2015年02月26日

1989年4月西研企業見学会

image「5S」の過程での出土品。
1989年4月7-8日西研企業見学会、「あいかん3社」の見学会の写真だ。

「あいかん3社」つまり、鍋清(名古屋)、ミツワ印刷(名古屋)、ブラザー印刷(岡崎)は「愛環塾」を結成し、3社の全社員を巻き込んでMGを軸とした経営研修・研鑽をしていた。
その経営事例を見学に、全国から大勢の人が集まったのだ。

西研のおかげで3社は全国区となっていた。(当時はね)

imageブラザー印刷の売り物は、「分社経営」。
会社を9つの分社に分け、それぞれに月次で分社決算をしていた。
分社決算が、マイツール(パソコン)の打ち出しで掲示板に張り出される(写真)。
全員MG、全員MT(マイツール)、全員NK(脳力開発)。
マイツールは当時100数十万円もするパソコンを、50名の社員に30台も導入していた。

今ならアタリマエだが、当時は1980年代後半IT前夜、インターネットなんてない時代のことだった。

その後、その会社はさて?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52415600