2015年08月23日

マーチャンダイザー/PAC生産性/マーケットリサーチ

imageMG会社版。
上部に三つの丸、左から「マーチャンダイザー」「PAC生産性」「マーケット・リサーチ」。
それぞれに緑チップを配し、仕入れ買い付けの有効化、生産効率のアップ、市場調査を行うのだが、ある日真ん中に一個緑チップC2を買えば済むようになった。

つまり、パーソナル・コンピュータの実業活用の黎明期に、PC活用を重要視するルールとなったのだ。
そして、「マーチャンダイザー」「PAC生産性」「マーケット・リサーチ」の経営項目の用語は消え、ここでMGの「気づき」は希薄になったような気がしてきた。

今や、「マーケティング」全盛の時代、最優先の時代、必須の時代。
その「気づき」の復活を望む。

「誰に売るか」
「何を売るか」
「どのように売るか」
に尽きるでしょ、企業活動。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52435311