by 長女 at 2012年02月13日 12:16
不客気
Posted by 伝道過激 at 2012年02月13日 17:51