2016年05月13日

箱根ガラスの森美術館では、まず実習

imageポーラ美術館でやさしい「アート」体験の後、箱根ガラスの森美術館で、さあ「工芸」。

ということか、まず「サンドプラスト」体験。
私は「バラ」、最難図柄に挑戦した。
茎がアスパラ並みに太くなったところもあったが、まあ大満足の出来である。

image冷酒用のお猪口ができた。

ところで、このガラスの森美術館、「工芸」なんて言ったけど十分「アート」。
ポーラ美術館で「ガレ」を見た後、「ベネチアグラス」かみたいな、「工芸」に上から目線みたい?ってわけでなくね。

「人の手の加わりしもの」が大好物な私には、ご馳走様な美術館なのだ。
と、知ったよ。今回。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52462437