2013年12月08日

美しく、効果のあるものをつくるワークフロー

画像1私たちの制作工程は、目的を知り、課題を見つけるところから始まります。

マーケティングノウハウを活かした数々の調査・分析をもとに企画を立案し、最適なグラフィックデザインを作りあげます。

<ヒヤリング>
上位の目的を明確にし、課題・価値を探すためのヒヤリングをします。
 ▼
<調査>
内外の調査を行います。
自社分析、競合他社分析、市場調査などにより、独自の価値を見つけます。
 ▼
<企画>あ
独自の価値を効果的に伝えるための戦略を立て、ターゲットや商品を絞り込みます。
 ▼
<グラフィックデザイン>
デザインロジックや心理学のノウハウを活用しながら、戦略をビジュアル化します。
 ▼
<印刷物・ウェブサイト>
グラフィックをユーザーに伝えるために、形にします。
印刷物をはじめとする媒体の制作です。
 ▼
<運用>
アンケートやアクセス解析を行い、反応を調査し、次回の戦略に活用します。

(12月1日発行、+D「デザインの力で、ビジネスは変わる。」より)

以上で、
+D「デザインの力で、ビジネスは変わる。」の紹介シリーズ、「完」。
読んで下さってありがとう。
最終回は特に長くて、すまぬ。

+D「デザインの力で、ビジネスは変わる。」
の冊子を入用の方は、「美しく、効果のある物」をお送り下されば、お譲りします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52360130