2012年03月17日

英語公用語化は会社を潰す?

no title「英語公用語化は会社を潰す?」
そんな記事が目についた。

日本語が禁止された会社で、社員同士の会話が減るというものだ。
楽天はどうなんだろう? ユニクロは?

ユニクロは、日本人同士は日本語で良いらしい。
会議とかで、一人でも外人が入ったら英語でということだ。
外人といっても、アメリカ人イギリス人とは限らない。

楽天は、議事録は英語のみらしい。
楽天の、プロ野球の打ち上げみたいなパーティーで、田中マー君が司会者に「英語でスピーチをどうぞ」と振られ、たどたどしい英語でスピーチしてた。

星野監督にもそう振る(振った)のだろうか?

ところでサッカーは(野球と違って)、世界を目指す若者は英語も特訓するらしい。
海外でのメンタルコンディションやコミュニケーションも、大きくパフォーマンスに関わる。
(な〜んて、カタカナ多くなったアルヨ)
愛知県岡崎市出身のプロサッカー選手、プレミアリーグのボルトンで活躍の19歳宮市亮くんがそうらしい。
知り合いが言ってた。
その人の知り合いが英語を教えたって。

そういえばウチ、この社内報Brahoo!の「英語公用語化推進派」の写真の3人、実は全く推進派じゃないなあ。
英会話の部活?にも出て来ないし。
私も出てないけど。

この記事へのトラックバックURL