2012年08月16日

ムガルサライ駅に着いた。

no title列車を降りるときは、多少緊張した。
「明かりが見え始めたら駅なので降りる準備をしてください」
そうガイドさんに言われていたが、なかなかその明かりらしきものが見えない。
言われてからそのつもりで、1時間も真っ暗な車外を見ていた。

ムガルサライ駅に着いた。
9時間の予定が、11時間は経っていた。
まあ、普通なんだろう。
no title
薄暗いホームに沢山の人。
いきなりポーターが我々のスーツケースの二つを頭上に載せ、ひとつを手に持って駅構内をぐいぐい進む。
雑踏をかき分けて。

クルマに乗り込み、真っ暗な凸凹道をホテルに向かう。

この記事へのトラックバックURL