2012年11月23日

どのように料理されるか、楽しみ

画像1「ありがたき社長の言葉」、私は手書き等メモ1枚とコピーを回すのみ。
それをいかにデザインするかは、編集室のデザイナーにまるでおまかせなのだ。
そして、どんな形になってくるかを楽しみにしているのだ。
社長校閲・校正ナシ。

今回も、
「世の中の多くの企業で
「お客様第一主義」とか……」
手書きのメモを渡したのみ。

どう料理するのか楽しみだった。
難題、手強い素材じゃないかな……なんて思いつつ。

そしたら、Daiscoのfacebookに「三波春夫のフィギュア買った」との書き込み。
なんじゃらほいと思ったが、まさか「ありがたき社長…」用だったとは。

で、2000円もしたらしい。
費用は自腹? クリエーターはハングリーでなくちゃ。

この記事へのトラックバックURL