2014年01月03日

実は昨年末、手書きノート使いとなっていた私。

画像1「実は」が続く。

昨年末、営業の共有デスクに並べられた、いただいたカレンダー・手帳類。
その中にA5の能率手帳があった。
なぜか迷わず手に取って、2014年の常用手帳に採用となった。

「A5能率手帳」は数年前の数年間(なんとアバウトな)、私はビジネス手帳として愛用していた。
それ以前は「超整理手帳」、更にそれ以前は「マンダラ手帳」と変遷を重ね、ここ2年はiPadで済ませていた。

そして、「A5能率手帳」復活。
iPad miniと持ち歩きの相性も良さそう。

これが、いい。
手書きが、いい。
書くことで、頭が動き出す。
頭が動き出すと、手が動きだす。
体が動き出す。

私の頭のスイッチをオンにする。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52363573