2015年12月26日

12月26日、家康顕彰四百年祭フィナーレの日

image確か昨年は2,000人が提灯行列を歩いた。
ことしは、確か20,000人動員とぶち上げた(ありえないか)が、5,000人を目標にして募集し、結局6,000人の提灯行列となった。

たいしたもんだ。
3年にわたる家康顕彰四百年祭のフィナーレにふさわしい。

3年間、静岡・浜松・岡崎の家康ゆかりの3市が繰り広げてきた記念事業の数々。
実は私は、家康顕彰四百年祭特別実行委員なのだよ。
(なんもしとらんけど)
フィナーレのこの日は、静岡発のJR特別列車のツアーも組まれ、浜松でも乗り込み、総勢250名が岡崎を訪れる。

この日も朝から各種行事が組まれ、どれに参加したらよいか迷うし、実際かち合って出られない。
その総まとめとして、15時30分から家康公四百年祭エンディングセレモニー、17時から提灯行列、終えてエンディングレセプションパーティーで大団円を迎えるのだ。

写真は提灯行列の私だが、ネクタイをしてる。
エンディングセレモニーは、静岡・浜松・岡崎の要人もこられるかしこまった?会なので、ネクタイを義務付けられたって訳。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52448512