2012年07月05日

アスリートの広報効果

商工会議所工業部会7月例会は、
浅田真央愛用マットレス
「"エアウィーヴ”ヒットの秘訣」
〜糸くずからの逆転発送!!〜

(株)ウィーヴァジャパンは、マットレスを開発・販売したが2007年に発売してから3年はまるで売れず。
ところが、2010年は3倍、2011年はそのまた3倍。
2012年見込みは25億円に達するという。
1日に7000万円売れた日もあり、上方修正する見込みという。

何故売れ始めたのか。
真央ちゃんがニュース番組で愛用していると言ったことから、ブレイク。
海外遠征に行く前のインタビュー、左手の甲にメモ書き「マットレス」。
マットレスを持って行くことを忘れないように。

ブラックサンダーもそうだが、健康関係は特に、実際に愛用していることがポイント。
単に有名人をキャラクターに依頼するだけじゃダメ。
それでも真央ちゃんに数千万、と講師はつぶやいていた。

会場の真ん中でマットレスが敷かれ参加者が試したが、多くの参加者は「いいけど、10万円は高いぞ」。
高い物を売るのがマーケティング、と講師さん。
下の価格帯には競合だらけ、良い物をつくり高価格帯を狙うマーケティング。

私もそう思う。
「結局は値段」じゃない。
特に中小零細は。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52277999
この記事へのコメント
真央ちゃんのキャラクターで大ブレイクしたとの、下りは、商品価値がそれだけ見合う内容が持ち合わせていたことの証明。
10万円プラス消費税、魅力的だが、価格がとても、強気、欲しい気持ちと、半々。イオンのジムの1年分と同じ、私は揺れる。うううううんん!!!
Posted by O山M広 at 2012年07月06日 07:03