2016年12月12日

東京だから出たい?選手たち

BlogPaintこの写真、東京オリンピックに反対とか、茶化したいとかで載せたんじゃないよ。
と、念のため。

これ、東京オリンピック関連の写真じゃないし(ナンチテ)。

オリンピック関連の写真は、制限されてるからね。

東京オリンピックについて(素朴な?)疑問があった。
「東京開催だから、ぜひ出たい」という選手がいる。
多い? 多いよね。

私が考えるに、
せっかくオリンピックに出られるなら、地元じゃなくてできるだけ遠いところとか、海外のステキなところとかに行きたいんじゃないかと。

4年に一度のオリンピック開催と、自分のアスリートとしての「旬」と重なる幸運を、開催が地元の東京や大阪や名古屋じゃガッカリなんじゃないかと。

そう思って、いろいろな方に聞いてみると、やっぱ地元開催が良いらしい。
多くの日本人が観て応援してくださるから、やりがいがあるとか。
力になるとか。
地元だと、コンディション管理にも良いとか。

気持ちがわからんでもないけどね。

大多数は地元開催、いや地元で出場歓迎なのだ。
ふ〜ん、そうなんだ。と思う。

オリンピックって、国体(国民体育大会)の延長なんだ。

アスリートって、もっと外に向かうエネルギーが強いのかと思った。
より強く、より早く、より遠くって。

私の認識不足だった。

ま、コンサバが多いけどね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52481474
この記事へのコメント
築地市場(東京)や錦市場(京都)、黒門市場(大阪)など、全国に巨大な市場はたくさんありますが、民営の卸売市場で素人さんもセリに参加できるのが、「大阪木津卸売市場」(通称・木津市場)のおもしろさ。
Posted by コピーブランド at 2017年07月14日 18:28