2015年11月21日

味を変えること、20回

imageラーメンチェーン大手の博多一風堂。
創業以来30年、20回もスープの味を変えているらしい。

離れて行く客もいるのだろうが、それにより「客を逃がさない」「新しい客を創って行く」という考えだ。
正しい経営を勇気をもって断行してるんだなあ。

味を大切にする。=味を変える。進化させる。

「企業の最大指命は顧客の継続的創造」なのである。
既存客・既存市場を守り、そして新顧客・新市場を開拓すると皆さん言う。
だが、既存客・既存市場を守るにも、「味を進化させること」が必須であり、経営の選択なのだと。

ウチも勇気を持って進化し、その価値を認めてくださる「既存客・既存市場」ともお付合いを続けることだね。
当然、お別れするお客もいるんだろうね。

ところで、そんな博多一風堂だから行ってラーメン食べてみたい。
なんて、思わないよ。
好きな味のラーメンならば、食べてみたい。
そういうことだよね。

そういえば、同名?の一風堂ってバンド。
80年代初頭に「すみれ September Love」がヒット。
このラーメン店の名前の由来らしいよ。
創業者さんはロックな人らしい。

この記事へのトラックバックURL