2016年02月15日

Doing nothing but aging

image昔の曲はよく覚えている。
歌詞もコードも。

ビートルズの「While my guitar gently weeps」もそのひとつ。

随分後になって知った、George Harrisonのソロの「While my guitar gently weeps」。
ジョージがギターの弾き語りで演っている Acoustic Version、恰好の獲物?なのだよ。

だが、3番の歌詞が違う。
これがなかなか覚えらえないのだよ。
オリジナルの歌詞が出てきちまう。

簡単な歌詞なんだけど。

歌詞カードを見ながら演ればいいんだけど、それじゃあフォークみたいだし。
歌詞を思い出し、空き封筒に書きつけたりして、なんとか覚えなくちゃ状態なのだ。

ところでその3番の歌詞。
(と、ここでタイプしてみよう。覚えたかチェック!)

I look from the wings at the play you are staging
While my guitar gently weeps
As I'm sitting here, doing nothing but aging
Still my guitar gently weeps

何とも寂しい歌詞じゃないの。

"君(たち)が演奏しているのを、私は舞台の袖から見ている。"
"私はただ座って、何もせず、年をとって行く。

何とも切ないね、ジョージが書いていると考えても。

私は、今日一日座って歌詞を覚えている。
ギターを弾きながら……
While my guitar gently weeps


i'm aliveよ。

この記事へのトラックバックURL