2014年06月30日

目的・効果によって、価格は変わる。

image印刷料金を聞かれる。
「二つ折り、A4、1000部、紙はコート紙、でいくら?」ってね。

それには、「何に使うかによって違います」と答える。
会社案内なのか、会議資料なのか、商品販促パンフなのか……、によってね。

純粋に印刷費用だけなら即答できる。
何ページ、何部、といった「かさ」で決まる。

印刷物という媒体の価値は、どんな目的を達成するのか? どんな効果を生むのか?によって決まるのだ。
「安い紙を使って、安くやってほしい。」
そう言った要求には、「紙は何でも価格は同じです」と答える。

めんどくさい社長だ。
めんどくさい印刷屋だ。

この記事へのトラックバックURL