2014年12月12日

マーチンの最高峰

D-45_02711あいかん会食会も終えて、帰路に着こうとしたとき、なぜかギターの話になった。

「あのマーチン、弾きにくいんだよな」
とK春くん。
「えっ、持ってるのマーチンだっけ? マーチンの何?」と、私。
「D-45だっけ。」
「えっ? D-45なの!」
(けっこういいやつもってんじゃん)

並外れたギター好きな私だが、オタクじゃないので、値段とか、格とか、まるで詳しくはない。

「それ売ってよ。いくらで売ってくれる?」
「売るより、オカダさんの持ってる弾きやすいギターと交換でいいよ」

一瞬思ったのは、確かにいろいろなギターを持ってるけど、手放したくない。
それに、マーチンD-45に見合うギターは、ないかもしれない。

ということで、D-45の入手の期待と可能性のみ残して別れた。

帰って、D-45をググってみた。
すげっ!
100〜200万円のD-45があるよ、
中古でも60万円〜、かえって高いのもある。

すごいの持ってんな〜。
ギター弾けないのに(失礼!)。

ひょっとして私の持ってる高いギターを、何本貢げばいいの?
何本もいらないでしょ。

我が手にどう落とそうか。
夢を見てる昨日今日、明日?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52407082
この記事へのコメント
●「弾きにくいんだよな」とは?…と尋ねても,
 ご本人じゃないから分かんないか?
Posted by ギター青汁 at 2014年12月15日 12:17