2015年07月11日

バリアフリーの効用、いや功罪

image電卓の出現で、筆算ができなくなった。
クルマの出現で、脚が衰えた。
携帯電話の出現で、電話番号を覚えられなくなった。
カーナビの出現で、道を覚えられなくなった。
インターネットの功罪も語られるよね。

便利は、退化?

科学や社会の進歩は、確実に人間の能力を退化させている。
何のための進歩?人間退化のための進歩。

少子高齢化、地球温暖化、地球環境問題、それに向けて様々なビジネス等の対処が行われている。
そこに市場があるから?
上手に言えば、ニーズがあるから。

バリアフリーもそうだ。
バリアフリーの住居、バリアフリーの施設、バリアフリーの社会。
老人の老いを早めることにもなる。

階段をよっこらしょと上がることは、老いは防げることになる。
家の中の段差は、注意力の維持になるのでは?

年老いてもお百姓さんをしていて、若さを保ってる話題?のおじいさんもいるでしょ。

老いへの対処で老いを早めるのは、違うよね。
気をつけないと。

この記事へのトラックバックURL