2015年08月26日

MGセミナー開催の意義

imageすなはまMG主催は、水野印刷工芸さん。
ここで講師をしている私は、こう説くことがある。

開催の目的は、水野印刷工芸の社員さんへの教育、部外者の参加により刺激を受け、気づきも深まる。
部外者を呼ぶことで、参加費用一人15,000円が入る。
MGによって経営の質を高めようという同志の会社を集める。
そんなだよね、今んとこ、と。

もうひとつ大事な目的があるとも、説く。
それは、経営を社員に教えようという経営志向の経営者さんとつながることができる。
経営の支援というのは、有効な提供価値なのだ。

それを何で行うのか。
印刷物もウェブも、それを満たすものを持ち合わせている。

つまりMG開催は、顧客とのつながりを創るという、最重要な目的があるのだ。
だから、MGには見込み客に参加してもらうといい。
それはMG受講の見込み客じゃない。
印刷物等を発注くださる見込み客なのだ。
その方たちの経営支援が商品なのだ。

提供価値とは、「価値の提供」、顧客にとっては「獲得価値」となるのじゃ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52436382