2013年04月21日

ワインでいただくコールドビーフ

画像1セミナー・試飲に続いて、直営レストラン「風」で食事。
ワインはやはり、食事といただくからワインなのだ。
食事との相性が命なのだ。

まず、食前にスパークリングワイン。
シャンパーニュ地方産ならば、シャンペンと言われるやっちゃ。

前菜は、マグロのカルパッチョ(多分?)。
違ったら教えて。

次に、椎茸のスープ。

メインは、コールドビーフ。
(写真は、ちょっと食べたあと)
ワサビ醤油と塩コショウでいただく。
アルガブランカ・ピッパとともに(多分?)
違ったら教えて。

美味〜。

デザートは、抹茶のムースをアルガブランカ・ドースで。
パーフェクト。

この記事へのトラックバックURL