2016年05月25日

ボードに、ロゴマーク

imageきっとこれは、岡崎商工会議所よりお金かけてるよねと、東京都のロゴマーク。

舛添都知事(けちじ)問題の最中なので、つい取り上げてみたくなる。

この「&TOKYO」のロゴマーク、1億3000万円かかったということで、「え〜っ」と言いたくなるが。

その費用の内訳は、(1)ロゴマーク自体に500万円、(2)商標調査に2540万円、ポスターや映像などPRツールのデザイン経費に7000万円──などだという。

(1)のデザイン自体の500万円は、高いけどアリな価格かなと思う。
(2)の商標調査に2540万円は、パクリ疑惑の無いようデザインするのはお前だろうって言いたいよね。つまり法外。
デザイン経費に7000万円は、なんともノーコメントかな。

で、費用かけた結果が「&TOKYO」だけかよ。
って思うのは「市民感情」?なのかなあ。

ロゴマーク制作を生業としてる我が身には、身近な話で微妙な話。

ちなみに、一流のロゴデザイナーに頼むと300万円はするって認識がある。
うちの会社でやったらいくらかって?
20万円くらいかなあ。
15分の1だ、はは。

「名刺印刷のついでにロゴマークも作ってよ」なんて言わないで。
名刺が20万2000円になっちまう。(それはそれでいいよね)

ちなみに、「ロゴマーク」とは、「ロゴ」と「マーク」。
「ロゴ」は正確には「ロゴタイプ」と言い、社名の書体デザインのことだよ。
「マーク」が「エンブレム」のことかな。

合わせてセットで「ロゴマーク」と言う。