2013年06月03日

DROP OUT のライブ(でもあったのだ。)

画像1植田芳暁ばかり書いたが、実はこのライブ、企画はT木J一郎さんで、彼のバンド DROP OUTが、前座で(失礼)演奏したのだ。

これは、書いとかなきゃね。ごめん。

しばらくぶりに観た(聴いた)のだが、まあ、手慣れた感じにおなりになって、ステージとして完成度が高かった。
曲は、オールデイズ中心。

左端の業界人っぽいのが、T木J一郎さん。
業界人っぽいといえば、リードギターさん。
演奏をしっかり取り仕切っていた。
もちろん弾きながら。

この「DROP OUT」というバンド名、植田芳暁さんが名付けの親。
もちろん、自分のバンドRAY OUTの名付け親でもあるのだが、似た名前をT木J一郎さんが望んだのかも知れない。

そいうえば、植田芳暁を世に出したワイルド・ワンズの名付け親は加山雄三だったということを思い出した。

会場に、以前ちょこっと一緒にやったことのあるベースのS田さん、ギター(ドラムもバンバンらしい)のH田さんが居て、いろいろ話せた。

ウチのバンドは、ドラムとベースがいない(不確定)なので、彼らをかり出すのもいいなと、モチベーション・アップ。

なんせ人柄がいい(よさそう?)。
バンドの必須条件は人柄でしょ。
間違っても責めない、みたいな。はは。

ところで、右端で一番高価なギターを弾いていたA野さん、写真から切れちゃいました。
ごめん、悪意はありませんので。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52333394