2012年03月09日

出会いの駅おかざき

昨日、浜岡原発見学を終えて、東岡崎駅着が17時30分。

続いて、シビックセンターで「出会いの駅おかざき推進協議会」の役員会。
どうやって行こう。
そうだバスだ、と乗ったら久しぶりの知人に会った。

東岡崎駅前活性化に尽力をし、なにより長年「三河岡崎のタウン誌・リバーシブル」のオーナーだったSMさん。
そう言えば、市会議員をしてたこともあったっけ。

町おこしの会に行くときに、町おこしの志士?に会うとはと思いつつ、バス車中で「世を憂う」会話が彼と私で交わされる。
けっこう大きな声で。
横に奥さんがいたのだが、「いつものこと」と表情は変えず、なのだが他の乗客にはねえ。

話していて、突然思い出した。
あ、マサミさんだ。

以前、カオル、ツカサ、ミキ、みーんな男って書いたが、R誌でカオル・ツカサ両氏のボスだったSさんもマサミだったじゃないか、って。

どーでもいーことだけど、おもしろがってしまう。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52254737