2012年02月22日

ミャンマー帰朝報告

昨夜のロータリークラブ例会は、ミャンマー訪問団帰朝報告。

先日、帰国直後にK彦さんに会ったときは、下痢以外は順調な旅だったと聞いたが、とんでもない失敗をやらかしたらしい。

お土産にチョコレートをもらった。
エレファント・マカダミア・ナッツ・チョコレート。
あれ? タイ製だ。

ミャンマーはこれといったお土産が無く、毎回訪問団は頭を痛めているようだ。

ところが、ミャンマーは資源豊富、国民勤勉、人件費も安い。
日経新聞の一面にも「急げ、ミャンマーへ!」の大きな見出し。
今回も、従来ほとんどいなかった韓国人の旅行者が多く見られたようだ。

社会主義制度の解放、軍事政権の動向、といった課題は大きいが。

来年は行ってみよう。

つけたし:
ミャンマーに行くと下痢をするだとか、水に気をつけろだとか、行って下痢しないのはオカダだけだとか、なんか言い過ぎ。
私に、じゃなくてミャンマーに。
なんか汚い国みたいな言いざま。
上から目線の言葉、たしかに途上国だけど、もっと大人の言い方しようよ。

あ、「帰朝」という書き方も上から目線か?

この記事へのトラックバックURL