2014年02月05日

Lennon & McCartney って訳には行かなかったんだよね。

画像1耳も聴こえてたみたいね。
全聾の作曲家は、実は詐欺師?
作曲を分担?していた男が、共犯者でしたと告白した。

最初から共作としておけば良かったのに、とは今だから言えることなんだよね。
全聾の奇跡の作曲家、現代のベートーベン、そういう触れ込み無しでは売れなかったんだろう。
「ゴーチ&ニーガ」じゃね。

そこへ行くと、ジョンとポールは「Lennon & McCartney」とクレジットし、将来のバカ売れを夢見た。
なんでもポールは「McCartney & Lennon」を主張したのだが、ジョンが「Lennon & McCartney」を強行したらしい。
というのは、先日見たビデオでポールが言ってた。
皮肉屋のポールらしいコメントだ。

そういえばこの連名、昔私も「シスター岡田&ジョーカー棚橋」っていう作詞作曲ユニットだったなあ。
ブラザー印刷の岡田とキングの棚橋社長のコンビ。
最初、「シスター岡田&ハート棚橋」として怒られた。

なんせハート社は、キング社の競争相手の封筒メーカーなんでね。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
附中?
Posted by jijo at 2014年02月07日 07:21
そうね。
Posted by 伝道懐古 at 2014年02月11日 13:38